2009年01月29日

スピーチライター、ジョン・ファブロー氏

オバマ氏の演説集関係の本が売れているらしい。
本屋でも平積みである。

CDとかも売れているので、
グラミー賞とか、年末のレコード大賞も
いいことまでいけそうな感じがします。

そのオバマ氏の演説を書いているのが、
主任ライターのジョン・ファブロー氏。
まだ27歳とか。
他にも2人くらいいるが、27歳と30歳くらいであった。
(どうやらUSではプロが原稿を書くのは
 当たり前のような感じです)

オバマ氏と一緒にホワイトハウスに入ったらしいが、
オバマ氏もまだ47歳だったかと。

2人の出会いは、
ファブロー氏が何かの演説を聞いて、
「重複する部分は削った方がいい」
とアドバイスしたことからとか。

この前の就任演説、まだ詳細には見てませんが、
アメリカの将来を2人が考えて方針を決めて述べる。
普通にすごい。

自分の将来の方針をしゃべれ、
と言われても原稿が進まないと思います、私の場合。
posted by そういちろう at 08:30| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: