2011年02月28日

東京マラソン2011 10キロ完走

昨日は東京マラソン
人生の半分くらいの運を使って
10キロを走りました(13倍でフルマラソンは9倍くらいの確率)。

参加者は36,000人くらい。
ボランティアの方、10,000人くらい。
沿道での応援の方は200万人とも言われます。

最初に言いますが、
走ってみて分かったのはマラソン(10キロだけど)は
独りで走っているが一人では完結しない。
受付の時もそうであったが、
数多くのボランティアの方のご協力があった。
少し感動しました。
主役はボランティアの方である、と言ってもいいと思います。
(一応、大学の時にボランティアをしていた。
 母親に「バイトするか、ボランティアを」と言われ、
 働くことは卒業してから何十年と働くからボランティアだな、
 という情けない理由であるが)

時間に余裕を持って新宿には7時半くらいに。

写真3.JPG

準備も万端である。
ここで気が付いたが意外と地味の衣装。
目立たない。
そりゃ3万人以上もいるので。
分かったことは頭に何かかぶらないとダメである、
ということが分かっただけでも十分かと。
東京マラソンはお祭りですし。

ちなみに左腕にiPhone、右腕にREGZA Phoneを巻いて。

8:45までに所定のスタート地点に行かないとダメだが、
これが非常に混雑する。
かなり時間に余裕を持った方がいいです。
間に合わない場合は一番後ろからになります。

DSC_0005.JPG

意外と良い位置でスタートラインまで300メートルくらいでしたが、
スタートライン通過に10分はかかりました。

DSC_0008.JPG

の横にフジテレビの佐野アナ、本間アナ(?)がいて
カメラもあったのでハイタッチしましたが、
写ってませんでした。

途中は写真とかツイッターをしながら走って。
これは小島よしおさん。

DSC_0011.JPG

芸能人の方はすぐに分かります。
不自然に集団で走ってますし、
沿道の方が

「あれ、あの人だ」

というのも聞こえますし。

ここが半分の5キロ、

DSC_0014.JPG

ここまではランナーが多いので自分のペースというより、
まわりに合わせないと走れない感じでしたが、
段々とバラけてくるので後半5キロの方が
タイムは早かったです。

んで、ゴール。

DSC_0016.JPG

私は日比谷公園がゴール。
すんごい暑かったですが、
気持ちよかった。

DSC_0017.JPG

ここをくぐってチップとかを提出。
ここでゴール、
とかツイッターをしていたら
NHKの方に取材を受けた。
(多分、制作会社のディレクター)

ツイッターをしながら走っている人を
取材しているとこかで。
なんでツイッターをしながらなのか、とか
ツイッターしているところをハンディカメラで撮られながら。
(こいつ友だちがいないからネットに
 つながってないとダメな奴、とかで放送されるのだろうか。
 まぁいいけど。)

その後にボランティアの方からタオルをいただく。
(障がい者の方が多くいたので、
 肩にかけてもらいました。
 ありがたい)

タイムは1時間とちょっと。

4130.png

登りがなかったのでラクでした。

これが完走記念のメダル。

写真4.JPG

そうだ、日比谷公園にはランナーの家族の人が多くいました。
同じくらいの年齢の男性が両親と写真を撮ってました。
それを見て、勝手に
(あ、今までいろいろあったんだろうな。
 引きこもりとか出社拒否とか乗り越えて
 完走したんだな)
妄想しただけで泣きそうになりましたが。
多分、違うと思いますが。

セーラー服とかスーパーマリオとか
スカイツリーとかのコスプレが多かったですが、
個人的にはキリストの方がいて一番ビックリしました。

写真.JPG
(すみません、勝手にネットから拝借しました・・・)

ほんとに辛そうに走っていて
演技かどうかも分かりませんでした。

で、この方、チャリティ枠での出場。
ゼッケンで分かります。
金色はチャリティ(10万円以上かな)である。
そもそもシティマラソンはチャリティの要素がある。
ロンドンもニューヨークも。
走ったことはないのですが。

来年の東京マラソンはフルマラソンに挑戦しようかと。
その前に今年はどこかでハーフマラソンに出ようと思います。

走ってみて分かったことも多いし、
何事も経験しないと分からないことが多い。
ボランティアでもいいかも。
東京マラソンのコンセプトは
「東京がひとつになる日。」。
間違っていない。

ランナーもボランティアも沿道の方も。

と偉そうなブログになったが、
所詮、ブログとかツイッターは自慢なので
たまにはいいかな、と。

posted by そういちろう at 08:53| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

東京マラソンの衣装

明日は東京マラソン。
準備万端です。

ちなみにこんな感じで
走ります。


image-20110226183943.png

横からは


image-20110226184012.png


image-20110226184032.png


もはやスパイダーマンくらいでは
メディアには取り上げられないと思い、
過去の自社のキャンペーンの衣装で。

半分サラリーマン、半分忍者です。
着てみて分かりましたが、
思いのほか、地味です。
これではムリだな。

まぁ完走を目指そう。
個人的にはパンダの着ぐるみが
多いと予想。


posted by そういちろう at 18:43| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

東京マラソン2011 EXPO

いよいよ明後日、東京マラソン2011が。

「走れるの?42キロも?」

と言われますが10キロの部門です。
フルマラソンが3万人いるのに対して
3000人くらいしかいません。
その代わり倍率は13倍でした。
人生の半分の運は使ったかと。

昨日、ビッグサイトで受付をしてきました。
東京マラソン2011 EXPOに。
お祭りですね。

写真5.JPG

いきなりおばさまが踊っているびっくりした。

写真.JPG

踊りはそろっていて良かったと思います。
観客もいましたし。

写真7.JPG

正直、すげー驚きましたけど。

こんなところで事前の番号のところで受付。

写真1.JPG

ほとんどボランティアなんでしょうね。
優しい方ばかりでした。

会社帰りに行ったので
受付は並びませんでした。

ゼッケンはG4130。

写真6.JPG

覚え方は「よい30代」で覚えられますね。

このサイトでゼッケン番号を入れると
速報タイムが分かるみたいです。
日曜の9時からみたいですが。

こんなのもありました。

写真2.JPG

東京メトロがメインスポンサーなので、
なんとなく記念に写真を。
本物のトロフィーみたいです。

写真3.JPG

興味ないと思いますが、重かったです。

ランチパックも限定品が。

写真4.JPG

東京の豚で作ったメンチ。

結構、面白かったです。
ナイキでグッズも買ったし、
母親が
「ビッグサイトに行かなくていいの?
 冷凍食品のなんとかもやっているよ」
と言っていたのでタオルをお土産に買いました。

ちなみに当日はこんな格好で走ります。

hangao7-8_080929.jpg

真ん中ですね。

ちょっと違いますが、

hangao10-01_081014.jpg

こんな感じです。
数年前の自社のキャンペーンで使った衣装が
会社の倉庫にあってクリーニングして。

半分スーツで半分忍者です。
これでメディアに載らないと
仮に来年、当選したら何を着ればいいか困ります。
posted by そういちろう at 08:57| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

ブランケット

会社の席が寒い。
位置的には北側の窓側だから
寒い要素はいくらでもある。

すぐ後ろが窓である。
まずはダンボールを窓に置いた。
冷気を遮断する感じで。

で、その窓のところに空気清浄機みたいのがあり、
送風されフロアの空気を縦貫させているため、
余計に窓際は寒い。
総務に言って私の場所は切ってもらったが。

母親は席が窓際、と言うと心配している。
それは昭和のイメージである。
時は平成。
ある程度、席は自由に選べる。
偉くなったものである。

しかしやはり寒いので今年から
ブランケットをすることにした。
寒すぎなので。

写真2.JPG

こんな感じで。
最初はブランケットがなく会社の女子から
もらおうと思ったが予備などなく、
あっても貸してくれない感じだったので、
しょうがなく会社のを。

写真.JPG

薄いブランケットだが
意外と温かいです。
posted by そういちろう at 08:37| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

インプレッサのパワステオイルポンプ交換

休み中に入院していたのは
REGZA Phone T-01Cだけではない。
愛車のインプレッサも修理のため入院していた。

車のエンジンをかけると
ボンネットから煙が出る感じだったので。
なんでもパワステのオイルが漏れているとか。

パワステは重要である。
家の近くのホームセンター、Jマートで
車を借りることができ、それが軽トラックで
パワステがない。
となるとハンドルがすんごい重い。

昔の人は力持ちだ、と思いながら
運転することがあるのだが、
パワステの素晴らしさを知る。

12年は乗っているので
そろそろいろんなところが限界にくる。
8万キロだが部品が劣化することもあるだろう。

一瞬、廃車にして新しいのを買おうを思ったが、
そんな金はない。

なので修理。
もうこの車で一生を過ごそうかと。
ここまでお金をかけたのだから。
(主に修理で、それ以外は買った時のまま)

これが請求書。

写真2.JPG

旅行なんて行っている場合でなかった。
20万円ならもう1回、欧州に行けるではないか。
でも車はなんだかんだ言って便利である。

6月に税金、11月には車検、12月は保険で
今年中にタイミングベルトも交換しないと切れそうでもある。

今から貯金しよう。
カンパはいつでも受け付けております。
posted by そういちろう at 08:36| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

逆転検事2

日本に帰ってきたこともあり、
その間に発売された逆転検事2を先週の金曜に購入。

【送料無料】逆転検事2 【3月上旬お届け分】

【送料無料】逆転検事2 【3月上旬お届け分】
価格:4,284円(税込、送料別)



このシリーズはDSで全てやっているかと。
逆転裁判から。

一応、架空の国の話で
弁護士になったり検事になったりして、
法廷だけでなく、現場検証とか面会とかしながら
無罪にもっていくゲーム。

実際の法廷とか見たことないので、
差がどれくらいかは分かりませんが、
普通に面白いです。

最初の逆転裁判の主人公の弁護士は
知らない間にいなくなりました。
死んだのか海外に行ったのかも忘れました。

今は第三章。
何章まであるか分かりませんが、
一気にやらないと忘れます、その前にやったことを。

基本、矛盾があるところを操作したり、
指摘するのでその以前のことを覚えてないと
間違える。

久しぶりにDSをやってますが、
重いですね、端末が。
最近はiPhoneでゲームをすることが多くなったので。
どうでもいいですが。
posted by そういちろう at 08:18| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

帰ってきたREGZA Phone T-01C

購入して2日目で
タッチパネルが不良ということで
ドコモショップに入院していた
REGZA Phone T-01Cが帰ってきた。

写真.JPG

入院生活は15日にも及んだ。
そうなると代替できていたXperiaとの
別れが寂しかった。
使いなれてきていただけに。
一緒に旅行も行ったし。

ドコモショップで
「ほら、こうなって全く反応しないんですよ」
と店員さんと一緒にタッチパネルを触っていたのに
帰って来た時は
「再現できなかったが、一応、基盤を交換しました」
と。

んなことあるのだろうか。
あんなに触っても反応なかったのに。
店員さんは以前の人とは違うので、
この温度感の差を共有できる人がいない。

んなら修理に出す必要もなかったのでは、
と思うが確かに故障していたのは間違いない。

でも、おかげで今は快適です。
復帰から2日経ってますが、
今のところ問題はない。

なんだったのかいまだに分からないが、
発売してから店頭の品薄状態が続いている。
今でも一部のショップでは「入荷未定」の
文字を見る。

これも初期の出荷台数から
タッチパネルの不具合が見つかって
だいぶ出荷台数が少なくなったから、
とほんとかどうか分からないことを
ネットで見た。
やはり不良だっと思う。

基盤を取り替えたし、
思いのほか日数もかかったし。

まぁ確認なんてできませんが。
でも、快調です。
電池の減りが半端ないですが。
posted by そういちろう at 08:36| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

旅行の写真

今日から仕事です。
席はありました。
15日ぶりの会社。
(正確には14日には来た)

メールとか見ていたので
何となく現状は理解しているつもりです。
ですが、さすがに昨晩は寝られなかった。
22時にはベッドに入ったが25時まで寝られず、
最後は誘導剤で。
なので若干、目が痛い。

休みの間に写真をグーグルに上げました。
こちらです

見られない場合には教えてください。
私の設定が間違えてます。

600枚くらいあり、
家のプリンターで紙焼きしました。
多分、両親はネットでは写真を見ないので。
インクカートリッジを1セット使ったので、
ネットプリントの方が安かったかもしれない。
6時間くらいかかったし。

まぁいい。
家でその日にできたし、
休みの間も風邪で体調が悪かったので。

しかしリフレッシュ休暇で10日の連続休暇であった。
この制度、毎年、欲しいです。
若干、会社からもお金が入りましたし。

次の大きな休みはGWか年末か。
マイルを貯めて、今度はどこに行くかな。
北欧、南アフリカがまだない。
中東もないな。
独身の時は直行便がないところに行きたいです。

posted by そういちろう at 08:20| Comment(2) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

中欧の乗り物

風邪が治りませんので
今日は30年以上、通っている病院に行ってきました。
治りかけとの診断。
小児科が待っている方が多かったですが、
内科は10分も待ちませんでした。

小学校の時の野球相手のキャプテンが
兄弟で先生をしている(医院長と副とか)。
親から引き継いだ病院でもある。

そう言えば、小さい頃からおじいちゃんだった先生は
まだいるのだろうか。
診察の日にちのところにまだ名前があったので
まだ現役なのだろう。
まぁ、そんなことはいい。

なので3連休だろうと家にいる。
基本、やることないので、
中欧で乗った電車をひたすらアップする、
という興味のない人には全く興味がないことをする。


これはハンガリーの地下鉄。
小さくつり革もかわいかった。

DSC02423.JPG

DSC02426.JPG

大江戸線を更に小さくした感じで
車両の移動はできない。
理由は治安の問題だろうか。
基本、アジア以外で車両の移動ができる車両を
見たことないかも、地下鉄で。

社会主義の影響か環境への配慮か
トロリーバスもまだあった。

DSC02442.JPG

日本では立山連峰の黒四ダムで走っている。

駅も小さい。
というか浅い。
3メートルくらいしかない感じである。

ハンガリーはヨーロッパでイギリスの次に
地下鉄ができた。

作り方は地下を掘る、のではなく、
地上から掘って線路をひいて
天井を埋める方式だった気がします。

DSC02447.JPG

改札はない。
自分で刻印する。

DSC02449.JPG

ばれなければキセルもできるが、
見つかると罰金がある。
この日はほぼ駅に駅員が見ていた。

路線によりエレベーターは急で長かった。

DSC02454.JPG

ソビエトからの中古車両。

DSC02455.JPG

トラム。

DSC02459.JPG

DSC02460.JPG

トラム中かバスの中のどっちか。

DSC02461.JPG

ケーブルカー。

DSC02504.JPG

DSC02506.JPG

DSC02509.JPG

DSC02515.JPG

これが本来なら空港近くまで行くのだが、
この日はケーバーニャ・キシュペシュトKobanya - Kispest駅までしか
行かない、という告知。

DSC02557.JPG

気づきません。

一個手前のハタールHATÁR ÚT駅で全地下鉄が折り返しでした。
東京で言うなら、中央線はほとんどが東京駅行きなので
終点で降りればいいが、
一個手前の神田で全列車折り返し、という感じ。
で、神田 - 東京でまた折り返しという。
多分、誰にも言われなかったら車庫に行っていたと思う。
如何せん、車内を移動できないので
見つかりもしない危険な感じである。

DSC02558.JPG

なんかやる気のない運転手さん。

DSC02559.JPG

以上がハンガリー篇。


まだ続きます。
今度はプラハ篇。
私は飽きません。

DSC02630.JPG

DSC02634.JPG

トラム。

で、Praha hlavní nádražíプラハ本駅。

DSC02803.JPG

DSC02636.JPG

二階建ての電車が多いです。

DSC02640.JPG

DSC02643.JPG

この辺は国際列車でEC(ユーロシティ)かな。

DSC02647.JPG

DSC02648.JPG

DSC02654.JPG

DSC02655.JPG

世界の車窓からっぽい風景も。

DSC02650.JPG

女性も多かったです。

DSC02651.JPG

働く電車も。

DSC02800.JPG

これがプラハからウィーンまでの列車。

DSC02801.JPG

DSC02805.JPG

DSC02819.JPG

一等で。

時刻表。

DSC02815.JPG

DSC02809.JPG

隣の車両は食堂車でした。

DSC02812.JPG

に併設して

DSC02821.JPG

バーも。

DSC02822.JPG

景色はこんな感じの田園風景と山岳。
DSC02810.JPG

これがプラハ篇。


で、ここからはウィーン篇。
全く飽きません、面白いくらいです。

地下鉄内。

DSC02842.JPG

トラム。

DSC02866.JPG

たまたま見つけたおもちゃ屋。
10分くらい見てましたが、
誰も買ってくれませんでした。

DSC02889.JPG

かわいいバス。

DSC03036.JPG

基本、世界遺産に認定されている都市は
環境問題も考えて大型車は入れなかったかと。
乗り入れが規制されていると思います、何となく。
観光バスを見なかったですし。

空港まで行く、Bahnhof Wien Mitte ウィーン・ミッテ駅。

DSC03111.JPG

工事中というのもあるが、
どこが駅だか最初、分からず。
小さすぎます。
もう少し駅、というのも主張してもいいかと。

DSC03115.JPG

これも二階建て。
オーストリア航空ならこの駅でチェックインもできました。

DSC03120.JPG

DSC03121.JPG

車内。

DSC03122.JPG


最後にANAを。

iPodコネクター・USB接続端子があり、
エコノミーでしたがiPhoneが充電できました。

DSC03148.JPG

最新のボーイング777-300ERでしたので、
成田-ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、シンガポール線なら
この機だと思います。

写真.JPG

カメラが前方にあり、
最後まで放送してました。
私は楽しかったですが。

旅の写真は後で全部、グーグルに上げときます。
使用する際はシャンパンにてお願いします。
posted by そういちろう at 20:19| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

日本着

いつもこのブログを
読んでいただいている方が
多く見積もっても10人くらいだか、
(ありがたいことです。
一回も読め、とは言ってませんが、
ちなみにアクセス数はもっとある。)
日本に帰ってきました。
リフレッシュ休暇は
続きますが。

皆様が待ちわびたか
分かりませんが。
お出迎えはゼロでした。
今までもありませんが。

約一週間のうち、
最後に風邪ひいたくらいで
特に問題はなく、
一人でしたが
とても楽しかったです。
(今も鼻水と耳が痛い)

今回も人に恵まれた。
不快な思いはほぼ一回もない。

ハンガリーのブダペストでは
空港までの地下鉄で
二人に親切にされた。
降りた駅は
ソビエトみたいだったけど。

チェコのプラハでは
多分、何かあった。
あ、ホテルにいたら
「ドアが空いてるよ」
とセキュリティが
教えてくれた。
(ほんとにセキュリティ
だったのだろうか。
エレベーターはカードが
ないと動かない)

オーストリアのウィーンでは
オペラを楽しく鑑賞できたのは
(というか舞台が
見えることができた)
後ろの席だった女性の
提案である。

フランクフルトからの
ANAのCAさんに風邪です、と
言ったらクスリとか
頻繁に席に来てくれた。
悪いので機内販売を買ったけど。

景色や料理、雰囲気も大事だけど、
その国の印象は人だと思う。
首相とかでなく、普通に生活している、
普通の人とのコミュニケーションが
その国の印象を決めると思う。
初めての国で一人、というのは
ただでさえ寂しい。
分からないことだらけで、
不安の固まりみたいなもんである。
荷物も多いし、現地の言葉は
ほとんど分からないし。

すこーし、騙しにきてるかな、
と思ったりしないでもないが、
困っていることに変わりはない。

なのでこれからは、
日本で困っている外国人がいたら、
より声をかけようと思う。

例えば駅。
幸い私は電車マニアである。
ウザいくらい最適なプランを
教えることができる。
JRに私鉄、都営にメトロ。
うちの母親だって私に聞く。
東京生まれ、東京育ちで
私より長く生きているのに、である。
複雑過ぎるし、料金は高い。
(今回の地下鉄は100円くらい)

問題は私の語学力。
「こいつ、ダメだ。
質問が伝わってない」
と思われないようにしよう。

なので成田空港にある
英語学校系の広告、
効果は測れないけど
英語学習への効果は高いと思う。

調布までのリムジンバスで、
この一週間をちょっと
振りかえってみました。
偉そうだな。
でも首都高が渋滞だから仕方ない。
posted by そういちろう at 17:47| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ウィーン2日目〜ほぼ最終日〜

早いものでもう帰ります。
今はホテルにてチェックアウトが12時までなので
ギリギリまでいようかと。

の前に風邪です。
昨日から怪しかったのですが、
(まず起きたら鼻が詰まって鼻水が・・・)
今朝、起きたら完全に風邪です。
最終日でよかったです。
あとは飛行機に2回乗って
日本に帰るだけですし。

来る前にウィーンではインフルエンザが
猛威をふるっている、という記事を読んだが、
さすがに違うだろ、潜伏期間が短すぎる。

ちなみに電源アダプターは3つ持ってきてます。
意外とグーグルがでかくて邪魔です。

DSC02902.JPG

昨日は美術史博物館と夜にオペラ鑑賞。

昨日も徒歩で。
近くのスーパーで本場レッドブルのシュガーレスを。
オーストリアに本社があるみたいです。

DSC02903.JPG

街を歩いてるとおしゃれなメガネ屋さんが。

DSC02908.JPG

ここにも犬のトイレが。

DSC02921.JPG

博物館前ではパフォーマンスも。
少し小銭を入れたら指揮者兼演奏者をしてくれました。

DSC02929.JPG

ウィーンの美術史博物館は
ヨーロッパ三大美術館に数えられるみたいです。

DSC02932.JPG

姉二人には絵の才能が若干、あるのですが、
私は全くない。
絵心が持っていない。
でも好き。

まずはカバ。

DSC02946.JPG

ニューヨークのメトロポリタン美術館の
人気のお土産にあるのと同じかと。
カバの「ウイリアム君」。

入ってすぐに

DSC02966.JPG

誰のかは分かりません。

絵の修復もしてました。

DSC02970.JPG

これはルーベンスかな。
フランダースの犬の最後で
教会にあった絵はこれだったかな。
もうこれ、ということで。

DSC02991.JPG

バベルの塔

DSC03004.JPG

フェルメールかな

DSC03018.JPG

レンブラントの自画像かな

DSC03021.JPG

んでラファエロ

DSC03022.JPG

私でもなんとなく分かるものが多かったです。
どっかにクリムトもありました。

カフェも併設されていたので、
ここで昼食。
風邪気味だったのでノンアルコールビールで。

一旦、ホテルに戻り、
少し休んでこのために持ってきた靴、
ジャケットを着てオペラに。

事前にネットで予約。
10ユーロと格安の席。
(席まで指定できます)

DSC03042.JPG

この日はロミオとジュリエット。
なんとなく内容が分かるので安心でもある。

DSC03053.JPG

パンフレット的なのも。

DSC03085.JPG

ドイツ語でしたが。

バルコニーで眺めは良さそうですが、
そこは10ユーロ。

DSC03080.JPG

バルコニーの2列目であり、
舞台が見えない。

DSC03072.JPG

前の人が座ると

DSC03088.JPG

音系しか聴こえない。
見えても何を言っているか分かりませんので、
私にはちょうどいいです。
1列目になると100ユーロ以上になりますし。

だが、このバルコニー、部屋になっている。
最前列3人、2人、1人の6人の部屋。
で、私の隣がいなかった。
そしたら慣れている最後尾の女性が、

「あなた、こっちに移動したら?」
「あ、どうぞ。どうぞ」
と言ったが、
「私はよく観ている。あなたはツーリストでしょ。
 こっちにしなさい」
と言っている感じでした。

結果、同じ年くらいの女性に譲り、
少し詰めてもらって
やっと舞台が見えるようになった。

下手から半分くらいは見えませんでしたが。

DSC03099.JPG

こんな感じで。

途中、一回のインターバルがあって、
その時はみんな食事や飲み物を。

DSC03094.JPG

日本人も多くいた。

あ、最後まで何語か分からなかったオペラ、
字幕があります。

DSC03101.JPG

こんな感じに席ごとに。
英語とドイツ語の字幕だったので、
あれはイタリア語だったのでしょうか。

でもオーストリア女性のおかげで
ジュリエットがニセの薬を飲むところ、
ロミオが薬を飲むところは見えましたが、
ジュリエットの最後は見えませんでした。
まぁいいですが。


帰りも徒歩でホテルに。
お風呂の後にスパークリングワインとビールを。
昼を博物館で食べたいので。

結局、カフェにも行かず。
ウィーンはカフェがいっぱいあるが
そもそもコーヒーが苦手である。

スタバに行ってもアイスティーを注文するので、
カフェでコーヒーやエスプレッソ、メランジェ、ブラウナー。
名前しか知りません。


早いもので今日で終了。
後は空港までメトロとCATで向かうだけである。
またフランクフルト経由であるが。

しかし、散財した。
日本に帰ったら節約しようと思う。
まだリフレッシュ休暇が1週間あるが、
家から出なければ、0円で生活できるので、
親が心配しない程度に引きこもろうと思います。

行っていない国、まだあるな。
オーストラリア、カナダ、メキシコにアジアの香港、韓国以外。
でもこの辺は直行便があるので、
行ける時に行けるのでなんとなく行っていない。
行きたいですが。
のためにマイルを貯めて節約しようと思います。
posted by そういちろう at 18:31| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン1日目

地下鉄の駅から少し迷って
ホテルに到着。

DSC02844.JPG

ちなみに海外に行くときには
いつもこれを持って行きます。
ほとんどシャワートイレなんてないですし、
一回、慣れてしまうとなんか、というのがある。

写真.JPG

無人島に一個しか持って行けないものがあるとしたら、これ。
そんな状況はまず、ないですが。

日本でもないところはありますが、
日本では持参しません。

まずはオンラインで予約した翌日の
オペラチケットを取りに。

歩いてオペラ座まで行くと
途中に王宮が。

DSC02853.JPG

その隣にスペイン乗馬学校が。
なぜスペインかは知りません。

DSC02857.JPG

オペラ座の隣でソーセージを売っていたので、
なんとなくビールを。

DSC02862.JPG

DSC02866.JPG

DSC02868.JPG

そこから歩いてシュテファン寺院に。

DSC02882.JPG

なんか改装してました。

DSC02887.JPG

さすがにお腹も空いたので、
ウィーン名物、シュニッチェル(カツレツ)を。

DSC02891.JPG

フィグルミュラーで。

DSC02892.JPG

ウィーンで一番有名みたいです。

久しぶりにがっつり食べました。
これにサラダもありましたので、
スパークリングワインと一緒に。

ここにも日本人がいました。
それはいるか。
直行便があるし。

ここからまた歩いてホテルに。

DSC02899.JPG

お風呂に入って20時前には寝てました。
次の日、3時に起きましたが。
そしてこの日を過ぎてから、
風邪をひいた感じで、
鼻水とノドが痛くなる。。。
posted by そういちろう at 14:40| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

私的世界の車窓から〜プラハからウィーンへ〜

電車好きである。
写真派とか駅弁派とか乗りつぶし派とかあるが、
個人的には時刻表派である。
時刻表検定2級でもある。
駅の窓口や旅行代理店のカウンターに
「こいつ遅いな」
と思われないレベルでもある。
今の仕事に全く関係ないが。

DSC02797.JPG

プラハからウィーンまでは列車で。
(マイレージのルールで欧州は途中降機が3回までで
 今回の日程から1回は列車でないと無理だったので)
10時38分発のEC77(ユーロシティ)。

DSC02805.JPG

卒業旅行はこれまた一人で西ヨーロッパを鉄道で回った。
当時はユーロ前で両替が面倒であり、
食事にはほとんどお金をかけなかった。
電車に乗って、着いて、寝て、起きて、電車の
繰り返し。
楽しかったですが。

基本、駅に改札はないです。
(ユーロスターとかは金属探知機まである)
車内改札で番線も直前まで分からなかったりする。

DSC02809.JPG

ちょっとぜいたくに1等車で。
2等との違いは正直、分かりません。
多少、ピッチが広いくらいでしょうか。

写真3.JPG

隣の2シートは日本人でした。
(3列シートで2等は1列に4人と判明)
まぁ、会話はしなかったですが。

街では中国人、韓国人をよく見ましたが、
駅に来て初めて日本人を見ました。
(ハンガリーとプラハのホテルでは
 朝食に日本人ビジネスマンと一緒でした。
 向こうはスーツ)

日本では懐かしい食堂車もあります。

DSC02812.JPG

1等には昼のサービスくらいあるのかと思いましたが、
ありませんでした。
併設のバーでビールとつまみを。

DSC02822.JPG

DSC02813.JPG

というかこっちに来てお昼をまともに食べてません。

これまたハンガリー、チェコ、オーストリアで
通貨が違うので計算すると昼を抜くのがちょうどいい感じです。

たまにはゆっくりそんなに変わらない景色を見ながら
(ほとんど田園風景)
列車の旅も良かったです。
席が固定(回らない)で後ろ向きに走ってましたが。
posted by そういちろう at 14:33| Comment(2) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラハ

生きてます。

プラハの空港からタクシーでホテルに。
またもアメックスからの贈り物が。

DSC02565.JPG

荷物を置いてインターコンチをすぐに出て近くを探索。
だいたいの観光名所には歩いて行ける場所にありました。

これは火薬庫跡みたいです。

DSC02586.JPG

これは何だか忘れました。
広場にあって旧市庁舎だったかと。
ぶれましたが真ん中に聖母マリア様がいたような気がします。

DSC02598.JPG

これにて1日目終了。


次の日は朝から行動。

まずはミッシャ美術館に。
行くまでの道にフーターズの広告が。

DSC02625.JPG

行こうと思いましたが止めました。

まずはミッシャ美術館。

DSC02627.JPG

そんなに広くなく15分くらいで見終わりました。
というか正確にはどういう人か知りません。。。

DSC02658.JPG

それから地下鉄に乗って今度はカフカ博物館に。
「変身」のカフカ。
4回くらい結婚していたみたいです。

DSC02672.JPG

入り口の像。

DSC02675.JPG

なかなか面白く日本語の冊子で各展示物の
説明があって分かりやすかったです。
ここはおすすめかと。
全体的に暗いですが。
なんか家族との間にいろいろあったみたいで、
あの「変身」が生まれたのかと。

そこから坂道を登りストラホフ修道院に。
途中にはヨーロッパによくあるようなものが。
確かに犬を散歩している人が多い。
フランスに行った時も踏んだ記憶がある。
これはこのゴミ袋に入れましょう、
ということかと。

DSC02699.JPG

ここの図書館が見たくて。
あいにく昼休み(12時―13時)で
隣のパブでビールを飲み時間をつぶして入館。

DSC02711.JPG

入るのに600円くらいで写真を撮るには
更に250円取られましたが、
すごかったので問題なし。
きれいでした。

DSC02722.JPG

写真5.JPG

写真6.JPG

DSC02736.JPG

中は入れませんでしたが、
見るだけでも十分。

さすがに疲れたので、
帰りはトラムに乗ってカレル橋まで。

DSC02767.JPG

犬は確かにいっぱいいました。
駅にもいっぱい散歩か一緒に旅行している感じで
トラムにも地下鉄にもバスにも
盲導犬が必要な方の席もありました。
エレベーターがある駅は問題ないのですが、
エスカレーターがすごく早く、
キャリーケースがあるだけで大変なのに、
大丈夫なのだろうか。
慣れか。

DSC02792.JPG

橋から歩いてホテルに。
すぐにあったので。


ホテルに着いたのが14時過ぎ。
歩き疲れたので
併設のSPAに行き、
スウェーデン式マッサージを30分。
6000円くらいで。

男性でしたのできつくお願いしたのですが、
きつすぎてまだ肩が痛く、
筋肉痛みたいです。

でも疲れが取れたかと。

この時点で16時。
そのまま寝てしまい、
20時頃に起きてホテルのレストランで
キレイな夜景を見ながら食事。
贅沢でした。
これにてプラハは終了。

今はプラハからウィーンに向かっている
列車の中でこのブログを書いてます。
(ブログにアップしたのはウィーンのホテルから)


プラハからウィーンへ列車で行く人への注意点ですが、
ウィーンはほとんどの駅をなぜか工事中です。

本来なら南駅行きですが、閉鎖しているので
行きません(終点はウィーン郊外)。

代替としてWien Meidling駅になります。
が、ここを通る地下鉄は中心部まで行かないので、
私はWien Simmering駅で降ります。
その方がホテル近くにある駅に1本で行けるので。

まぁ、何の参考にもならない情報ですが。
posted by そういちろう at 14:14| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

プラハ着

生きてます。

昨日、プラハに。
寒くはないです。
暖冬みたいです。

空港からタクシーで
インターコンチに。
アメックスの計らいで
部屋にフルーツが。
夕食にしました。

とりあえず母親から
頼まれたボヘミアングラスを買いに。

高かったです。
八つセットで7,000円くらい。
かつ重い。
んで慎重に運ばないと割れる恐れもある。
ここだけの話、餞別で10,000円もらったので
文句は言えません。
当方、36歳ですがまぁいい。
姉の操り人形もかさばるし面倒だ。
これは飛行機の中でバラバラになる
可能性が非常に高い。

今日はカフカ博物館、ミッシャ美術館、
ストラホフ修道院に。
これで八割は旅の目的が終わる。
日数的にも八割だか。

ストラホフ修道院の図書館と
向かいある修道院製(?)の
ビールが楽しみ。

だいたい10時から開くが
まだ6時前。
風呂も入った。
やる事がない。
ウィーンのことも考えて
円をユーロにすることを考えるか。
posted by そういちろう at 13:42| Comment(2) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

フェリヘジ空港への注意点

今、ブダペストの空港。
チェックイン待ち。

の最中にフランス人が
困っていたので電話を
貸してあげました。
相手は留守でしたが。

というのもホテルから
地下鉄、バスで空港まで来たのですが、
地下鉄の終点からバスになる。
しかし工事か何かで終点の一個前まで
しか地下鉄が行きませんでした。
乗客に
「ここが終点だよ」
と教えてもらい
他の人は
「フォロー アス」
と。
良かったです。
また地下鉄でホテルに戻るところでした。

要は終点と本来の終点の
折り返し運転になってました。
そんなことは分かりません。
車内に英語で書いてましたが。

ということがあり、
フランス人に電話を貸したのだが、
不在で残念でした。

さぁ、プラハへ。
posted by そういちろう at 20:00| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブダペスト2日目

昨日になりますが、
まずは家に電話。
父親が出て、
「生きておりますよ」
と。

朝からまずは温泉に。
これに入りにブダペストに来ました。
ビーサン、水着を持って。

DSC02435.JPG

DSC02434.JPG

DSC02433.JPG

DSC02432.JPG

最高でした。
サウナもあって。
移動(風呂から風呂へ)の時にビーサンがあるといいです。

でも温泉から出る時が寒い。
外なので。
これは指宿の砂風呂に近いです。
例えが分かりにくいですが。

その温泉の横に公園があり、市場みたいのが。

DSC02439.JPG

びっくりしましたが美味しかったです。

DSC02441.JPG

ソーセージが多く売ってました。

その後、一旦、ホテルに戻り
水着を干して街へ。

DSC02459.JPG

おしゃれです。

DSC02528.JPG

地下鉄とバスで王宮の丘に行き、
モスクワ・テール駅からバスに乗るのですが、
バスとトラムがいっぱいあり分からず、
警察官がいたので、
バス停を教えてもらいました。
少し分かりにくいところに。

DSC02479.JPG

せっかくなので1200FT(600円くらい)で記念に。

DSC02485.JPG

多分、日本人価格です。

DSC02498.JPG

丘からのドナウ川。

そこからケーブルカーで降りる。

DSC02509.JPG

DSC02512.JPG

歩けますが寒かったのとこれまた記念に。

で、くさり橋に。

DSC02518.JPG

ブダペストはブダとペストが一緒になったみたいで、
昔、ブダにいた偉い人が父親の葬式に出席しようとしたが、
ドナウ川が凍っていたことで川を渡れずに、
葬儀に出席できなかったので、
イギリスかアイルランドから建築士を呼び寄せ
橋を作らせたみたいです。
なんかそんな感じだったような気がします。

次はドナウ川クルーズ。

DSC02530.JPG

これで半分は今回の旅の目的が終了。

DSC02531.JPG

1時間おきかと思ったら冬は14時半と夜だけでした。

DSC02537.JPG

DSC02546.JPG

川からさっきいた丘。

DSC02547.JPG

くさり橋かな。

DSC02551.JPG

国会だったと思います。

ドリンクが2つ付くので
シャンパンを(多分、ハンガリーのスパークリングワイン)。

DSC02555.JPG

リフレッシュ休暇なので少し豪華に。

ホテルに戻り、お風呂に入り、
ホテルのレストランで食事。
(20%OFFのチケットがあったので)
メニューに写真がないので、
オニオンスープ、シーザーサラダ、お肉を。
どれも量が多く、お腹いっぱいになり就寝。

で、今です。

さて、仕事のメールを見て空港に。
現金が1000FT(500円)しかないので
メトロとバスで。
10回券を買ったので(バスもトラムもメトロも乗れる)、
無料で行けるはず。

ちなみにまだ何も買ってません。
母親から頼まれた何とかのグラスは空港で見つけようかと。
最悪、アメ横とかで。
posted by そういちろう at 17:06| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブダペスト着

生きてます。

今はブダペストに。
午前中はホテルでゆっくりして
午後にプラハに飛行機で行きます。
とても寒いですが、
今日は特別寒くなく東京と同じくらいかと。
でも、昨日は寒かったです。

泊まったホテルはLe Meridien
アメックス経由だったので
グレードアップとフルーツが。

235532404.jpg

部屋も広くて最高です。

そう言えば乗換えのフランクフルトで
去年、あった広告が今年もまだありました。

DSC02404.JPG

横から見ると

DSC02406.JPG

何の広告かは分かりません。

空港にあった新聞でも相撲のことが。

DSC02411.JPG

ジャパニーズマフィアが何とかかんとかと。

1日目終了。

posted by そういちろう at 16:45| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

フランクフルト着

生きてます。

無事にドイツのフランクフルトに。
ちょうど1年ぶりくらい。

寒いです。
それ以上に眠いです。
これからハンガリーのブダペスト行きの
飛行機に乗るのですが、
あと2時間くらいあります。

ここで寝られないのがツライ。
寝たらリュックとか無くなりそう。
さっきビールを飲んだのが間違いだった。

でも、飛行機に乗ってタクシーでホテルに行けば
時差ぼけなくいけそう。

天気を見たら氷点下でもないみたい。
起きたら温泉に行こうと思います。

ぱっと見、日本人は少なく
中国人が多い印象があります。
行きの全日空も50%くらいの搭乗率だったし。
posted by そういちろう at 03:35| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

では、行ってきます

ただいま、成田の大韓航空ラウンジ。
別に大韓航空ではない。
全日空である。
プライオリティパスを使って。

リムジンバスは空いていて
ユーロ、フォリント、コルネに両替完了。

で、今である。
何故かラウンジのWi-Fiが
つながらない。
iPhoneではつながるのに。
まぁいい。

仕事のメールを見ようとしただけだし、
電源確保もできたし。

まずはフランクフルトに向かいます。

posted by そういちろう at 10:38| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする