2010年02月25日

TUGBOAT 10 Years

昨日、家に帰ったら
楽天ブックスから
「TUGBOAT 10 Years」が届いていた。

写真.jpg

母親は毎回、通販で買ったものが届くと
「なに、あの大きいの?
 なになに?」
と聞いてくる。

なにかの密輸とかと思われているのだろうか。


この本、600ページはあります。
内容は簡単に言うと「TUGBOAT」と言う
広告制作会社(クリエーティブ・エージェンシー)の
10年にわたる仕事の作品集。

大和ハウスさんの「ダイワマン」とか
サッポロビールさんの「大人エレベーター」とか
古くはサントリーさんの「BOSS・うのたんは悪くない」とか
「ガツンといってやるよ」とかが載ってます。

その他にもTVCMは729本、新聞広告は5,561段、ポスター1,074タイプが
一冊の本になったもので、
広告に興味がない人にとってはどうでもいい本かもしれませんが、
私はこれで土日をすごせます。

多分、ご飯も食べられるかと思います。

「TUGBOAT」はだいたい4人おり(他にも「TUGBOAT2」とかある)、
その中のお一人、岡康道さんのお話を大学生の時に聞いた。
その時は正直、全く知らなかったが
広告の面白さ、CM製作の裏話をガンガンしてくれ、
例えば、ビクターさんのビデオムービー(商品名忘れる)で
「ビデオだ」

写真2.jpg

と言って踊りだすCMの時は
部下(多田琢さん)に日本語を一切使わず英語だけで
作るように、といったようなことを今でも覚えてます。

その話で広告関係の仕事に就こうかな、と。
その前から思ってましたが。

今は海外でも通用するお仕事を目指して
ロンドンにもオフィスが。


実は5年くらい前にお仕事をする機会があったのだが、
いろんな事情で、その時は他社さんとすることになった。

以来、オリエンテーションにも来てくれなくなった。
それが原因かどうかはわかりませんが。

多分、お忙しいのでしょうね。
競合の関係とかもありますし。
posted by そういちろう at 08:29| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: