2012年05月31日

iMedia Brand Summit Japan 2012 最終日

最終日は移動。

その前に部屋から海岸が見えていたので、
朝食後、散歩に。

写真3.JPG

海岸からホテル。

写真4.JPG

良いところでした。

ホテルからありがたいことに
関空まで送迎バスを出していただいたので
まずはそのままチェックインし、荷物を預ける。

その後は二番目の姉が大阪にいるので、
お昼をおごってもらうことに。
私の目的は南海の特急、ラピートに乗ることでしたが。
JRの特急はるかは以前の出張で乗ったことがあったので、
何としても乗りたかった。
大阪に行く場合は出張を含めて新幹線が多く、
飛行機でも伊丹が多いので乗る機会がそんなにないですし。

写真2.JPG

かっこいい。

写真1.JPG

横顔も素敵だ。

スーパーシートだと3列である。

写真.JPG

私を含めて2人しか乗っていなかったので、
大丈夫なのだろうか。

なんばから地下鉄に乗り換えて、
(Suicaって使えないのね)
早く着いたのでセントレジスホテル大阪のラウンジで
オレンジジュースなんかを飲んで姉を待つ。

姉の同僚と3人でイタリアンを食べて、
1時間くらいでまたラピートに乗り関空へ。

帰りも黒い飛行機、スターフライヤーで。
羽田では搭乗口から飛行機までは行きも帰りもバスであった。
空港内を走るやつで。

羽田からはこれまた行きと一緒で調布まで
リムジンバスで。
今度は中央道集中工事が直撃し、
90分くらいかかった。
深夜で車が少なければリムジンバスでも
30-45分くらいなので倍、かかった。
重い荷物を持って階段を上がったり下がったりしないで済むので、
それでもバスが便利である。

最後は何をしに行ったか分かりませんでしたが、
充実した4日間でした。
事務局、ホテルの皆さまを含めて、ありがとうございました!
久しぶりにお会いできた方も多く、
中には10年ぶりにお会いできた方もいた。
これが一番良かったかも。
posted by そういちろう at 09:23| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

iMedia Brand Summit Japan 2012 3日目

3日目も7:30からで、
ざっとその日を振り返ると、

7:30 ネットワーキング ブレックファースト
8:30 スポンサーマーケティングプレゼンテーション
デジタルマーケティングをドライブするクラウド活用術
アマゾン データ サービスジャパン小島さん
Pinerestは19時がピーク
サーバは最初に潤沢にしておいて、落としていくやり方。

日本国内外におけるWSJのメディアソリューションについて
ダウ・ジョーンズ・ジャパン柿山さん
100万UUで高年収が多い。

8:50 ネットワーキングブレイク
9:00 オープニング挨拶
9:10 マーケティングリーダーシップ キーノート
ジャズ演奏におけるグループモデルから学ぶブランドマーケティングイノベーション
DIG Alan Schulman氏
ハーレム出身でジャズのメッカ。
DIGには「好き」という意味も。
メディアが分散している。オーディエンスはscattered(分散)
テクノロジーが変わってビジネス、お客さまの行動が変わっている。
モバイルがパーソナルネットワークの中心になっている。
マス(TV)とパーソナル(デジタル)のギャップをどう埋めるか。
ナイキは14%しかTVに使っていない。
Brand⇒some⇒many ここを突破するのがクリエイティブ。
ジャズはイノベーション、即興でやるので。
ジャズは自己犠牲でもある。
リチャードブランソンは優秀な社員を求めて、世界の大学を回っている。
ビジネスリクルーティング
みんなが同意するのとは反対のことをする。
ブランドはチャネル/APIである。
アイデアをベースにイノベーションする
sprint
リアルタイムで語り継がれるプラットフォーム(面白い)。
多くの人がいても指揮者はひとり。


10:10 インサイトプレゼンテーション
進化でも変化でもない、本来のマーケティングへ
博報堂安藤さん HDY中村さん HDY木下さん
2つのS ソーシャルメディアとスマートデバイス
変化と本来
プレ体験してもらう⇒つながる⇒循環する
72% TVとスマートフォンに触れている
64% TVを見ながら検索する
51% PCをしながらスマホを
42% OOHとスマホ
46% 店頭とスマホ
スマホ単体で考えるのではなく、総合的につなげる。HUBに。プレ体験をスマホで。
NISSAN Leafでどこまで走れるかの可視化
ANAでバーチャルフライト

11:00 スポットライトプレゼンテーション
「マーケティングプラットフォーム」と「クロスチャネル評価」
デジタルインテリジェンス横山さん

「ビックデータを活用したデジタルオリエンテッドな統合型マーケティングとは」
インテグレート塚本さん
Facebookを活用したO2Oソリューション

エムワープ竹田さん
「察して、応える」〜ネット上の「おもてなし」を具現化する
カスタマーエンゲージメントプラットフォーム
サイトコア高沢さん

(どなたかは忘れてしまったのが下記)
41.5%の2100万人がSNSを。
ソーシャルメディアはTVに近いイメージ。
URLをクリック36%、検索する44%、購入15%
ツイッター企業のアカウントフォロー率32%、クチコミ閲覧率52%
フェイスブック企業のアカウントフォロー率19%、クチコミ閲覧率46%
mixi企業のアカウントフォロー率12%、クチコミ閲覧率38%
一番見ているのは生活者の体験(写真とか)

11:40 ネットワーキングランチ
13:30 ラウンドテーブルディスカッション
・最先端マーケティング戦略:
3メディア×3スクリーン
・企業リスクマネジメント:
リアルタイム・マーケティングに対応する組織体制、手法とは
・「ビックデータ」時代:
企業のためのデータ活用法、体制、ツール等
・2012年のソーシャルメディア新潮流
・インスピレーションリーダーシップとは?:
イノベーションのアイディア創発を起こす組織そして手法とは

その中で、最先端マーケティング戦略の
ディスカッションに参加して出てきたのは、
3メディア×3スクリーンでストーリーが大事。スクリーンは関係ない。
海外ではフェイスブックが多い、
スマートTV、
価値ある情報はどこにあるか、
プライオリティ付けではない(いづれにも活用できる)、
ペイドメディアは落ちている、
ブランドが好き好きにやっている(成功事例共有なし)、
ソーシャルは難しい(成果ってなに?)、
時間軸もある、
検索ワードも時間によって需要が変わっている、
知識が全てに網羅していないとできない、
広告主の中にリーダーが必要、
全体設計ができていないという課題、
3メディアを分けているのはマーケや企業側で受け手は分けていない
等だったかと思います。

14:45 スポットライトプレゼンテーション
ソーシャルメディアマーケティングのキャンペーン施策と効果測定のいま
アライドアーキテクト津下本さん

エンゲージメントが世界を変える!?〜Social Loginが変える企業のサイトの未来像〜
メンバーズ神尾さん

リッチメディア広告とクロスデバイス配信によるインターネット広告の進化について
インモビ ジャパン天畠さん

AMNが提供するソーシャルコミュニケーションプログラム「アンバサダープログラム」
アジャイルメディア・ネットワーク上田さん
ニュースフィードが見られるのは10%(世界では16%)
10万人に見られるよりも1,000人に100人に伝えてもらう。

15:45 クロージングキーノート
モデレーター ツイッタージャパン味澤さん
パネリスト トヨタマーケティングジャパン平野さん
      ライオン中村さん 大広土谷さん スケダチ高広さん
ビックデータよりビックアイデアで、消費者に何でも聞いてみよう症候群。
雑誌は読者アンケートだけでやっていたら大変なことになる⇒ビックアイデアが必要。
企業には推進者と責任者がいる。
受けにまわったら攻められない。
社内勉強会を自分で。資料は自社に通用するように大幅に変える、もらうけど。
上司とのコミュニケーションは大事。宣伝部長の横に座るとか、頻度とか。

16:35 ブランド広告主フィードバックミーティング
18:30 カクテルレセプション
19:30 ネットワーキングディナー(マジック)
21:00 アフターディナーレセプション

という感じで終わりました。
最後は前回同様、写真を撮って一旦、終了。

ディスカッションは面白く、いろんな考えや、
他社さんがやっていることが分かるのが
特徴かと思います。
そこまでやっているのか、ではそれを自社に当てはめると、
とか考えるのですが全部を実施までは難しい部分もあり。
何も動かないのが一番悪いのですが。
posted by そういちろう at 09:14| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

iMedia Brand Summit Japan 2012 2日目

2日目は朝食から。

流れに的には、
7:30 ネットワーキング ブレックファースト
8:00 スポンサーマーケティングプレゼンテーション
ソーシャルメディア時代の「共感醸成プロモーション」を実現するために必要な機能と人材
スパイスボックス田村さん 

ネット広告におけるGRPの可視化とアドベリフィケーションツールで測る広告効果測定
コムスコア西谷さん 
インビュー率(1秒に表示されたこと)0.3%〜99%と媒体によって異なる。
ファーストビューのインビュー率 48〜100%

8:40 オープニング挨拶
8:45 オープニングキーノート
限界からさらなる強化へ〜グローバルCMOスタディーからの洞察〜
IBM Jon Robison氏
財務の知識はなければならない。
CMOはCIO(IT)を伴わないといけないITとマーケをどう統合するか。
価値を提供する。エンゲージ。計測する。
CMOにはスキルセットが必要。データ増加、人口構成変化、端末の選択、趣味思考の変化

9:45 インサイトプレゼンテーション
Big Data時代のマーケティング・ソリューション
〜電通「ビジネス・インテリジェンス・モジュール」がお手伝いできること〜
電通広瀬さん 前田さん 瀧本さん 濱窪さん

ビジネスインテリジェンス(800名の組織)
クリエイティビティ(知恵の力)×テクノロジー(情報技術)
エコポイントを三ヶ月で実施(今は住宅エコポイントも)
SNS連携クーポン

10:15 ショートブレイク
10:30 インサイトプレゼンテーション
メディアマインド布施さん 渡邉さん

30〜50秒でクリックする。
記憶に残るもの、見たもの30%、見て聞いたもの50%、見て聞いて触ったもの70〜90%
コモディティはコミカルに

11:00 ラウンドテーブルディスカッション
2012年、マーケティング市場で予想される機会とは?
2012年、マーケティングの取り組みについて
たまたま一緒になったテーブルでのディスカッションだったが、
あまり覚えておらず。
今後のやってみたい取り組みとか話したような。 

12:00 ネットワーキングランチ
13:00 ネットワーキングレクリエーション
ゴルフ、アドベンチャーワールド、利き梅酒&ワイン会から
選ぶのでアドベンチャーワールドに。

入り口。なんとなく昭和な感じが。

写真14.JPG

いきなりゾウがいた。

写真13.JPG

そして、この施設はパンダが多いです。

写真12.JPG

写真11.JPG

外にも、

写真10.JPG

写真9.JPG

写真8.JPG

その他にはイルカショーもあり、

写真7.JPG

意外と楽しめる施設だった。
パンダは茶色いと初めて知ったけど。
その後、集合時間まで少し時間があったので、
タクシーで南紀白浜空港まで。
イルカショーの時に滑走路が見えたので記念に。
飛行機は一機もいなかったけど。

その後は、
17:00 フリータイム
18:00 カクテルレセプション
19:30 ネットワーキングディナー

これは牛のもも肉だったような。

写真6.JPG

今年も花火がキレイだった。

写真5.JPG

海岸から打ち上げたと思います。
その後は、
21:30 アフターディナーレセプション
で終了。
この辺から、なんとなく食べすぎ、飲みすぎではなかろうか、
と思い始めた時です。
ほぼ全部、ブッフェ形式だったので。
posted by そういちろう at 09:10| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

iMedia Brand Summit Japan 2012 初日

先週の月曜から木曜まで
和歌山で行われたiMedia Brand Summit Japan 2012に。
場所は紀州南部ロイヤルホテル
いいホテルでした、部屋でも無線LANが快適で。
(場所に関してはいろいろあるみたいです、まわりの環境とか。)

関空までマイルを使ってANAのコードシェア便の
スターフライヤーで。
初めて乗りました、スターフライヤー。
黒い機体は業界ではタブーみたいですが、
あえて黒い機体にしたのだろうか。
でも座席は革張りで、離陸前のムービーが面白かったです。
ニンジャが出てきてアニメちっくで。

まずは家からはバスで調布まで行き、
そこからリムジンバスだが
毎年、この時期は中央道集中工事。
ちょっと余裕を持って行ったら、
渋滞の影響は全くなく、というより予定時間よりも早く着き、
2時間前に羽田にいた。
しょうがないのでラウンジで少し仕事を。
メールを見たくらいだけど。

関空からは送迎バスで90分くらいでホテルに到着。

写真19.JPG

写真18.JPG

ありがたいことに角部屋だった、一人だったが。

少し時間があったので、事前に資料を読んで予習した後、
ホテルの施設を見たら、足湯があった。
地下には温泉もあったが時間的に無理そうだったので足湯に。

写真17.JPG

ここからの夕日もキレイだった。

写真16.JPG

初日は17:30から開始。
以下はタイムテーブルとノートに書いたもの。

今回のテーマはテクノロジー、イノベーション、クリエイティブ。
5/21
15:00 レジストレーションデスクオープン
17:30 オープニング挨拶
17:35 アイスブレイク キーノート パネル ディスカッション
デジタル時代における“コンテンツ”の本当の意味とは?
モデレーター ネットイヤー石黒さん 
パネリスト CCJC江端さん ワタナベエンターテインメント吉田さん
コンテンツ:番組の後ろにあるもの。
深さ、拡がりが行動に。影響を与えるもの。コンテンツ力。
今、流行っていないものをどう産み出すか。
視聴率は悪いがDVDは売れる。そこから拡がるもの。
「踊る大走査線」は最初はダメだった。
しかし、資料者のBBS(勝手サイト)で拡がった。
結局、遊べるかどうか。
クリエイティブという見せ方ではなくコンテンツという中身が大事。
これがどう拡がっていくか。
Owned⇒earned⇒shared⇒paidのOESPという考え方。
知らないという状態が一番良くない。中国でも無料で出して本物で回収する。
キャンペーンが終わった時に振り返るのではなく、途中で振り返り、変える。
総合編成という概念。一つの番組に裏話はモバイルとか。
ブランドストーリーに一番、お金をかけるべき。

18:15 アイスブレイク キーノート プレゼンテーション
統合型クロスメディアキャンペーンの新潮流
Fuji Xerox Helene Blanchette氏

strategy prevails technology enables

18:55 ビジネスマッチアップOne to One
去年は広告主が一列で並んだが、
今回は数部屋に分かれて、という感じだった。
前回もそうだが、これが一番面白いかも。
時間はだいたい1分でお互いを紹介し、
どんどん人が変わって、終わった後に
多少、ノドが痛くなる感じであるが
これが一番好きかも。
こういう事業があるのか、とか、
初めて会う人だが、共通の知り合いがいるとか分かるので。
初めて会う人でも30秒くらい話せば、
共通の話題があるということが分かります。
疲れますが。

20:30 オープニングレセプション&ネットワーキングディナー
伊勢海老とかありました。

写真15.JPG

22:00 アフターディナーレセプション

で、終了。
サントリーさんからセサミンをいただいたので、
翌朝もすっきりだった。
あれは二日酔い防止にも効くのだろうか。
効くとは薬事法で言えないけど。

こんな感じで初日が終わって、
多少、移動やOne to Oneもあったので
いきなり疲れたが2日目は7:30から。
写真だけを見ると遊びのようだが、違います。
posted by そういちろう at 09:12| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

東京マラソン財団オフィシャルイベント スマイルファンラン in お台場

昨日、和歌山から帰ってきました。
今、会社です。
席はあるので良かったです。
まぁ、また土日に突入しますが。

先週の日曜は、東京マラソン財団オフィシャルイベント 
スマイルファンラン in お台場
に参加。

DSC_0329.JPG

昨年に引き続き2年連続で。
昨年はゴール後にビールとか氷結とかを飲み、
軽い熱中症になったので、今年は大量に水を飲んだ。

最初に金哲彦さんとワイナイアさんのトークショーで
走り方とかストレッチとかのレクチャー。

写真 (3).JPG

あまり覚えていないが、参考になりました。

5ブロックくらいに分かれて5分感覚でスタートする。

写真 (2).JPG

これは最初のブロックのスタートシーン。
ファンランなのでタイム計測はなく、
ペースメーカーがいるので、その人に合わせて
楽しく走る感じです。
途中の砂浜がきつかったですが。

これまた途中にワイナイア選手が。

写真 (1).JPG

女性の時はうれしそうでした。

ゴール後に藤原新選手のグッズオークションがあるが、
それは見ているだけで、抽選会を楽しみに。
ゼッケンの0-9までを金さんが抽選する。
商品は全部で100個ある。
最初は6番。
これでも100人にはならなかったので、もう1回。
今度は5番、私である。
その後に自分でくじをひき、レジャーマットとか
大江戸温泉入場券とかあったが私は商品券狙い。

こんなところ運を使うのはどうかと思うが、
(それより早くロト6が当たって欲しい)
なんとデックスお台場の5,000円商品券が当たった。

写真.JPG

当たったものは素直にうれしい。
今度、食事にでも行こう。

帰りにダイバーシティ東京
寄ったがすごい人だった。
逆にデックスとかは空いているかな。
posted by そういちろう at 09:04| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

ちょっと和歌山に

今日から木曜まで和歌山に。
羽田から関空経由で。
初めての和歌山で関空からは
バスでホテルに。

これから家を出て調布から
中央道集中工事の中、
リムジンバスで羽田だか
時間には余裕があるので
大丈夫かと。
posted by そういちろう at 07:15| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

人生初の和歌山へ

来週は月曜から木曜まで
有休を取得し和歌山へ。
昨日、有休申請をして受理されたという
スピード感なのでそんなに必要ではない、
人材かもしれませんが、詳細は省きます。

今年も行われえるiMedia Brand Summit japanに参加するためで、
去年はこんな感じでした。

今年も関空まではマイルで行くので、
あご足枕の必要もなく。
(大変、ありがたいことです)

内容的には朝の7時から夜の9時くらいまで
スケジュールが入っており、
プレゼンを聴く、というよりは参加者同士での
ディスカッションがメインなので、
それなりに準備が必要ではあります。
でも、有休で。

リムジンバスも調布から予約して、
昨年同様、今年も中央道集中工事にぶつかってますが、
羽田でどうしようか、というくらいの時間的余裕を見てます。

木曜は東京に帰るだけなので、
木曜の昼は、なぜか大阪にいる二番目の姉に
お昼かアイスティーをおごってもらおうと
考えています。

その前に昨年、軽い熱中症になったスマイルファンラン in お台場
参加するので、今年は水分をいっぱい摂ろうと思います。
昨年は暑くて、走り終わった後に水ではなく、
アルコールを飲んだのがいけなかった。
でも、もう学習しました。
やはり体験に勝るものはありません。

では、和歌山に行ってきます。
posted by そういちろう at 09:25| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

おかげさまで、38歳に

今日は誕生日でございます。
法律的には昨日で38歳みたいですが、
そういうことはどうでもよく、
20代の頃の38歳というと
もっと大人な感じがしたが、
結局、20代の頃から何も変わってないかと。

当然、ひとりで成長したわけでもなく、
いろんな人の支えでここまでこれたので、
いろんな人に恵まれているいると思います。
ありがとうございます。

両親にとっても38回目の記念日になるのでしょうね。
朝、特に何も言われませんでしたが。
両親が38歳の時にはもう3人の子供がいた、
というのは考えないことにしています。

何かをもらう年齢ではないですが、
例え、今日、会えなくても誕生日の前後180日くらいは
受け付けておりますので、あまり焦らなくても大丈夫です。
自分ではランニング用のノースフェイスのバッグを
楽天で衝動買いしましたので、それ以外なら
とってもうれしいです。

誰に言うわけでもないですが、
いろいろありがとうございます!
posted by そういちろう at 09:16| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

仙台の昼ごはんとグランクラス

仙台国際ハーフマラソン終了後、
タクシーでホテルに戻り、
お風呂に入って昼食へ。
お店は前回も行った一仙

駅からほどよく離れているので、
あまり観光客がいない感じがいい。
居酒屋的な感じだがものすごい美味しい。
牛タンとお刺身が。
ホテルから10分くらいの距離だったのも良かった。

ここの牛タンの真とろたん焼き定食が高いが、
柔らかくて美味しい。
今回も注文。刺身盛り合わせも。
ちなみに一応、真とろたん焼きは限定なので、
夜とかにはない可能性もあるかと。

その後、少し国分町を歩いてホテルに戻るが、
ここの商店街で阿波おどりのように、
何連も踊っていた。
調べたが何のお祭りかは分からなかった。

ホテルで荷物を持って駅までに行く。
最後の目当てはE5系はやてのグランクラスである。

写真5.JPG

かっこいいね。
こまちと連結するはやてではやぶさではない。

写真4.JPG

1両に18席しかないのでゆったり。

写真3.JPG

スイッチもいっぱいある。

写真2.JPG

ビジネスクラスに乗ったことはないが、
こんな感じだと思う。
リクライニングが結構な角度までいくし、
足も出てくる。
難点はモノを置くスペースがない。
座れば横からテーブルが出てくるが、
携帯とかを置くスペースがない。
現に目の前の穴的なところにペットボトルを置いたら、
アテンドの方に注意された。
そこのスペースは前の座席の人のリクライニングの
妨げになるみたいで。
初めて乗ったので知らなかった。

アルコールは無料。
軽食も洋食、和食と選べる。

写真.JPG

YEBISであった。
さすがグランクラスだ。
その他にもソフトドリンクはもちろん、
ブランケット、アイマスク、靴べらももらえる。
快適である。
残念なのは仙台の次が大宮で1時間半でもう東京に
着いてしまったこと。

仙台はご飯が美味しい。
ハーフマラソンに参加したためだが、
食べに行ったと言ってもいい。
寿司に牛タンに笹かまに牡蠣。
うどんの美味しいお店もあるし、ピザが美味しい店もある。
また来よう。
私には東北にお金を使うことくらいしかできないので。
posted by そういちろう at 09:11| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

仙台国際ハーフマラソン完走

仙台2日目は仙台国際ハーフマラソンから。
ホテルの目の前に会場の近くまで行くバスがあったので、
来たバスに乗る。
ホテルにあった地図では会場から5分くらいのバス停で
降りる感じだったが、バスの運転手に聞いたら
このバスは会場近くまで行くことが判明。
後で調べたら1時間に1本しかない貴重なバスであった。
ラッキーである。

写真6.JPG

とりあえず、記念に。
寝癖だが。

最初に5キロ、次に2キロの部がスタートしてから
ハーフマラソンが始まる。
ちょっと見学すると高橋尚子さんがいた。

DSC_0318.JPG

やたらとエイエイオーと言っていた気がする。
ハーフで走っている時も。

Fブロックだったので、スタート地点まで行くと
いつものようにスタート地点が見えない。

DSC_0321.JPG

5キロくらいまでは渋滞しており、ゆっくりと。
東京マラソンと同じくらいの渋滞であった。
10キロまでは思いのほか、高低差があって、

DSC_0324.JPG

きつかったが景色が良かった。

何回か折り返しがあるコースなので
タイミングが合えば、先頭集団も見ることができる。

DSC_0323.JPG

全く分からないと思うが、この中に2位(日本人1位)の
藤原新選手がいた。目視できた。

15キロくらいから速く走ろうと思っていたが、
13キロくらいから左ひざが少し痛くなってきた。
歩きたいが歩くと走れなくなると思い、
少しペースを落とす。
走っていて左ひざががくっと落ちて、
やばいな、と思ったが
次第に痛みがなくなり18キロからペースを上げることができた。

途中、辛そうな人が
「ポンコツ、がんばれ」
と自分自身に言っている人がいたので、
マネをして
「さて、がんばるか」
とぶつぶつ言って走ることにした。
思いのほか、効果はあると思う。
不思議と痛みがなくなったのもこれからだった気がする。

ずっと沿道の人は応援してくれたのもあるが。
沿道の応援ってホント効果あると思います。
それが自分に向けられているかどうかは分からないが。
その観点からは何かしらの衣装を着ていると
分かりやすい。
今回も少しいたが、その方には
「マリオ、がんばれ」
「サンタ、がんばれ」
となる。
そうなるとその人を応援しているので、
更に走ることができるので
衣装の重みもあるが、それ以上の効果があると思う。

ゴールは競技場内で大会っぽい。
ここにも高橋さんが。

DSC_0325.JPG

多分、3回くらいハイタッチしたと思う。

DSC_0326.JPG

手元の時計で2時間19分。
ハーフだと2時間13分だった。

写真.PNG

スタートまでの距離もあるし、
そもそもスタートからの時間なので、正確なタイムは
後で来る。
速報のグロスはここのサイトで分かります(PDFです)。
5617位で02:21:15。
自分の中で過去最高のタイムだと思います、ハーフの。
まぁ、完走したハーフマラソン一般の部男子は6703人だったので、
だいぶ後ろの方ですが。

電車でホテルまで帰ろうと思ったが、
多分、混雑しているしホテルまでは直線で約2キロ。
駅からホテルまでも少しある。
走っている時は走って戻るかな、とも思ったが
(ほぼ真っ直ぐ)
タクシーにした。何台か停まっていたので。
そもそも疲れていたし。
しかし、1000円持ってこなかったので
(荷物は預けられるが、Suicaと小銭だけ)
運転手に聞いたら、
「1000円くらいかな、渋滞なければ」
と。確かにまだ付近は封鎖している時間。
ならば、行けるところまでと伝えたが、
渋滞はなく890円で着いた。
大人らしく1000円札を出し、お釣りは要りませんと。
ちょっとでもお金を使おうと思い。

しかし、暑かった。
全部の給水所で給水を摂り、初めてスポンジも使った。
すんごい気持ちいいことが分かった。
首とか腕とかに当てると最高であった。
ひざはもう痛くないが、日焼けが痛い。
特に左腕が。まだ赤い。
でも仙台で走れたし、完走できたので良かった。
仙台で行われるから参加しようと思ったし。

いつかはハーフで2時間を切りたい。
そして、フルマラソンは東京マラソンだけでいい。
2時間以上、人間が走るのはやはり不自然だし。
posted by そういちろう at 09:29| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

仙台1日目

週末は仙台での仙台国際ハーフマラソンに参加。
今年から「杜の都ハーフ」という名称。
オリンピック出場が決まっている藤原新選手と川内選手が
招待されている
し、1万人くらいが参加で今年から拡大されたらしい。
ハーフを半年ぶりくらいに。
仙台も半年ぶりくらい。

膝の調子もよく大丈夫そうだったので、
完走は大丈夫そうであった。

受付が前日までに行わないといけないので前のりで。
東北新幹線は東京始発なので少し並べば座れる。
なので自由席でもうすぐ引退のE4系Maxで。

写真10.JPG

ちなみに自由席の場合、2階は3席+3席でリクライニングなし。
1階は3席+2席でリクライニングあり。
なので1階で。

すぐにホテルに行って荷物を置いて受付に。
歩いてすぐにの定禅寺通り近くのビルに。
金曜からEXPOを勾当台公園市民広場で開催されているので、
それも見たい。

写真8.JPG

ちょうど、天皇皇后両陛下も仙台にいらっしゃっており、
信号をしばらく操作していた。

写真9.JPG

生では初めて拝見した。
反対側だったが、天皇陛下は手を振ってくれたのがうれしかった。

EXPOでは牛たん串を食べて、
コースも確認。

写真7.JPG

そのまま夕飯を食べようとさすがに牡蠣は止めて、
塩釜でお寿司を。
塩釜は人口に対するお寿司屋さんの数が日本一だし。

仙石線に乗って30分くらいだが
ほとんどの電車は東塩釜行きだった。
平日には石巻までの電車があるみたいだが。
東塩釜住宅街な感じだが海に近い。
ちょっと瓦礫もあったのでもしかしたら、津波が来たのかもしれない。
道路もまだ段差があり、隆起している箇所も多かった。
暗かったら危ない。
去年、仙台に行った時、仙台駅周辺はそうでもなかったが、
その時の塩釜はどうだったのか分からない。
道路を修復するより、もっと危機的なことがあるのかもしれないが、
部外者なので何とも言えない。

行ったお店は美佐古寿司
ここに行きたかった。
安いし美味しいと聞いていたので行ってみたかった。

ウーロンハイは2杯くらいにして、
つまみ、にぎり、巻物、あら汁を。

DSC_0316.JPG

美味い。東京だったら2万円くらいすると思う。
本来なら2軒目も行きたいが周りは住宅街だし、
次の日はハーフマラソンだし、
朝晩は少し寒かったこともあり、電車に乗ってホテルに。

あらかじめ、スタート地点までのバスを確認して1日目終了。
ホテルの前から会場まで路線バスが1時間に1本出ている。
それ以外のバスだと少し歩くし、電車は混雑してそうだったし。
歩いてもいいが、なるべくお金をつかおうと思ったのもあったので。
posted by そういちろう at 09:26| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

仙台国際ハーフマラソン

日曜は仙台国際ハーフマラソンに出場予定。
母の日とかぶった。

去年は震災の影響により中止。
私には東北でお金をつかうことくらいしかできないので、
なるべく東北に行こうというのもあり。
去年の11月以来の仙台。
日曜は早いので土曜に行く前のりで。

問題はホテルであった。
ハーフマラソンなので2時間ちょっと走る。
完走と途中の関門はよっぽどのことがない限り大丈夫だが、
荷物がある。
終わった後にシャワーでも浴びたい。
そもそもゆっくり着替えたい。
となるとレイトチェックアウトが可能なホテルを探すが、
一ヶ月前でもハーフマラソンとパックになったものは
もう部屋がなかった。
しかしそこは観光地でもある仙台(詳しくは分からないけど)。
18時チェックアウトというプランのホテルを見つけたので、
そこを押さえた。

帰りの新幹線は疲れているだろう、ということもあり
E5系のはやてグランクラスを一ヶ月前から押さえてある、
えきねっとで。
今は、はやぶさだけでなく一部のはやてにもE5系がある。
これが一番の楽しみだ。
アテンダントもいるし軽食もアルコールも無料だが、高い。
倍くらいするが、誕生日も近いし乗ってみたいし、
去年は平日でもグランクラスは満席でグリーン車で帰ってきた。
リベンジは果たせた、まだ乗っていないが。

しかしハーフマラソンの後だし、
アルコールも無料だし寝てしまうだろうな。
posted by そういちろう at 09:21| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

リトライ東京・ハーフ&10kmの記録

先月に走ったリトライ東京・ハーフ&10km
結果がきていた。だいぶ前に着てたけど。

写真.JPG

初めて10kmを1時間を切って58分だった。
雨なのにがんばった方で喜んでいたが、
順位で見ると443位。600人の中で。

みんな速い。
1時間を切るのは大変なのに
当然ながら上には上がいる。

これはあれだ、オリンピックで言うなら
日本記録なのに予選落ち、みたいな感じである。
完走はしたけど。

フルマラソンは年に1回くらいでいいが、
(一ヶ月は後遺症で走れない。肉離れみたいなものになる)
10kmとかハーフとかなら、ものすごい暑くない限り、
参加したいと思う。
次の日にそんなに影響ないので。
開催場所にもよるが。

でも走り始めて1年半を考えると充分かと。
学生の時に陸上をやっていたことはなく、
むしろキライな方だったし。
posted by そういちろう at 09:19| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

3月のパネルディスカッション

3月にWEB広告研究会の月例セミナー第二部で
パネルディスカッションで話したのがレポートに。

事前に2時間くらい打ち合わせをして、
方向性を決めて早いものでもう二ヶ月くらい経った。
5人だったし1時間だったので

サントリーさんと花王さんと一緒だったので、
私は自社のスマートフォンの現状とか
TVCMとか会社がスマートフォンに注力している話しを中心に。
アプリを中心に話したが、オフレコの場合には
オフレコボードを上げればオフレコにしてもらえるが、
結局、使うことはなかった。
用意していただいたのに使わず、すみません。

これからスマートフォンが更に普及していくのは
まぁ間違いなく今後、更に注目される端末だけど、
まだ日本では2000万台くらいでしょうか。
普通の携帯電話(ガラケー)の方を使用されている方が
多いのも事実だし、スマートフォン対応は
まだ実施していない会社さんも多いので何かの参考になれば。

ただアプリになるとアップルのiOS、グーグルのAndroidの
プラットフォーム上でビジネスをしているので
普及が進んで欲しいです。
課題はいろいろありますが。

パネルディスカッション後もこの時のメンバーで
打ち上げ的に飲みに行き、
その時に時間的に話せなかったことも話して
それはそれで面白かった。
男だけでしたが。

やはり、人さまの前で話すことにより、
分かりやすいように(これでも)まとめることで
考えとかが整理されることはいいことかと。
話さなくてもやれよ、という感じではありますが。

ちなみに、その時の私の資料はこれ。





資料だけでは何のことか分からないと思いますが。
posted by そういちろう at 09:10| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ROUTE25

大型連休の前半に下北沢にできた
お酒の飲めるケンタッキー、ROUTE25に。

普通のケンタッキーが1階にあるビルの
3階くらいに店はある。

並ばずにお店に入れて、
カウンターもありお酒が豊富にありました。
そうだ、メニューがファストフードと違う。

写真 (7).JPG

チキンもあってお店オリジナルチキンを注文したら、
売り切れたのかそもそもないのか分からないが、
切れた、と言われたので普通のキチンを。

写真 (6).JPG

後はピザも。

写真 (5).JPG

正直、そんなに・・・
お酒が飲める、というネタ的にはいいかもしれません。
ちょっと油っぽいのも重かったです。
そういうお店ですが。

開店したばかり、というのもあるが
完全にオペレーションが破綻しており、
2回くらい、何々がきてません、と催促した気がします。

隣のテーブルとの距離が近かったので、
慣れるまでは席数を減らした方が
いいのではないかと思います。
1号店だし、食べ物も初めてのもあるし、
そもそも店員も慣れていないし。
posted by そういちろう at 09:31| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

GW中の羽田空港をなめていた

大型連休の後半の3日、二番目の姉と母親が
二番目の姉が今、住んでいる大阪に行くため
羽田空港まで送りに。

家からの場合、羽田に出るよりも
中央線で1本の東京に出て新幹線の方が早い。
いろんな事情があるのだろう、
19時半くらいの飛行機で大阪に行くみたいである。

途中、二番目の姉の東京での住居がある家に寄ったが、
これが荷物が多すぎで足の踏み場もない。
引越しを機に、いろいろ捨てないと同じことになると思った。

そこから羽田までは首都高を使えば30分くらい。
16時半くらいに出て17時に羽田に。
JALなので第一ターミナルに。
羽田の覚え方はJALは「A」が一つなので第一、
ANAは「A」が二つなので第二である。
やっかいなのはこれが成田になると逆になること。
普通に覚えるのが良いと思います。

駐車場に着いてビックリした。
並んでいるのである。
ぱっと見て180分待ちとある。
これはダメだと第二の駐車場に行くが同じ事で
ならば国際線は離れているしどうだろうと思ったが、
こっちも180分待ちであった。
なめていた。
ピーク時はこんなにすごいのか。
というか普通に乗る人が180分待ちとかで並んでいたら、
飛行機に乗り遅れるだろう。

結局、出発階で二人を降ろし、羽田で夕飯を食べるのはやめて
家に帰ることにした。
お盆とかもそうなのだろう。
あまり年末年始、GW、お盆というピーク時に電車とか飛行機に
乗ることがないので、始めての光景だった。
実際に乗るなら付近の駐車場に事前予約しないと無理ですね。
飛行機に乗り遅れます。
posted by そういちろう at 09:14| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

プラレール博

木更津アウトレットに行く前に
幕張メッセで行われているプラレール博に寄る。
仕事関係でもある。
趣味でもあるが。

幕張メッセに着いたのが午後だったので、
帰る車もあり、そんなに待たずに停められた。
電車で行くと遠いので車は便利だ。

プラレール博のホール前に行くと列が。
並ぶのは正直、イヤだが流れている。
止まっているのではなく、ゆっくり歩いているので、
すぐに入れるな、と思い並んだが間違いだった。
入れると思ったが、列が途中で曲がっていて
更に並んでいたことが分かった。

写真 (4).JPG

この瞬間、帰ろうかと思った。
1時間並んで入場。

写真 (3).JPG

入場特典はドクターイエローとスカイライナーの中間車両。
中間車両がポイントでこれだけでは遊べない。
何かに付けないと走らない。
まぁいいけど。

中には大きなプラレールに乗れたり、自由にプラレールで
遊べるコーナーもあるがすごい人でどれも60分待つ感じであった。
なので、主にプラレールのレイアウトを見ることに。

写真.JPG

写真 (1).JPG

ちびっ子は微動だにせずに見ていた。
私の小さい頃、ここに来ていたら同じことをしていたと思う。
多分、何時間でも疲れるまで見ていたと思います。
しかし大人なので写真を撮るくらいで退散。

ちなみにここが一番良かった。
豪華競演である。

写真 (2).JPG

とにかく、すごい人。
物販のレジもすごい列だったので
20分くらいで出てしまった。
一応、ムービーが流れているかは確認しましたが。

同じ時間の前の日(初日)に行った人は
待ち時間0分で中の遊戯もそんなに待たずに遊べたと。
やはりこういうのは初日の方がいい。
なぜなら、開催していること自体がやはり知られていない。
(広告とかはスルーする)
しかし、ニュースで放映したり、ツイッターとかで
流れてきて存在を知り、行ってみよう、となるのではないかと思う。

リアルな体験を語る(テレビの取材とかブログの感想とか)ことで、
人は動くのだと思う。
リアルな体験、他人のリアルな体験というのは
一番、心を動かすと思う。
TVCMで心が動くことがあるが、
インターネット広告に長く携わっているが、
心が動いたことはあるだろうか。
大きな声では言えないが、あんまりない。
TVCMで泣いたことはあるが、
インターネット広告ではない。
これは表示領域の差だろうか。

と言うことを幕張メッセで感じた訳ではなく、
なんとく、今、書いていて思いました。
posted by そういちろう at 09:01| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

木更津アウトレット

大型連休の前半の日曜日、
次の日も休みなので少し遠出して
できたばかりの木更津アウトレットへ。

その前に幕張メッセに寄ってから木更津に行ったので、
アクアラインではなく、東京湾沿いを走って。
最寄りのICで降りようと思うが、
アクアラインの帰りの渋滞が始まり、
その一個前のICで降りて一般道で。

御殿場アウトレットと同じように、
道路のところに誘導の人がいて、
誘導があったが攻略法としては、
指示に従わない方が空いている。

夕方に着いたので帰りの人で付近は渋滞していた。
なんとなくこっちかな、という方に行ったらたまたま当たって、
ちょうど目の前に出た。

アウトレット付近の道は新しいが
一本入ると昔ながらの道で
この辺も御殿場に似ている。
攻略法としてはカーナビではなく、
地図を見よう、ということかと。
自分の判断で道を知って、
通ってみることかと。
実際、すんごい空いていたし。
次回はもっと空いている道で行こうと思う。
今回も夕方だったので、普通に行っても空いていたと思うけど、
真ん前の駐車場に入ることができた。

駐車場も並ぶことなく入れたので、
コーチで財布を買ったり、50%の30%OFFだったし、
コールハーンで靴も買った(こっちは10%OFF)。
その他にもせっかくだからと細々したのを買って、
フードコートに。

ここで緊急地震速報が一斉に鳴ったが、
揺れは感じなかった。
でもアウトレットって危ないかも。
ガラスが多いし。

フードコートはすんごい混雑で、
イスを探すのに5分。
美味しそうな地元の人気旅館が手がける「わっぱ飯」を。
これが美味しかった。
伊勢海老と穴子を食べたがフードコートのレベルではない。

食べ終わった後もまだアクアラインは混雑していたので、
渋滞が解消するまで近くの日帰り温泉の「湯の郷かずさ」に。
調べたら23時くらいまでやっている。
大広間もあるし、休めると思い。
休日でも800円で安かった。

お風呂は露天風呂が中心でサウナもあり、楽しめた。
洞窟風呂がその中でも一番良かったかも。
お湯はぬるめだが、一人ひとり寝られるような設計であった。

大広間はそんなに広くなかったが、
少し寝て東京へ。
アクアラインも海ほたるも空いていた。

木更津アウトレットは都心から近いのが良いかも。
渋滞がなければ。
国内アウトレット初出店も多く、これから広がるみたい。
でも、三井不動産のアウトレットの特徴として、
狭い敷地で工夫するような感じで、
一店舗が狭い。
南大沢も幕張も入間もそうだったように。
なので、好きなものを探すことはあまりできない。
その辺はチェルシーの御殿場の方が広いし、
一店舗の広さも大きい。
確実に買うものがある場合には良いかもしれない。
御殿場よりも食事は美味しいのが多いし、
何しろ近い。
でも、総合的に見るとまだ御殿場、軽井沢の方が良いと思います。
今のところ、南大沢は近すぎだし、他が良いかなって時に。
posted by そういちろう at 09:37| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする