2010年04月01日

母親からの電話

4月1日だからと言っても
たいしたことは思い浮かばず
普通に書きます。

今はWEBもいろいろあり、
だいたいできそうにないことが
できるようになりました、
とかが多いかと。
エイプリルフールネタは。

個人的には大貫さんの豊島園の新聞広告、
史上最低の遊園地が一番好きで
今もこれを抜くのはないかと。

写真.jpg

これ見て、こういう広告もあるのか、
広告は面白そうだな、
と思ったような記憶があります。
豊島園らしいし、新聞広告にしかできない表現かと。


本題に入ると、
実家に今でも暮らしているが、
朝は両親が起きる前に家を出るし、
帰ったころには寝ているので
思いのほか、週末以外は接点がない。

なので、私宛の荷物が届くと
母親は携帯に電話をくれる。
頻繁に携帯をいじらないと忘れる、
というのもある。
現に電話番号を電話に記憶させる方法を忘れている。
まぁ、いいですが。

昨日も電話があったのだが、
(代引きで届くから、このお金を渡して、と
 依頼したが今日は来なかった、という内容)
どうやら母親は勘違いをしている。

一昨日くらいに書いたブログ
今、私が働いている会社のことと思っている。
大丈夫なのか?という心配もしてくれた。

会社が消滅したのは以前に働いていた会社で
今、働いている会社は幸い今日もまだある。

一ヶ月前、世界一周に行っている時に
ブログを更新するのでそれで安否が分かります、
という意味で携帯から簡単にこのブログが
見られるようにしてあげた。

以後、たまに見ているようである。
ありがたい。

一昨日のは以前に勤めていた会社がなくなるのは寂しいな、
という内容を書いたつもりであったが、
「何を書くか」、「どう言うか」よりも
やはり「どう伝わるか」
なんですね。

なんとなく広告と似ている。
posted by そういちろう at 08:25| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする