2013年03月29日

慶應病院の地下

もう2週間くらい前になるか、
慶應病院に検査の結果を聞きに行った。
このブログを書いている時点で分かるように、
内科的な要因はない。
全く問題はなかった。
ベーチャック(?)病でもなかった。
眼科にも行ったし。

口内炎でリウマチ内科に行った結果である。
1万円かかり個人的には大量の採血をされた検査で、
いろいろ診てもらったが普通の口内炎と診断。
以後、風邪でもなく発熱が1週間続くようでしたら、
また紹介状を書いてもらい来てください、と。

混雑しているから、予約しても最短でも1週間先じゃん。。。
東大病院よりは空いているが。

となるともう原因は分からない。
内科でも眼科でもない。
歯が当たるのが原因しか考えらないが、
歯と関係ないところにもできるから説明がつかない。

もう分からないから何の解決にもならないけど、
また日本歯科大学付属病院へ行こう。
駅から近いのがいい。

うがいをするしかないのだろうな。

もう慶応病院へ来る機会なんてないだろう、
と思い地下の食堂で昼を食べた。
地上にある食堂は高かった。
最近、病院によくあるスタバもあった。
しかし慶應はさすが慶應である。
パンの木村屋が入っていた。
銀座にあるアンパンの。
その横に木村屋の食堂もあったので記念にナポリタンを食べた。

写真 (4).JPG

想像していたナポリタンよりだいぶ上品である。
さすが木村屋だ。
いや、この辺が慶應だろうな。
料金、高かったけど。

ちなみに最後の診察料金は210円であった。
大学病院価格というのがあるのか分からないが、
大学病院で採血以外だといつもこの金額である。
詳しいことは分からないが、
特定機能病院とか何とか認定病院とかになると
この金額なのだろうか。
まだまだ世の中で分からないことはたくさんある。
posted by そういちろう at 09:04| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

韓国に行ってきた

昨日の朝に韓国出張から帰国。
午後には会社に出社していた。

仕事なので、空港に着いたら本社に行き、
本社との打ち合わせがびっしりと。
その後、ホテルに戻る。
翌日も本社に行き、本社の地下の食堂で昼飯を食べ、
午後はずっと打ち合わせをして
夜は本社のマーケと食事となる。
なので、ソウルの繁華街やカジノにも行っていない。
本社がソウル中心部から40キロくらい離れているので。
でも、治安とかが良く主婦層に人気の住宅街のようで、
東京で言うなら海浜幕張のようなところ。
東京じゃないけど、住宅街もあるし、会社もいっぱいあるし。

しかしソウルは寒かった。
2℃くらい。
でも、観光するわけではないのでそんなに関係ないけど、
外に出ると寒い。
焼肉は苦手(しゃぶしゃぶは好き)なので、
どうするか、と思っていたが行かなかった。
辛いのが苦手だが、やはり辛い料理はあった。
メインで辛いのではなく、注文した料理の中で
2、3品あるようなカタチで。
そして、やっぱりお腹を崩した。
いつものことである。
辛いのがダメだからだろうか。
でも、ホテルも会社にもシャワー付きトイレがあるのが良かったが、
韓国にも増えてきた。
普通の飲食店では見なかったが、
空港には完備されていた。
2年前がどうだったか覚えていないのが残念である。

帰国する朝にホテルから空港までタクシーだったが、
微妙にリムジンタクシーのようで、
メーターが動いていなかった。
指摘したら動いたので、3キロ分くらい逆に得をした。
どうやら8万ウォンで行こうとしたらしい。
普通のタクシーならせいぜい4万ウォン。
リムジンなのでどうか分からないが、
ちょっとぼっている感じであった。
結果、7万ウォン弱だったし。

海外でのタクシーは事前に料金を決めるか、
メーターを動いているか確認するのがいいですね。
ハングル語は一切、分かりませんが。
でも、こうやって知ることが引っかからないことにつながるのだが、
おかしな話である。
そんなことしても、もう乗らないだけなのに。

日本に帰ってきたら腹痛は治った。
これもおかしな話である。
posted by そういちろう at 09:41| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

本社出張

来週の月曜から水曜までは
本社の韓国に出張。
ソウルは2年ぶり弱くらいになる。
まだ寒そうなイメージなので
ダウンジャケットで行こうと思います。

月曜の朝一からで、
昼には本社に着き、そのまま会議。
次の日は終日会議。
そして水曜の朝に出て、昼には渋谷に。
仕事ならばこんなものだろう。
ソウルの中心街には行けそうもない。
仕事なので。

一応、Wi-Fiをレンタルしたので、
キャリアのパケ放題よりは安くスマホができそう。
PCにも接続できるし。
でも、ほとんど本社ならその心配はなかったな。
精算だけして、一回も使わないこともあるな。
ホテルくらいか。

用意はまだしていないが、
パスポート、クレジットカード、歯ブラシがあれば
なんとかなるような日程である。
あとPCとスマホで。
キャリーケースは面倒だから、
本当にリュック一個で行こうとも考えている。
真剣さが足りない、と思われるのも嫌なので、
やはりキャリーケースで行こう。
もう気持ちの問題ではあるが。
posted by そういちろう at 08:54| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

S級あげもんフェスティバル

先週の土曜は横浜の山下公園でやっていた
S級あげもんフェスティバルに。

写真 (3).JPG

東横線の副都心線乗り入れ記念のようで、
当日の日経新聞に掲載されていたので、
JRで行ってみた。
18時までで17時に着いたので
もう売切れの商品があって、
結局、食べられたのはから揚げと手羽先だけである。

入口近くで回数券のようなものを1,000円で購入し、
各お店で必要な枚数を渡す、若干、計算しないと
チケットが余ってしまうという頭も使う催し物。
このシステムと言い、飲料系がサントリーさんだったのもあり、
企画会社は大つけ麺博と同じと思われる。

正直、から揚げは2、3個で十分である。
米沢のコロッケが食べたかったが売切れだったのが残念。
需要の判断を間違えたと思われる。
次の日の分を取っておくために。

でも、昼間の状況は分からないが、
夕方、しかも閉店間際だったので空いていた。
ほとんど並ばなかったし。

あと、今、知ったが

「目玉商品は、相互直通(=相互乗り入れ)を
記念して作られる『大統領シェフ』山本秀正氏の
“のりいれ”からあげ(相互直通運転の「乗り入れ」と
「海苔入れ」をかけたスペシャルメニュー)」

こんなのもあったのか。
知らなかった。
もう売切れていたのか分からないが、
から揚げは普通に食べたい。
ケチャップで。
posted by そういちろう at 09:31| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

TOEIC

日曜、久しぶりにTOEICを受験した。

写真.JPG

大学生以来なので、
15年ぶりくらいである。
試しに受けてみようと思ったのが最初で、
試験を受けて、今後、勉強していこうと思う。
大学生の時は525点というなんとも中途半端な点数だし、
大企業なら部長とかになれない点数だ。

一応、通勤時には英語を聞いている。
TOEIC対策の。
でも、それだけで点数が上がるわけはない。
ウェブサイトを見ると
半年で700点越え、とかあるが
それらに共通しているのは毎日、
なんらかの勉強をしていること。
当たり前だが、これしかないだろう。

試験を受けてみたら、
初めての体験だらけであった。
単純に15年前を忘れているだけだが、
基本は英語の問題文である。
ここから試験が始まっている。

最初はリスニング。
45分でトータルは2時間。
残りはリーディングである。
もうリスニングとか分からない。
何を言っているのかも分からない。
問題によっては、問題用紙に解答がないから、
フィーリングしかない。
かつ、問題用紙に線とか引いてもダメである。
解答用紙以外に書き込みがダメ、ということ。
過去に何かあったとしか思えない措置。
厳しい。

リスニングが終わると自動的にリーディングになる。
こちらは読みさえすれば、一応、解答はある。
幸い選択式なのでまだ、何とかなる。
時間はないが。
というか、自動的にリーディングをやっていいのが分からず、
10秒くらいボーっとしていた。
勝手が分からず。
何も知らないのは罪である。

分かったことは語彙力がないと話にならないこと。
まずは単語ではないだろうか。
問題文にも分からない単語があって、
それがショックだった。
受験生として問題外である。

ジョギングと一緒で何か目標がないと止めそうなので、
TEDのプレゼンを字幕なしで分かるようになる、
というのを当面の目標にしようと思います。
あと、カンファレンスで海外の方のスピーチを
同通なしで分かるようになる、と。
6割くらい。
posted by そういちろう at 09:12| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

座席移動

週末に会社の座席移動があった。
9月からヒカリエだが、
今回で3回目の座席移動になる。
よくあることであるが。

今回は会社の分割前ではあるが、
既に組織的には分かれているので、
その関係もある。
今までは東側であったが、
西側に移動。
同じフロア内において。

対象者が多いので、
業者に依頼するらしく、
週末に一斉に、となった。

楽ではあるが、荷物とかパソコンのセッティングで
1時間はかかり、汗だくである。
プリンターの設定もある。
違うプリンターになるので。

目の前は南側の窓際ではあるが、
まぶしいためブラインドは下げている。
見るところがない。
なので、今日も仕事をするしかない。
本来、会社というのはそういうところであるので
当然と言えば当然であるが、
人生にはバランスというのも必要かと思う。
たまにはブラインドを開けてみよう。
まぶしい、という声は無視して。
posted by そういちろう at 09:35| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

裁量労働制

1月から裁量労働制になっている。
みなし労働のような感じになり、
半休という制度がなくなった。
良いか悪いかはもう人それぞれなので、
何とも言えないが、良いと思う。
自分で管理できれば。

勤怠管理はあるので、
打刻はする。
極端な話、1分でも会社に居れば出勤になる。
毎日、それでいいのではないか、
となるが確実に席がなくなるだろう。
打ち合わせとか会議にも出るわけだから。
ついでに評価も1年から半期になったので、
結果を問われる。
もうこの年齢になると期待値ではなく、
会社は結果しか求めていないこともあるので。

明日は慶應病院に行く日。
前回の血液検査とかの結果を聞きに行く。
今までは半休とか有給休暇を使っていたが、
必要ないことになる。
こういう時には良い制度である。
でも、結果、いないと仕事が溜まるだけになるので、
やはり一長一短である。
posted by そういちろう at 09:00| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

ドクターイエロー

電車が好きである。
小さい頃に好きだったのが、
そのまま好きな状態が続いている。
別にカメラとか鉄道を乗りつぶす、
というのではなく、時刻表を眺めるのが好き。
家に時刻表があって、暇さえあれば読んでいた。
こういけば、日本一周が早いとか、
こういけば、こういう眺めが見られるとか。
ずいぶんと暗い趣味でもある。
でも、卒業旅行でヨーロッパをユーレイルパスで周遊した、
というと少しはかっこいい。
ものは言いようである。

というように電車が好きでもいろんな派があることが分かる。
駅舎とか機関車とか人によっていろいろ。
音楽好きな人もジャズや演歌やヒップホップと分かれるので、
同じことである。
ついでに言うと鉄道である。
柔道とか剣道とかと同じ感じがしないでもない。
やはり、ものは言いようである。

日曜、京浜東北線に乗っていたら、
誰もが好きなドクターイエローに遭遇した。

写真.JPG

電車の中で独りで喜んでいたが、
みな、うれしくないのだろうか。
めったに見られないし、日曜である。
平日しか走らないと思っていた。
ちなみにこの電車は名前の通り、
線路に異常がないか、架線は大丈夫か、
というように検査の車両である。
仕事ぶりも渋い。

生で見たのは初めてかもしれない。
昔、仕事でJR東海さんの広報から
(きちんと申請すると、ある時間にライブラリーに入れる)
写真や動画を借りた時も盛り上がった。
ちょうどCMで他の映像を編集していたが、
同時にドクターイエローの動画も編集してもらった。
結局、その仕事はなくなったが、
今も大事に動画は手元にある。

じゃー、仕事にすればいいのだが、
そこまでではない。
電車とは今のような距離感が良い。
何事も程よい距離感が良いと思う。
posted by そういちろう at 08:43| Comment(3) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

Burger Mania

土曜の夜は白金のBurger Mania(バーガーマニア)に。

今、知ったが白金以外にも広尾にもある模様。
メニューを見て白金店限定のハンバーガーがあったので、
他はどこか、と思っていた。

注文したのはその白金店限定のバーガー。

写真 (2).JPG

悲しいことに名前は忘れた。
さらにケチャップを紙にかけてしまい、
手で食べることになった。

フランクリンアベニューよりはボリュームはない。
けど、サイドメニューは充実している。
どうもパンケーキも美味しいらしい。
そちらも有名らしい。

フランクリン同様、他のハンバーガー店もそうだが、
オープンキッチンであった。
場所柄、外国人が多く、お店の雰囲気もいい。
駅から遠いのでバスしか来れないから、
そうなるのだろう。
そのくらいがちょうどよい。
少し歩けば、白金、恵比寿に行けるので、
次のお店の展開もある。

今度はパンケーキを食べてみよう。
posted by そういちろう at 09:18| Comment(2) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

煙霧

昨日は八重洲に買い物に行っていた。
午前中はジョギングをしていて、
陽射しも強く暑かったけど、
電車に乗っている時から暗くなり、
寒くなってきた。

中央通りから汐留方面を見るが、電通が見えない。

写真 (1).JPG

晴れていても見えるか分からないが、
方角的にはあっちは汐留なので、
見えてもおかしくない。

確実に黄砂とPM2.5だと思った。
映画で見る、世界の終わりのような感じだったし。
でも、これは煙霧というものらしい。
ホコリが舞い上がって、というもの。
まぁ、雨も1週間は降っていないし、風も強い。
なくはないだろう。
でも、そもそも冬はそんなに雨は降らない。
前からこんな状況はあっただろうか、
と思っていたら、意外とあったらしい。

とりあえずマスクをして行動していたので、
最低限の予防はできていたと思う。
でも、車とかひどいだろうな、屋根ないし下は石だし。
って考えると以前もこんなことあったな、と思い出した。

私はすぐに忘れる。
自分の都合の良いように。
posted by そういちろう at 09:25| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

東横線

会社がヒカリエ内にあるので、
JRの渋谷駅を使う。
そこから会社に行くには、
東横線の改札横を横断して行くことになる。
ここで東横線の改札を通過する人と交差するのが、
結構、大変である。

ただ、日本人だからか意外とぶつからない。
たまに修学旅行生とか地方からお越しの方が
中央に止まっていると渋滞になったりする。

この東横線も来週の16日で現在の場所ではなくなる。
メトロの副都心線と乗り入れるため、
現在のホームはなくなることになる。
この場所に埼京線のホームが移動する予定とかで、
JRを使う人に便利になる。
今は歩いて5分くらいかかるし。
と言っても10年後くらいだろうか。
新南口改札と言うのがあるが、
あっちの改札はどうするのだろうか。

そんなことより直近の東横線である。
最近は名残惜しい方は多いのか
写真を撮っている人がいつもいる。

写真.JPG

私もそうだけど。
というよりも頭端式ホームが好き。
井の頭線の吉祥寺、渋谷、京王線なら新宿、
JRなら上野駅のように行き止まりになっているホーム。
大阪なら南海のなんばとか。
ヨーロッパとかに多いあの感じである。
乗り入れがなく、ここで終わり、という感じが好きで、
電車が良く見えるのが良い。
1時間くらいなら眺めることが余裕でできる。
(この電車は笑っているな、とか)

東横線も15日でこのホームが終わる。
乗り入れで東上線の森林公園からみなとみらい線の中華街まで
1本で行けることになる。
何時間かかるか分からないが。
まぁ、これによりダイヤが乱れることは容易に予想される。
川越で起きた人身事故等の影響が中華街まで影響するのだから。
なぜなら乗り入れているので。
もっと言うとそこに乗り入れている他のものにも影響する。
有楽町線は東上線と西武池袋線に乗り入れている。
これと一緒に東横線も同じことが言える。
新木場で起きた人身事故の影響はみなとみらい線にも影響し、
ダイヤが乱れることになる。
複雑過ぎて分からないな。

もう一つは西武池袋線とか東武東上線の人にも。
来る電車が池袋行か新木場行か中華街行になり、
それぞれ急行、各駅があるのでもう分からない。
少なくとも母親には無理である。
ずっと東京に住んでいる母親でさえ、
六本木の行き方を聞く母親なのに。
地方から来た人はとりあえず、来た電車に乗ることをお勧めする。

しかし、一番かわいそうなのは、東横線と日比谷線の
乗り入れがなくなったこと。
霞ヶ関勤務の人が電車で1本だからと
菊菜や日吉とかにマンションを買った人。
この人が今回の乗り入れ変更で一番、かわいそうな人である。
多分、いるだろう。

こういうことを考えるだけで、
1日を過ごすことができるのが電車マニア。
posted by そういちろう at 09:19| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ダブルクリック同窓会

昨日は六本木のマンションの一室を借りて、
以前いた会社のダブルクリック同窓会。
30名弱が参加。
入社年次で言うならば、下から数えた方が早いし、
正直、1/3くらいの方は昨日が初対面であった。
だいたい同じ業界にいるので、
何かの会合等で会うことはある。
現に野球は続けている。

なくなりさえしなければ、今も働いていたと思う。
それくらい良い会社で好きな会社で居心地が良かった。
だが、その居心地の良さが会社としてダメだったから、
今、ないのだろう。
会社を存続させるのは難しい。

思えば、インターネット広告の創成期を
支えた先達ばかりで、大先輩にあたる。
あの時は辛かったけど、
その時は辛いとは思わなかった気がする。
辛かったことには変わりはないが。

こういう時は例外なく、
近況とかではなく、その当時の話で盛り上がる。
(何をしているのか、という会話は1分くらいで終わるし)
今ならパワハラで訴えれてもしょうがないことも多いが、
受けた側は今は上場企業の取締役とかなので、
人生分からない。

何かの達成会かクリスマス会かは忘れたが、
今のつるとんたんがある前のイタリアンで
杉内さんに意味なくバイオリンを弾いてもらった、
とかどうでもいいことを鮮明に覚えていたりする。
その結果、声が大きくなり下の階の人からベランダ越しに

「うるさいです」

と言われた。
それすらも、1分くらいは気が付かないくらいに
盛り上がっていたのを覚えている。

というどうでも良いことを書いているが、
これが分かるのは家族以外でこのブログを読んでいる
数少ない貴重な読者のヤナギくらいしか伝わらないだろうな。
そのヤナギも半年くらいやることなくて、
あらゆるウェブサイトを見尽くした、
というのも面白かった。
フリーも大変そうだが、元気そうだったので大丈夫だろう。
そう言えば、海外のアパレル会社の日本代行をしていると
言っていたので、今度、買ってみよう。
posted by そういちろう at 09:52| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

社長は少しバカがいい

先月に買ったエステーの執行役兼取締役会会長、
鈴木さんの本を読み終えた。



プロパーかと思っていたら、
最初は日本生命で働いていて出向ということで、
エステーに中途で入社したと。
元々は父親が創業した会社なので、
ならばよくあるパターンだ。

一回、あるCMに関する賞で講演を聞いたことがあるが、
CMに関する考えはとても深く、何も原稿を持たずに
話していたのを覚えている。
確か震災の年の年末であった。
企業の姿勢とかCMの姿勢を熱く語っていた。
の割にはCMは投資だ、ということしか覚えていないから情けない。

本の内容は日経新聞の私の履歴書のような自伝的なもの。
社長という社長業は忍耐業で決断業で、
営業力があり、堂々としていることと。
読んでいる時は感動したが、先月に読み終えたのに
もう忘れているのも情けない。

エステーのCMが好きな人は読んでも面白いと思います。
メーカーは製造業ではなく、感動創造企業と。
商品を買う、持つことによりどのようなことが得られるか、
それがメーカーだと。
そう言うとアップルとか昔のソニーとかが近いと思います。
何か生活に変化を起こさせるのはメーカーだと思うので、
変な機能の差異化よりも根本から変えるものを
メーカーには作ってもらいたい。
ライフスタイルを変えるような。
posted by そういちろう at 09:12| Comment(0) | TV・映画・演劇・芸術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

ローカル路線バス乗り継ぎの旅

乗り物が今も好きである。
電車をはじめ、飛行機に船にバス。
その延長で時刻表検定2級を持っている。
みどりの窓口や旅行代理店に座っても
お客さまに遅い、と思われることなく、
対応できるレベルにある。
今の仕事になんら関係ないし、
旅行会社への転職も考えていない。

そんな私にぴったりなのがBS。
よくヨーロッパの鉄道とか中南米のクルーズとか
世界の空港の番組とかをやっている。
なんとなく見てしまうジャンルの番組を
率先して見る。
テレビ東京でやっているローカル路線バス乗り継ぎの旅
例外ではない。

今まで13回も放送している。
昨日のBSジャパンでやっていた四国一周篇は2011年にやっていた
再放送だと今、知った。
ずっと最新版だと思っていたが。
高速バスを使わずに路線バスだけで巡る旅で、
(海を渡る場合は一番短い距離だけ可能とか
 高速に乗るまでなら高速バスに乗車可能)
太川陽介さんと蛭子能収さんとその時の女性タレントの
3人で旅をする。
残念ながら、今回の四国ではゴールできなかった。
毎回、3泊4日くらいで当初の予定通りにゴールするのを
目標とする。
最新版の正月にやっていた東京-新潟は無事にゴールできていた。
途中、ありえないくらいの偶然でやっていない旅館を開けて、
宿泊とかをしていたが。

基本は太川さんがしっかりしており、
地図とか食べ物を用意する。
蛭子さんは文句しか言わないが、
旅館の交渉を担当する。
それでは絵にならないので、女性がゲスト。
でも、このゲストが毎回、良い仕事をする、
という組織論までに発展しそうなチームである。
多分、見ている人は蛭子さんにムカつくことが多いけど。
(運転手さんとかお店の人に失言が多い)

そう言えば、以前は路線バスがない区間はタクシーを使っていた。
今はそれはダメで歩いている。
四国でも16キロとかを歩いていた。
旅館とかで迎えに来てもらっても、
次の日は迎えに来てもらった場所まで戻ってスタートする、
というのを知っているくらいに見ている番組である。
これも仕事には全く関係ない。

それにしても良い番組である。
ぜひ、続けて欲しい。
内容的に毎週は無理なので、今のペースでもいいので。
posted by そういちろう at 09:48| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

発熱

昨日は起きてから調子が悪かった。
その前の週は木曜が暖かったが、
金曜は夜、寒い雨が降っていた。
土曜も風が強かった。

まぁ大丈夫だろうと1日を過ごすが、
夜にダルさと身体の節々が痛い。
こういう時に熱を測っても平熱以下の
36.3°とかのケースがよくある。
手の爪を見ると白い部分が小さい。
私の場合は爪の白い部分が小さくなると
身体の調子が悪い。
調子が悪いから白い部分が小さくなるのだが、
医療関係者に聞くと全く関係ないようだ。
何人もの人に言われたが、私は何かで知ったので信じている。
お医者さんや看護師だって知らないことはあるだろう。

さすがにダルさにターボがかかってきたので、
夜に熱を測ると37.7°もあった。
もう私の中では病気の体温だ。
月曜、いろいろ会議があるし休めないな、と思って22時には寝る。
途中、3時くらいに起きるともうダルさがなかった。
そして朝、また熱を測ると36.7°であった。
平熱より高いが誰も心配しない体温である。
なので、会社に来ている。

昨日の発熱はなんだったんだろうか。
ちなみに爪の白い部分は昨日と同じくらいである。
熱は下がり回復傾向にあるのに、
白い部分が大きくならない。
それでも、爪の白い部分と体調には相関関係があると思う。
posted by そういちろう at 09:13| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

慶應病院

そう言えば、先週の金曜に信濃町の慶應病院に行ってきた。
日本歯科大学付属病院からの紹介状で。
なので、口内炎でリウマチ内科へ。
予約しないとダメで、
初診の場合は1時間前に来い、と。
10時に予約したので9時に。

卒業生でもないし、初めて聞く科だし、
有休を取得して。
血圧をはかって診療室の個室に通される。
3つくらいの個室というより箱だ。
ここで初診の人は着替える。
とにかく個室が狭い。
着替えても呼ばれるまで、そこにいてください、
と言われるが、することがない。
狭いし暗いし。
こういうところが慶應ブランドなのだろうか。
病院のあちこちにも慶應のロゴがあった。
そういうことか。

診察を受けると、全身には出ていないので、
検尿と採決してその結果を診ましょう。
一応、眼科に行って、ペイチェック病(?)の
可能性がないかの確認はしてください、と言われた。
(次の日に眼科に行ったが異常なし)

次の予約をして、検尿、採決へ。
銀行のように番号をもらって待つ。
どちらからでもいい、と言われたので
採決後は動けないので検尿から。

で、採決である。
会社の健康診断ではいつもベッドに横になってやってもらう。
注射は好きな部類だが、採決がダメ。
というか血がダメである。
力が抜けるのである。
こう書いていても力が出なくなる。
中学の保健体育では先生が肝臓移植の話をして、
よせばいいのに真剣に聞いてしまい、
貧血で倒れたこともある。
それ以来、さらにダメ。
でも、ここは慶應だ。
なめられる、と勝手に思い他の人と一緒に座って。
というより、本当に苦しんでいる人(車いすとか)しか
ベッドではしていなかった。
それに比べれば・・・

で、少し思い出した、先生の言葉を。
しっかり血液検査をしましょう、と。
口内炎なのに。
健康診断では2本くらいとるが、
(私のイメージでは100ccだが、20ccくらいだろうか)
パッと見で4本あった。
もう終わった。
幸い、若い女性だったのがすくいである。
彼女をずっと見ていればいい。
が、入れ替えたりするたびに血が見える。
さらに力が抜ける。
何とか終わり、針を抜くときに、
「痛っ」
とか言ってみる。
「あ、すみません」
というどうでもいい会話をして終了。
5分は押さえろ、と言われたので
念のため10分押さえて会計へ。

びっくりしたが、1万円を超えていた。
最近の病院はカードが使えるのがいい。
採血の検査の点数が高かったが、
今までの検査では最高額だ。
健康診断の再検査でも5,000円だったし。
やはり、こういうところも慶應である。
他の病院でも同じくらいだと思いますが。
posted by そういちろう at 09:12| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする