2009年06月15日

「東京サンシャインボーイズ『returns』」

昨日はwowowでやっていた
三谷幸喜「東京サンシャインボーイズ『returns』」
みる。

15年振りの復活である。
15年前に東京サンシャインボーイズが
30年間の充電期間に入ったが、
今年の3月に新宿の
シアタートップスが閉館することになり、
相島一之さんが三谷幸喜さんに声をかけ実現。

書き下ろしで面白い芝居でした。
一言で笑いが取れる感じが
懐かしかったです。

最後の舞台の「罠」から
つながって「たんげさん」もありましたし、
三谷さんも一橋壮太朗の名で出てました。

そのシーン、西村雅彦さんは手で顔を隠してましたが、
ずっと笑っていた感じ。

全員が戻らないとやらないと三谷さんが言ったみたいで、
引退して主婦業に専念していた斉藤清子さんは
一度、断ったが上記の経緯から出演に。
稽古場まで片道2時間かけて通ったらしいです。

梶原善さんは他の舞台があったので、
ビデオでの出演でした。

で、2002年に亡くなった伊藤俊人さん(ショムニとか)も
出演してました。声だけですが。

お一人、分からなかったのが
吉田羊さん。
今回から一緒になったみたいです。
なので15年後の「リア玉」にも出ると思われます。

個人的には「ショー・マスト・ゴー・オン」の
舞台が一番好きです、三谷さんの作品では。
「12人の優しい日本人」もいいですが。

当時は私は高校生でした。
一瞬だけ演劇、いいかも、と思ってました。
キャラメルボックスとか遊◎機械/全自動シアターとかも
行ってましたし。

でも、実際に何もやらなかったということは
あまり本気ではなかったと思います。
その他にも興味があるものがあったと思いますし。

しかし、シアタートップスに
10台のカメラで撮影。
wowow、すごいです。
posted by そういちろう at 08:25| Comment(0) | TV・映画・演劇・芸術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: