2010年04月28日

操作方法を忘れる

母親は何かあると
携帯に電話をかけてくる。
まぁいいですが。

一緒に住んでいるのだが、
朝は母親が起きる前に会社に行くし、
帰りは母親は既に寝ている時もある。

父親もいるが、
20時に帰って家が真っ暗な時もある。

この前も携帯の操作方法を忘れたので電話が。
当然、仕事中。
だが、さも仕事の電話のように周りに振舞う。
バレてますが。

どうやら携帯で撮った写真を
メールに添付して送りたいが
忘れたので教えてくれ、と。

ここでまず間違いを起こしている。
操作したい携帯で電話をかけてきている。
家の固定電話からかけないと
同時に操作ができない、
ということを理解しないといけないのだが、
それどころではないらしい。

一応、教えたが
「覚えられるかな」
と自分でも言っていた。
それはそうだろう。
覚えられるわけない。

だが、奇跡的に写真を送れた様子。
問題は本人に送った意思がないこと。
どうやって送ったのかも分からないので
先方が別の写真も欲しかったのだが、
「息子が帰ってくるまでムリ」
と放棄したらしい。

さすがだね。

アクオス携帯で高機能過ぎるのが
よくないのかも。

加齢からくる痴呆によるボケなのか、
天然なのかいまだに分かりません。
posted by そういちろう at 07:59| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば昨日ネコの写真が来たぞ。
操作ができるか実験のつもりだったのだろうか?
Posted by 一番上の姉 at 2010年04月28日 08:38
一番上の姉へ

いや、それは私が撮って
母親が気に入って、
送ってあげようと言ってた。
Posted by そういち at 2010年04月28日 08:49
仕事のふりして操作を教えてあげるあたりは素晴らしい。お母様には親切丁寧をモットーに接してあげてくださいませ。
Posted by 木曽路 at 2010年04月28日 10:07
木曽路さんへ

覚えようとしないのか、
忘れてしまうのか、
この辺が難しいですが、
年齢も年齢なので
気を長くしようかと。
Posted by そういち at 2010年04月28日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: