2018年09月21日

生きてます

ちょうど数人にブログはどうした、
と言われたので久しぶりに書きます。
見ていただきまして、ありがとうございます。
私からは一言も見てね♪と言ったことはありませんが。
そして、身内しか見ていませんが。

11月に家族でハワイに行くことになり、
その予行演習で鹿児島の離島に1歳の息子を飛行機に乗せたり準備をしている。
チケットは355日くらい前にマイルで行きはビジネス、帰りはエコノミーを
取っているので行くしかない。

44歳で初めてのハワイで初めてのビジネス。
1歳で初めての海外で初めてのビジネス。
この差はなんだろうか。

ホテルも取ってお金がほんとに羽根を付けて飛んで行っているが、
まずはパスポートだ。
日本人が多く、日本語も伝わりそうだが、日本ではないので必要だ。
有楽町の交通会館に行けばいいが、ハードルがある。
戸籍謄本とかは区役所に行けばいいが、
問題は写真。

写真館というほどではないだろう。
スピード写真でじっとしていられるほど大人ではない。
いろいろと検索していると背景色が白ならばよく、
バスタオルを背景にしてデジカメ、コンビニ出力という方法が良さそうと分かり挑戦。

広告の時に困った時は3Bと言われた。
美人(ビューティー)、動物(ビースト)、赤ちゃん(ベイビー)。
嫌われることがないものになるが、
撮影でじっとしていられないのでストレスは高まる、というのも教わった。

その中のベイビーが今回だ。

手段はバスタオルに寝かせて、
ひたすらデジカメを連射。
そして良い物を出力。
これしかない。

結果、なんとかパスポートを取れた。
サインは親が代筆だ。

申請の時にベビーカーでパッと見られただけなので、
赤ちゃんならば誰でもいいのでは、と思ったが、
受け取りにはしっかり見られた。
当たり前だ。

期限は5年のみ。
と言っても1歳と5歳では別人なので大丈夫だろうか、と思うが
国が認めているのだから大丈夫だろう。

日本のパスポートは世界最強なみに強いので、
息子にはいろいろな国に行って、
世界を見て欲しい。
できれば、マイルで無料で。

posted by そういちろう at 13:19| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする