2010年01月29日

マチュピチュの豪雨被害

マチュピチュが豪雨で大変なことになっている。
詳しくは分からないが
確実に被害にあった人がいると思う。

3年くらい前に南米に行ったが
その時にマチュピチュにも。
すごくキレイだった。
大きな声では言えないが
あまりの景色に現地のガイドさんと
一番の絶景のところでタバコを吸ったのが
一番の思い出(そのガイドさん灰皿持参。飲食もNG)。

DSC00417.JPG

麓のアグアスカリエンテスでは
温泉にも入った。

今思えばそこは川沿いであったので、
どうなっているのだろうか。

マチュピチュに行く場合、
まずクスコという街に飛行機かバスで入る。
この時点で標高は4000m級。
まず高山病になります。
被害の大小はともかく。

なのでゆっくり動く。
そしてクスコからウルバンバという
3000m弱のところのホテルに泊まった。
そうすると高山病になりにくく、
身体が高地に慣れる。

安いツアーだと、その日にクスコ泊になり、
夜にビールとか飲み、高山病になる人が多い。
事実、帰りにクスコに泊まったが
日本人観光客2人(男性)が
レストランで倒れ酸素ボンベで治療を受けていた。
(レストラン、ホテルに酸素ボンベがあります)

マチュピチュに行く場合、
クスコかウルバンバから電車しかない。
実際は車の道があるのか分からないが
基本、電車(トラッキングルートもある)。

その電車も地元の人専用と
観光客で完全に分かれている。
その時に車窓から写真を撮ったが、

DSC00328.JPG

川沿いとずっと行く感じであった。
そして川沿いには現地の人が普通に生活している。

確かに日本人観光客が足止め状態というのも大事だが、
恐らく地元の人の被害が大きいと思います。

南米に行った時の写真ですが、
ここに上げてありました。

ご自由にどうぞ。
(アルゼンチン、ブラジル、ペルー)

写真を何かに使う場合には
シャンパンとか手作り料理で手をうちます。
posted by そういちろう at 08:19| Comment(2) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使うことがあったら手料理の方でよろしく。
Posted by 木曽路 at 2010年01月29日 17:44
木曽路さん

その際は、
ご連絡を忘れずに。
Posted by そういち at 2010年01月29日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: