2010年10月26日

シャンパンのコルクの酒石

昨日のブログに書いたことは家での二番目の姉の誕生日での出来事。
誕生日は上旬でとっくに過ぎたのだが
なんとなくみなのタイミングが合わずに日曜に。
いつもなら家の近所の木曽路に行くのだが、
早い段階で満席とのことだったので
家でやることに。
もうすぐ40歳なのに。

お昼を家で食べることにしたので、
家族の何となくの雰囲気から、
お前のシャンパンを開けろ、という感じだったので、
開けたシャンパンはローランペリエ・グランシェクル

写真2.JPG

いい値段である。
正直、家族向けに開けるのはもったいない。
ひとり1杯で終わったし。

こういう時に限って
コルクにはダイヤモンドのような酒石(結晶かな)のようなものが付着。
おしゃれですね。

写真.JPG

ガティノワに付いていたことがあるが、
人生で2回目くらいの貴重な経験を家族で・・・

あまり言うと、せこい男と思われるのでこの辺で。
posted by そういちろう at 08:22| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: