2010年08月12日

もはや驚かない

昨日、家に帰ると
母親が子守りのバイトをしている女の子が。
いつものようにお母さんの仕事が
遅くなるのかと思ったら、
今回はお泊り。

そろそろバイトも終わるのか、
記念にでしょうか。

21時半には寝て、
朝、見てみたら犬と仲良く寝てました。
どうやったらそこまで行って、
何回転したら、そんな寝相になるのか、
という状態で。

案の定、朝のキッチンで母親が
「おまえの小さい頃もあんなだった」
と。

みんなそうだろ、小さい頃は。

しかし、我が家の2階はすごく暑い。
母親の部屋はエアコンはない。
大丈夫だっただろうか。
これも何かの記念に。

今は話しかけてくれたり、
ポケモングッズとか
手作りの小物をくれたりしますが、
5年後とかは道ですれ違っても
無視されるのだろうな、きっと。
私は話しかけますが、
すれ違っても多分、分からないだろうな、普通に。
posted by そういちろう at 08:12| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: