2008年12月12日

信号待ち

昨日、キッチンで母親と夕飯を
食べていたら以前の会話を思い出した。

家の近くに東八道路というのがあります。
東京と八王子を結ぶので。
実際は結んでませんが。
地元は30メーター道路と呼んでますが。
なので道幅が30メートル。

道路を渡るのには信号のところで渡る。
22時くらいに母親は友人と信号の近くで
話しをしていた。
母親は信号が変わり青になったら話を切り上げて、
家に帰ろうと思っていたらしい。
が、いつになっても青にならない。

もうお分かりかと思いますが、
その信号は22時以降、押しボタン式に変更になる。

母親としてみれば、さっきまで青になっていたので、
次の青になったら家に帰ろうとした。
しかし、ちょうど時間が22時になり、
信号が自動から手動になった、という絶妙のタイミングが
母親のすごいところ。

ちなみに母親は5分くらい気が付かなかったみたいである。
多分、おしゃべりに集中していただけかと思います。

車が来ないようなら渡りましょう。
海外では場所によっては危ないです。
車でも大丈夫そうなら赤でも走りますし、
走らないと強盗に・・・
ってこともなくはない。
ラベル:深夜 家族 信号
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: