2010年07月30日

第6回JaM Media Session in Tokyo

火曜日は大柴ひさみさん
第6回JaM Media Session in Tokyo
「ソーシャルメディアによるブランドエンゲージメント」に参加。

今回も東急エージェンシーさんにて。
ちなみに前回の模様はこちら

前々回はこちら


いつものようにまずはドーナツを食べました。
今回もマイクなしで。
違うセミナーでのアンケートにて
声が大きくうるさかったです、という方がいたみたいで。。。
内容はともかく、プレゼンが
とてもうまいのも楽しみのひとつです。

あ、きちんと読みたい方は他のブログを
探した方がいいと思います。
ドーナツ食べながら、ノートに書いて、
ツイッターをしながら聞いていたので、
認識等が間違っている可能性大です。

ハッシュタグは#JMS
(今見たらなんか探せないです。。。)
でしたのでさかのぼってください。
その方が正確です。

ついでに今日は長いです。
昨日夜に書きましたので。
長いブログは個人的にも好きではないので、
こちらのゲームで遊ぶのもありです。


では、ほぼ時系列的に。

まずは
ソーシャルメディア革命。



ソーシャルメディアは流行ではない、ということ。
8組に1組はソーシャルメディアで出会い結婚した。
(大柴さんの親戚お2人も再婚したみたいです。
 アメリカでは50代女性比率が上がっているとのこと。
 フェースブック。)

2008年にはツイッターでプロポーズも

返事はこれ


私は一回も結婚したことないですが、
これは直接言った方がいいのでは。
でも、海外ではテレビ番組中とかありますし、
その延長なのかな、と思いました。


アメリカではフェースブックがまだ主流で、
ネットユーザの71%が利用(日本は3%くらいかな)。
ちなみにフェースブックがトップでない国は
ロシア、中国、韓国、日本みたいです。
なので日本に力を入れている。
人材とか外から見ていてもそんな感じですね。
なんとなく、普通の携帯の対応が
ポイントかと思いますが、
そもそものインターフェイスが
なんか合わないかと思います。

ツイッターの認知率は高いですが、
アクティブ率は10%くらいとか(でも連動は多い)。

フェースブックのステータスを変えることが多く、
結婚式の最中に独身から既婚に変えることも。



もうインフラに近いかと。
私はアカウントを作っているだけですが(ほぼ放置)。

「Likeの時代」のようで1日30億回クリックされている。
(「いいね」ボタンかな)
グーグルが「Link検索」でフェースブックが「Like検索」。

そして動詞化に。
facebooked、friendingの時代。

マーケティング的には
フェースブックにアカウントがないと
どこでコミュニケーションするの?という状況。

フェースブックの活用事例で
FARM ViLLE」を。
家族間で行っており、おばあちゃんと孫が
チキンを交換(実物ではなくゲーム内)。
インターフェースが優しいのかと。
直感的に分かるような。
やったことないので詳しくは分かりませんが。。。

昔はCPO(チーフ ピープル オフィサー)だったが
今はCCEO(チーフ コンシューマーエンゲージメント オフィサー)に。

EメールはColdで生活者が分かる言葉でコミュニケーションを。

ブログを書いてもらう→前世紀的。
思わず共有したくなるものへ。
me,meではなく、you,youと他の人に話すように励ますように。

『How to Win Friends and Influence People』から学ぶことは、
”Be a good listener, Encourage others to talk about themselves”

人々があなたを好きになる6つのやり方として、
・他の人たちのことに、心から興味を持とう
・微笑もう(ツイッターのアカウントも笑顔の写真で)
・人の名前はどんな言語においても、
 その人にとって最も優しく重要なサウンドであることを思い出してほしい
・良い聞き手になろう。他の人たちが自分のことを話すように励まそう
・他の人たちの興味に沿った言葉で話そう
・他の人たちが自分を重要だと感じるようにしよう、
 またそれを真摯にやろう

今回のポイントは個人的にはここかと。
コミュニケーションの基本ですが難しいです。
特に「良い聞き手になろう。
 他の人たちが自分のことを話すように励まそう」と。

最後に思わず共有したくなる瞬間は、
・AHA!(意外なこと)
・Wow!(驚き)
・Happy(うれしい)
・Agree(納得)
・Oh,Yeah!(叫び)
・Great(価値)
と。
楽しいこととかは共有したくなるものを
作ることが大事。
確かにそうかと。

この後は質疑応答で毎回、ここも盛り上がります。
覚えている範囲ですと、
ツイッター、フェースブック、ユーチューブは3点セット。
ソーシャルメディアをハブに広げる。
企業のサイトはブローシャーであり、
フェースブック内にファンページを設置し、
そこに集める(というかフェースブックに既に人がいるので)

こんな感じで今回もいろいろ勉強になりました。
が、消化できず、仕事に生かせるか全く自信がありません。。。
お客さまの心を動かすのは難しい、
ということを再認識。

YouTube時代の...

YouTube時代の...

価格:1,680円(税込、送料別)

posted by そういちろう at 08:25| Comment(0) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: