2009年06月19日

太宰治 生誕100年

太宰治が亡くなったのは
三鷹市の玉川上水。

亡くなるくらいだから
当時は水量がすごかったと予想される。
今は流れているのかどうか、
分からないくらいである。

ちなみに母親は太宰によって、
水量を少なくしていると
言っているが、ホントかどうかは分かりません。

生まれも育ちも今も三鷹市に
住んでいるので、
関係が全くないわけではない。

ついでに、日本文学を専攻していたし
(女性が多そうなので)、
近代文学を専攻していた
(古文とかは辞書をひかないといけないので)。
不純な動機ではあるが、
選んでしまったからしょうがない。

ただ、専門は宮沢賢治だったので、
太宰の作品は授業で読んだくらいである。

今日、6月19日は太宰の誕生日で
生誕100年でもある。

武蔵野三鷹ケーブルテレビでも
最近は太宰のゆかりの地巡りとかの
番組を再放送でガンガン流しています。

桜桃忌とかも今日でしょうか。
なくなったのも確か6月19日だったような。

太宰の眠る禅林寺には
森鴎外のお墓もある。
ちなみに太宰のお墓は鴎外の向かいにあります。
太宰自身の希望で。

このへんは三鷹市の小学校を
卒業している人は全員知っているかと。
posted by そういちろう at 08:30| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: