2009年04月06日

ほとんど何もしゃべらなかった電話

金曜の夜は父親が飲み会、
母親が一番上の姉の家に行く、
ということだったので、
会社が終わったらどこにも寄らず家に。

犬猫がいますから。
双方、高齢でおばあちゃんですし、
トイレとかご飯をやらないといけないので。

キッチンで夕飯を食べていると
家の電話が鳴り、出ると母親であった。

「どこにいるの?」
この時点で携帯と勘違いしている。
おそらく私の携帯にかけたが出ないので
(携帯は私の部屋でその時、私がキッチン)
家の電話にかけてきた。

「家です」
と。

「犬猫は大丈夫?」
と聞いてきたので、
「おそらく」
と。

「お酒飲んだ?」
と母親が。
遅い時間でもあるので
車で駅まで迎えに来てもらおうという
作戦だと思うが、
「そうだ、お母さん駅まで自転車だった」
と。

その後、2分くらいやり取りがあったが
忘れました。

「じゃ、これから家に帰ります」
と言って電話は切れた。
私は
「家です」くらいしか話していなく
ずっと母親が話していた。
まぁいいですが。

週明けの月曜からブログに書くことが
早くもありません。
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: