2009年05月22日

人生2割がちょうどいい

岡康道さんと小田嶋隆さんの
対談集、人生2割がちょうどいい



読み終える。
お二人は高校の同級生で
大学も一緒だったみたいです。

過去にあった二人の共通の出来事を
基にしたほぼドキュメントであるので、
面白かったです。
岡さんは簡単に言うとCMプランナー。
今はクリエイティブディレクターである。

フジテレビの「フジテレビがいるよ」とか
サントリーの「モルツ球団」とか
ダイハツの「ミラパルコ」とかの
プランナーだったような気がします。

私が大学生の時はヒットを連発していて、
就職セミナーでお話を何回か聞いたこともある。
その時にCM制作の裏話とか、
電通のお営業からクリエイティブから
転局した話をおもしろおかしく話してくれた。

私はその話を聞いて、広告が面白いかな、
と思ったのでマスコミ系を志望することに。
あと、転勤が少なそうなので。

メーカー系とかだと転勤が多そうだし、
公務員は不況ですごい人気で
とても倍率に勝てそうにないので、
マスコミ系に。
(倍率は高いのだが、
 公務員試験よりはいいかなと)

学生の就職活動なんて、
私も含めてイメージである。
学生なので仕事ことなんか分からないですし。
今、面接の時に言えませんが。

で、「人生2割がちょうどいい」の本ですが、
大学時に聞いた話の延長みたいな感じでした。
就職試験の突破方法とか
父親が事業に失敗して、失踪した話とか。

対談集ですが、
岡さんの文章(文体)が好きです。
広告コピーとかもですが。
posted by そういちろう at 08:29| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: