2012年07月31日

京王閣

野球の終わった土曜の夜に、
調布にある京王閣のナイター競輪に。

写真 (1).JPG

家から近いのとJRAのように混雑していなく、
どこか寂しい感じがいい。
焼きそばとか煮込みとかのB級グルメも美味しいし。

選手も近い。

写真.JPG

野次なのか応援なのか分からない声援も
多分、選手には聞こえていると思われる近さで、
それを聞くのも面白い。

3連単という1着から3着まで当てるのを買うが、
後半の4レースを買ったが
1レースも当たらなかった。
そんなにお金をかけていないのもあるが。

お酒を飲み、食べ物を食べに行った感じがする。
店のおばちゃんとか焼きそばとかを買うと
野菜とか漬物をくれたりするし。

でも、まぁ楽しんだだけで面白かった。
空いているし、ナイター競輪なので
ものすごく暑いわけでもなく、
川沿いで風もあったので。
当たればもっと良かったけど。
posted by そういちろう at 09:05| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

夏の野球

土曜は野球だった。
ものすごい暑い中。

写真 (3).JPG

11時からであったが、
風もなく日かげもなかったので、
とても暑い中であった。

試合には勝ったが、
これはキャッチャーが一番辛かったかも。
審判も辛そうだったけど。

暑さによるケガはなかったが、
遅れて来た奴が試合と全く関係ないところで、
単独で転び、捻挫していた(20代)。
これは暑さとは全く関係ない。
準備運動不足によるもの。
足首がない感じに腫れていたので、
今シーズンはもう難しいと思う。

暑さによる水分だけでなく、
運動前の準備運動は大切である。
一度、ケガをすると入念にするので、
私は少し腰が痛いくらい。
肩は前から痛いし。
夏のスポーツはいろんな意味で危険である。
posted by そういちろう at 09:03| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

ニコラス

昨日は麻布台のピザ屋さん、
ニコラスピザハウスに。
ここは1954年に日本で初めてピザを紹介した店である。
その後、代物返済のためタクシー会社の日本交通が
経営権を持っていたことがあるが、
日本交通も事業整理で手放したと思う。
川鍋さんも少し書いてます
一度、川鍋さんとお会いしましたが、
背筋をしっかり伸ばした、いい感じの人でした。

この辺の詳細は「東京ワンダーワールド」という本に
詳しく書いてあります。
アマゾンで90円で買いましたが、
すごい面白いです。
文庫で500ページくらいあり、
まだ300ページくらいですが。

ニコラスを創業したニコラ・ザペッティは
創業直前まで拘置所とかにいたり、
二番目の妻が福生店を経営しているので、
当時の味は福生店が近いかもしれませんが、
行ったことないので分かりません。
祖母の家が近くにあったので、
車で通ったことはありますが。

何を食べたかは
シーフードサラダ、自家製ソーセージ、
マルガリータにピザとガーリックをダブルにし、
〆にミートソースを。

写真.JPG

ソーセージはトマトで煮込んだ感じで、
美味しく、ピザも美味しかった。
それ以上にミートソースのスパゲティが美味しかった。

客層も良く(六本木からは歩くし、周りは住宅街)、
席も隣と程よく空いているので雰囲気もいいです。
昔はロアビルの向かいくらいにあった記憶がありますが。

東京でイタリアンを食べるなら(味覚は人それぞれ)、
青山のアントニオ、神谷町のペッペ、麻布台のニコラスが
いいかもしれません。
お金が関係ないなら飯倉か西麻布のキャンティですが、
あそこは気軽にはいけないです。

30歳の誕生日に二番目の姉がどこでもいい、
と言ったので西麻布キャンティに行き、
シャンパンとかガンガン飲んだら
二人の食事代としては聞いたことない金額になったことがある。
それいくらい、いいお店。

人のお金のお酒はとても美味しい。
posted by そういちろう at 09:27| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

LINE

今朝の通勤は少し大変だった。
山手線の内回りが目黒で
ドア点検とかで運転見合わせだった。
いつもなら新宿で総武線から目の前の山手線に乗るが、
混雑していたので、埼京線とか湘南新宿で大崎に着いた。
みな、同じことを考えるので混雑していたけど。

会社に着くと席に、

写真.JPG

これが。
どうやらLINEのダウンロードが5,000万を超えたらしい。
中身はバームクーヘン。
いつ置いたのか分からないが、
大丈夫だろうか。
一応、賞味期限は8/3までで25度以下で保存してください、
と記載がある。
夜にはエアコンが止まるので、夜が危険である。

それにしても、ありがたいことに
LINEがお客さまに支持されていて
あっという間にダウンロード数が伸びている。
ありがとうございます。
私は特に何もしていないので、何とも言えないですが、
外部の会社の人に何でダウンロードが増えているのか、
と聞かれることが多いが、私が教えて欲しいくらいである。
(言えないことが多い、というのが正解だけども)

当初、社内でも誰がここまでのヒットを予想していただろうか。
事前にリサーチしても支持はされなかったと思う。
ツイッターのDMとかフェイスブックのメッセージで充分、
というリサーチ結果が出そうだし。
世の中、何がヒットするかは分からない。
posted by そういちろう at 09:36| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

お中元

ありがたいことに会社にお中元が届く。
まぁ個人ではなく、あくまで会社に、
ということだが。
会社を辞めても届くか、ということになると
絶対に届かない。
今はそんなことはどうでもいいのだが。

今朝、会社に着いて、お中元でいただいた
100%のジュース(オレンジとかアップルとか)を
飲もうと思い、アップルとグレープフルーツを。
なぜ二つかというと125mlとかですぐに飲んでしまうので。

最初にアップルを。
うまい。冷蔵庫に入れていないのでぬるいがもともとうまい。
次にグレープフルーツを飲もうとして、
缶を振ったら机やスーツに中身が飛び出した。。。

そう、最初にすぐに飲むだろうと思い、
二つのフタを一気に開けていた。
それを忘れて飲む前に振ってしまった。
スーツはクリーニングに出したばかりのではないだろうか。
幸い撥水的な感じで被害は最小限に抑えられ、
臭いもなく(トイレで確認)、染みもなさそうである。
染みがなければ充分である。

最近、こういうのが増えたな。。。
加齢によるもの、ということにしよう。
posted by そういちろう at 09:14| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

新横浜ラーメン博物館

ラーメンはそんなに好きではない。
並んでまで食べるほどではなく、
お金を払ってでもとも思う。

そんなに美味しいと思ったことがないし、
うどんの方が美味しいとも思う。
なんとなく化学調味料を使っている店も多そうだし、
なにかバランスが悪かったりして、
なんで行列ができるのかも分からない。
半年や1年くらいで独立しているのもあるかもしれない。
これは正誤の問題ではなく、好みの問題。

祖母が作ってくれたラーメンが今でも一番、
美味しいと思うので。

でも、半年に1回くらい食べたくなる時がある。
なので日曜は新横浜の新横浜ラーメン博物館へ。

ここが良いのは混雑していても、
どこかに空いているお店があること。
並ばずに入れるお店だけ行けばいい。

あとミニがある。
1杯食べるとそれだけでお腹いっぱいになる。
でもミニだと何軒も行ける。
この日は3軒入った。
つけ麺のお店と宮城の気仙沼と熊本のお店。

内装が三丁目の夕日のような昭和な感じで、
途中、あげぱんも食べた。
給食に出ていた手が汚れるパン。

3食プラスあげぱん。
帰りに崎陽軒のしゅうまいも。
これは太るパターンだ。

関係ないが横浜アリーナで
チャングンソクのコンサートがあるらしく、
駅前には若い女性から高齢の女性までたくさんいた。
男性は見なかったが。
駅前にはおそらくパブリシティ権を侵害している
違法な出店が多かったが、お客さんとは仲良く話していた。
利害は一致しているのだろう。

その他にもJRAやサッカー場もあった気がする。
それらが全部一緒の開催だった場合、新横浜って
すごいことになるな。
posted by そういちろう at 09:27| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

白金 喜玖蔵

土曜は涼しかったというより、
少し寒かったので温かいものを食べようと
白金の喜玖蔵に。

8席くらいしかなく、
直前に電話したら空いていた。
休みは月曜と風が強い日。
入り口がガラス戸なのでだが、
なんとも粋な感じである。
(外見は白金っぽく、古い昭和な感じのお店。
 この辺はそういうのが多い。
 近くのアトリエ・ド・アイやきえんきえらもそうだし)

ずっと餃子屋さんかと勝手に思っていたが、
本来は中国茶屋さんっぽい。

コースになっていて、鍋がメインであった。
その前に焼餃子はありました。

写真.JPG

この中に水餃子と麺を入れて食べる感じです。
お酒も豊富でワインから日本酒まであり、
ビールはハートランドでした。
そして思いのほか、安かったです。
(カードは使えません)
どんなに食べても飲んでも1万円はいかないかと、ひとり。
(コースでお腹いっぱいになります)

難点は隣の席との距離が近いこと。
話が思いっきり聞こえます。
あとトイレに行く時に厨房の横を通ることくらいだが、
それを凌駕するくらいに外装、内装が良く、
特に客層が良かったです。
あと、どの駅からも遠い(広尾が近いかな)のが良いかと。
満席でしたが。

ちなみに横は声優さんのグループで、
向かいにはコピーライターと女優さん夫婦がいました。
仕事以外で著名人の方にお逢いしたのは、
東京駅でラモスさんとすれ違って以来だ。

お店が小さいため、お店の人の会話にみんなが会話に入ってくる感じで、
このお二人も普通に会話に入ってきてました。
奥さんの方は背筋をしっかり伸ばしていて、
ものすごく美しかったです。
握手をしてもらえば良かったと思ったが、
不粋な感じがしたので止めました。
いつかまたお逢いした時、
会話が続くためにこの話をしよう。
多分、覚えていないと思うが。

ちなみに、近所の人以外は交通の便が悪いので、
行く時は予約した方がいいです。
予約なしで行って入れないと精神的にショックなので。
まぁこの辺は飲食店が豊富なので、
なんとかなりますが。
posted by そういちろう at 09:14| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

大乃

昨日はさくっと田町の大乃に。
森永プラザビルの森永エンゼル街という渋い場所。
昔は1階に森永LOVEというハンバーガー店があって
クリスマスに祖父がよくアイスケーキを買って帰ってきた。
(当然、冷えた)
退職者の会とか祖母の入院先が田町にあったので。

というのはどうでもよく、
このお店、以前に入った時は野球のユニフォームとかが
飾ってあって野球好きの人のお店かな、と思っていたが、
ある日、TBSの「プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達」を
見ていたら、以前行った店がやっていて
元プロ野球選手だったと知る。
大野雄次さんで夫婦で経営し、厨房にもいらして
昨日は常連さんの横に座っていた(私の後ろに)。

現役時代は正直、知らなかったが、
(大洋、巨人、ヤクルトに在籍し、社会人からプロ野球へ)
ヤクルト時代は野村さんの下、代打の切り札として
活躍されていたので何かしらで見たことはあると思う。

お子さんが神奈川の横浜隼人から甲子園に出場した、
というお話が聞こえたので調べたら、
ブログを発見し、今は社会人野球をしている。
そこは以前、父親が在籍していた企業であった。

そんなこともどうでもよく、お店である。
前回もそうであったが、この場所では一番混雑しているお店。
昨日も混雑していた。
年齢層は高めだが、中には現役で大学野球をやっている人もいて、
コーチとか監督に連れられて来ている人もいた。
隣がそうだった。

お酒もいっぱいあるし、料理も美味しい。
から揚げと鰻が美味しい。
特に鰻が良いので、今回は白焼きを串で食べたが、
鰻を重で食べるのもいいかも。
ちなみに昼もやっている。
鰻以外は安かったです。
でも、鰻を養殖する稚魚がここ数年、不漁なので、
鰻を食べるなら今かと。
そのうち食べられなくなってしまう可能性もゼロではない。
posted by そういちろう at 09:38| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

暑い

一気に暑くなってきた。
月曜に群馬に行った時も暑かったが、
今週は東京も暑い。
3連休から暑かったけど。

こうなると通勤をどうするかになる。
いつもスーツである。
何を着ようか考えなくていいし、
(6着をローテーション)
何かあった時もスーツならなんとかなる。
会社でスーツを着ているのは数人だけで、
別にラフな格好でも問題ない。
でもスーツの方が着飾っている分、
ひどいことも平気で言えたりする利点がある。
これは衣装だからいいか、とか。

そんなことは置いておいて、
さすがにジャケットは暑い。
来客、外出の予定がなければ、
(予定がある時はジャケットを手にもって通勤)
ジャケットなしでシャツだけの通勤を始めた。
(欧米ではYシャツは下着だが、
 ここは高温多湿の日本だからいい)
こうなるとラクではあるが、
小物を入れるところが少ない。
iPhoneとかスーツの内ポケットに入れていたが、
ズボンに入れる。
となるとイヤホンが長くなる、とか。

まぁどうでもいいのだが、
夏だと冬が良くて、
冬だと夏が恋しくなる気がする。
とりあえず、最寄りのバス停に日よけと
雨よけのための屋根を設置したい。
バスを待っている時が一番暑い。
posted by そういちろう at 09:22| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

新 東京いい店やれる店

先週、発売されたホイチョイの
「新 東京いい店やれる店」を読み終えた。



前回が18年前であり、
今回は日本らしく四季をテーマにお店が
選ばれている。
ついでに前回は女性が読んでも分かりにくいように
野球で表現していたが今回はプロレスで。
少しだけですが。
あと書店では帯に
「エロ本です」となっているので、
買いにくいです。

ちなみに一昨日、行った坂東簗
この本に掲載されてました。

そもそも味、美味しいとかは主観であり、
そうなると食べログのような集合知は
役に立たないと思っているので、
(しかもランチ中心だし、法人による書き込みも多いし、
 評価の軸がバラバラ)
味は置いておいて、雰囲気、客層、サーブという
観点からやれるかどうか、という軸になっているので
私は好きです。

どうせ、味なんて分からないですし。
例えば、今、目の前にある鰻が天然か養殖かそもそもニセモノかって
本物の鰻をいつも食べていて養殖も食べている、
という相当な食通でないと分からない。

ならば初めて食べるものがどうか、なんて判断できないですし。
美味しいか美味しくないかくらいで、
もっと美味しいものがあることがあるので、
それよりも雰囲気とかの方がいいと思います。
お店が心地よい、とか今の日本の旬(時期的に鱧とか)を
食べるならどこの店とかの方がよっぽど良いですね。
幸い、東京は世界各国の料理屋さんがあり、
日本の食材も集まっているので。

ちなみに今回の掲載店数は前回とあまり変わらず
200店くらいだが、18年前の最初の本にも
掲載されていたのは、
アントニオ、アクアパッツァ、
アルポルト、ニコラス、
ももんじゃ、いせ源、ぼたん、
中江くらい。
老舗ばかりで、結構、閉店が多いですね。
アントニオしか行ったことないですが、
今の本に載っている店も2、3年後に
どのくらい残っているか。

そうそう前回の本に載っていた言葉で、
川添浩史氏が息子の光郎氏に
「キャンティが本物の
レストランと呼ばれるように
なるためには、まず百年、
店をつづけることだ」と
言葉を残したので、
日本に本物のイタリアン
レストランが生まれるまで、
あと48年くらいか。
生きている自信がないな。
posted by そういちろう at 09:04| Comment(0) | TV・映画・演劇・芸術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

坂東簗

3連休だったが最初の2日間は
ほとんど何もしないで過ごしていたが、
昨日は電車で群馬県の坂東簗に。

アユを食べようと。
ちょうど季節と言えば季節なので。
落アユでしょうか。
時期的には若アユなのだろうか。
でも簗漁だと川を下って産卵するのを
狙うと思うので、落アユかと。

そうアユは年魚で、
6月くらいに川を上り、
コケを食べて、
7-9月くらいに川を下って
12月くらいに河口で産卵して一生を終える。

関西の方は若アユを好み、
関東の人は落アユを好むみたいで、
身がのった戻りカツオ的な落アユを好む。
初もの好きの江戸っ子にしてはカツオとは逆である。
(私が、というわけではなく)

東京から新幹線で高崎まで行って、
ローカル線に乗り換え、
降りた駅からタクシーを呼んで坂東簗へ。
山岡士郎的な行動力ではあるが、
東京で食べたらコースだけで1万円は超える。
こちらだと半分のお金で済む。
電車に乗れるだけお得かもしれないが、
東京は素材を活かした料理は美味しい。
いろんな料理が集まるし。
ただ素材をそのまま食べる、となると
現地の方が安くて美味しいと思う。

群馬なので盆地でもあり、ものすごい暑かったけど。
タクシーの運転手さんが言っていたので、
間違いないだろう。

だけどもお店も入り口は暑かった。

写真 (6).JPG

男性陣が焼いていた。
備長炭で。

川沿いにあり座敷から簗が見える。

写真 (5).JPG

近くまで行くこともできる。
ここにアユが上がってくるのかな。

写真 (3).JPG

川はキレイで堰もトンネルがあって、
魚が通れるようになっており、
今では多摩川にもアユが復活した模様でもある。
羽田から放したアユが秋川で見つけることができたとか。

内装はそんなに豪華ではないが、
風情がある。
コースは内臓的なものから刺身、フライ、でん、塩焼きにコクと。

写真 (4).JPG

塩焼きは言うまでもないが、
刺身が一番、美味しかったかも。
全部が美味しかったけども。

帰りも最寄りの駅までタクシーで行き、
(家で調べたが前橋、渋川から30分おきくらいにバスがある)
高崎で少し休憩して上野までは臨時の快速で帰ってきた。
これがお座敷であった。全席グリーンの。
行きに駅で調べてもらったら
まだ席が空いていたのでその場で購入した、
快速「お座敷たんばらラベンダー」号である。

写真 (2).JPG

485系の宴の車両でカラオケも装備されていた。

当然、知らない人と一緒の車両だが、
既に宴会のようであった。

写真 (1).JPG

珍しいジョイフルトレインなので、
各駅でカメラを構えている人が多く、
お座敷というのもあり楽しかった。

通常の電車と同じくらいの停車駅なので、
間違って乗る人もいたかと。

午後から動いたが、
新幹線で1時間以内の場所なら
充分に動けることが分かった。
車でも渋滞なしなら可能だが。
となると沼津、宇都宮、高崎くらいが
午後から出ても楽しめる範囲になるのが分かった。

車の方が自由度が高いが、飲めない。
電車だと行動範囲が限られるが、飲める。
トレードオフな感じだが、その日の状態次第でどちらが良いか
というのがいいですね。
どっちも選べるのはやはり便利である。
カタチ上、免許は取り立てであるが。
posted by そういちろう at 09:37| Comment(4) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

口内炎がひどい

小さい頃からそうであるが、
口内炎はできやすい。
一つならまだいいが、
今回は同時多発で数箇所ある。

舌とか歯に当たるので痛さも数倍になる。
ついでにしゃべりにくく、
噛んでいる感じになる。
昔は漢方を飲めば治っていたが、
その効果も薄れてきた感じがする。

いろんな原因が考えられるが、
やはり食事のバランスだろうか。
口の中をゆすいだりしているが、
それでも口内炎ができる。
歯磨きが足りないのだろう。

単なる口内炎ならまだいいが、
何か他の病気の可能性もあるのかもしれない。
怖いのでネットで検索するのは止めておこう。
年齢を重ねると病気が増えていく感じである。
posted by そういちろう at 09:09| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

やっぱりダメだった

昨日、朝はそんなにひどい二日酔いではなかったが、
時間が経つごとに悪化してきた。。。

午前中がピークで午後はましになってきたが、
夜、お酒も飲まずにトイ・ストーリーを見ていたが、
開始30分、つまり21時半には寝てしまっていた。
映画は見たかったが、多分、何回か見ているので
問題ない。

あれですね、TDSで新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」が
できたので、最近、トイ・ストーリーの映画が多いんでしょうね。

一昨日、そんなに寝不足ではないのに、
眠かったのは飲酒と睡眠っていろんな関係があるのだろうか。
飲むと体力を奪うので眠くなるのだろうか。
よく駅で寝ている人もいるし、
道路で寝てしまって交通事故になるのを
ニュースで見ることが多いし。

明日が終われば3連休だから、
今週はもうあまりお酒を飲まないようにしよう。
そして、適量を知ろう。
と言ってもいろいろあると飲んでしまうけど。
posted by そういちろう at 09:15| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

飲みすぎたが・・・

昨日は元同僚と恵比寿に。
急に誘われたがたいてい空いているので、
問題なくお酒を。

最初は「魚BAR 一歩」で魚を食べて、
その後に移転して旧ZESTの横になった寿司屋の「博一」に。

魚ばかりであった。
21時以降の記憶がないが、
奇跡の軽度の二日酔いで済んでいる。
飲む前にセサミンを摂取したからだと思う。
お酒に弱い私がいろんなものを試した結果、
今はこれが一番効く。
一番良いのは適量で止めることであるが。

久しぶりに博一に行って、
横に座った人が私のことを知っていて、
ずっと思い出せずに話を合わせていたが、
今、思い出した。
昼にその寿司屋でバイトをしていた近所の人であった。
フランスかどこかに留学経験があり、
子供もいるが近くの日仏会館の人に
よくナンパされていたのを覚えている。
どうでもいいが。

元同僚なだけに、
私より今の会社の社内事情に詳しかった。
私が知らないことも知っていてびっくりした程である。
会社っていろいろある。
知らない方が良いこともあったりする。
まぁいいけど。

そんなこともあり、社内の人と飲むよりも
社外の人と飲む方がやはり楽しい。
いろんな視点での考えや、
会社を客観的に見えたり、
何より会社の愚痴飲み会にならないのが良い。
大前提として同僚から誘われないってのはあるが。

いやー、いろんなものがすっきりした恵比寿のお酒だった。
あんまり覚えていないけど。
posted by そういちろう at 08:52| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

ついていない時はどこまでもついていない

例えば、自転車で転んで右膝を打撲したら、
野球で左膝にデッドボールを受けるとか、
口座の暗証番号を忘れるし、自動車免許を失効するとか、
ダニに連続して刺されるとか、
ついていない時は連鎖でツキから遠のいている感じがする。

じゃ、運がいいときは連鎖するかというと
連鎖しているのかもしれないが、覚えていない。
悪いことしか覚えていない。
性格的な部分は大きいと思うが。

仕事でもそうであり、
先週からそんなのが続いていて、
どうしたもんかと考えた結果、
何もしないのが一番ではないか、とも思えてくる。
実際、それではダメなのだが。

じゃーポジティブに行こう!というのもいいが、
バカみたいに見える。
ここは考えている風で実は何も考えていない、という
得意な感じでいくしかない。
これはこれでいつもと同じなのだが、
生きていくのは大変である。
posted by そういちろう at 09:32| Comment(4) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

Yellow Summer 2012

土曜はヴーヴクリコのYellow Summer 2012に。
ワインを飲むと頭が痛くなるが、
シャンパンは大丈夫でむしろ好きな飲み物。

写真 (1).JPG

3日間限定で表参道に砂浜ができて
1500円でヴーヴクリコが飲めるイベント。
フードは見当たらなかった。
せっかくなので靴を脱いで、

写真.JPG

入るが靴を持つのが面倒だし、
これにシャンパンを持つことになる。
2階にはイスもあり座れるが、
まぁ砂浜にいた方が気持ち良い。

タオルもあったので、
そんなに汚れることなく帰ることができた。

雨が強かったので、
待たずに入れたが、
帰る頃には入場制限がしてあった。
最終日だったのもあるのだろうか。
たまにはこういう飲み方もいいかも。

そう言えば、シャンパンを好きになったのは
ヴーヴクリコからだったかもしれない。
それまでそんなに飲んだことはなく、
美味しくて少し調べて詳しくなり、
今では家に小さなワインセラーまで置いている。
何がきっかけになるのか分からない。
一番好きか、となるといろんな種類があるので難しいが、
それでも好きなシャンパンである。

じゃ、シャンパンとスパークリングワインは
(シャンパンを注文するとカヴァとか出てくる店もある)
どう違うのか、と言うと細かい男は嫌われるので、
止めておくが(フランスの法律で制定されている)、
スパークリングワインでも1000円くらいで買える
チリのものとかで美味しいものはいくらでもある。
その日の気分とかでだいぶ違う、というくらいまでは分かってきた。
posted by そういちろう at 09:21| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

Alley B.b(アレイビービー)

一昨日、田町の札の辻交差点にできた
Alley B.b(アレイビービー)に。

ビル兼住居っぽいビルができた入り口にある感じで、
帰りにビルに入ったがイタリアの自動車メーカーが
最上階に入っていた。
ただし、その上からが住居と思われます。

今、サイトを見たら
まだ飲食店とか入る予定があるんだな。
決まっていないスペースが多いけど。

で、Alley B.b。
高井戸倶楽部の姉妹店のようです。
あの倉庫をバーにした。
何回か野球部の忘年会をしたことがあります。

テラスがあるので、
テラス席にして東京タワーを眺めながら飲めました。
お酒はワイン、ビール中心でフードはそんなになく、
バーと思った方がいいです。
シャンパンもありました。
トイレも1個だけだが店内にあり清潔。
新しいので当たり前だけど。

串焼きも美味しかったが、
ガーリックライスも美味しかった。

最初の方は空いていたので、
サーブもしっかりしていたが、
会社帰りの人は6人くらい来た時点で
フロアは崩壊した。
隣のテーブルは飲み物よりも
ソーセージが先に来るくらいドリンクは遅くなり、
私のテーブルには頼んでもいないのにお会計がでてきた。
まぁオープンしたてなので、しょうがない。

今の季節ならまだ外で飲むのは気持ちよくて良いかも。
posted by そういちろう at 09:27| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

私がもう一人いるらしい

火曜だったか、少し遅く帰った時に母親は寝ていた。
それでも22時くらいだったと思う。

家の電話が23時くらいになって
母親が出た。
電話の相手は「そういちろう」と名乗っている。
ちなみにその時、私は母親の部屋の向かいの部屋にいた。

母親はまだ帰っていないと思ったらしく
電話で話しをしていたが、
どうやら電話の向こうの私は首にしこりがあり、
病院にいるらしい。
私も最近、ケガが多いので湿布くさかったので、
母親は違和感がなかったようだ。

以前にも同じようなことがあったので、
(その時も私は家にいた)
どうもおかしいと母親が私の部屋に来て、

「帰っての?またお前が電話しているんだけど」

と。
というのが聞こえたのかどうか分からないが、
電話が切れた。

今後の流れはこうだろう。
この前、電話した通り、
検査したら手術が必要。
手持ちがないので、振り込んでくれ。
という流れが予想される。
その場合、うちの母親は病院に行くだろう。
私は東京にいるのだし。
そもそも前金の病院なんてあるのだろうか。

あ、手術したからお金がなくなってしまい
生活費がない、というパターンだろうか。
でも、私は実家なのでそこで崩れる。

多分、学校の名簿が売られているのだろう。
私の名前を知っている、ということは。
だったら幼稚園から大学まで全部、東京なんだから、
振り込め詐欺に引っかかる確率は地方の方に比べると
低いと思うし、成功する可能性も少ない。
というか、電話に表示される電話番号で分かると思うが、
母親は寝ていたので、急いで電話に出てしまった。
仮に電話番号が変わっても口頭で言うと思う。

そういう詐欺でなく、
話し相手がいなく、寂しかったんだろうか。
母親は話が好きだし。
posted by そういちろう at 09:18| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

草野球

たまに草野球に行く。
中学までは野球をしていたので、
以前、勤めていた会社の野球部に入っている。
その会社はもうないが。

土曜日、久しぶりに野球に行ったら
私たちの前に小学生が試合をしていた。

そうしたら元上司が
清原さんがいるから見に行こう、
と。

バックネット裏でお子さんがいるのだろうか、
野球を見ていた。
デカイ。

監督は自転車で家に戻ってパネルの写真を取りに帰っていた。
サインをいただくことができ、
ご本人も
よく持っていたね、
と。

写真.JPG

新聞社の一面とかの写真は購入できるので、
買ったみたいである。
ついでにその時に神戸に観戦に行っていたらしい。

小学生の試合が終わると清原さんは
率先してグランド整備を行ったが、
速攻で監督に止められていた。
なんとなく予想はできたが。

ちなみに試合の方は勝った。
以前に私が在籍していた会社とだったが、
その時に知っている人は2人しかいなかったけど。

打つ方は左膝にデッドボールを。
この前、自転車で右膝を強打し、
両膝をやられた感じである。
見えない何かに狙われているとしか思えない。
posted by そういちろう at 08:40| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ルディ/涙のウイニング・ラン

アメフトは好きである。
見るだけであるが、
高校の時からNFLとかを見ていて、
吉祥寺にあるwest woodとかで
よく選手のカードを買っていた。
洋服とかも。
その時にアルバイトをしていた人が
後に同僚だった時もある。
これはあんまり関係ないけど。

アメフト映画もよく見ていて、
このルディも実話を基づいた映画である。



このブログを読んでいて、
今後、この映画を見る可能性はゼロだと思うので、
内容を書くと、
主人公RUDYを含めた家族はノートルダム大学のアメフトが好きで、
楽しみでもあった。
主人公もノートルダム大学でアメフトをやりたいが、
学力も経済力も厳しく、
高校でアメフトを辞めて働いていた。
だが親友が事故で亡くなってしまい、
ノートルダムを目指す、という話。

いきなりは入学できないので、
付属か何かのカレッジに行って
編入を目指すがそう簡単にはいかず、
晴れて入学した時は25歳になっていた。

そこから一生懸命練習するが、レギュラーには程遠く、
(残念ながら背が低い。これは圧倒的に不利)
一度もベンチに入れず、最終学年、最終試合になるが、
レギュラー達が監督に直訴して、なんとかベンチ入りできる。

この辺りから泣けてきた。
その前にグランド整備の人との友情とかもあって。
残り数分で後は時間をつぶせば勝てるが、
危険を冒して点を取りにいく。
(この辺からスタジアムはRUDYコール。
 出場させろ、という)
大量リードがあれば守備で主人公が出場できる可能性があるので。
なんとか点を入れた残り1分を切ってから試合に出場する、
という半官びいきの話。

泣ける。
アメフトが分からないと何のことか分からないけど。

日本でもCMとかに出ていた名QBのジョー・モンタナ(元49ers)も
ノートルダム出身で、時期もかぶるので一緒に練習していてもおかしくない。
どこかでモンタナが

「RUDYとプレイした1年は忘れない」

とか書いてあるのを見た気がする。

これで1,000円だったので充分に元は取れた。
タイタンズを忘れない(これも実話を基に)という
アメフト映画も良かったが、同じくらいに良かった。

アメフトは見るのが良い。
一回もやったことないけど。
間を取ったアメフトゲームがちょうど良い。
posted by そういちろう at 09:25| Comment(0) | TV・映画・演劇・芸術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする