2010年11月01日

ad:tech tokyo 2010 2日目

金曜は会社で少し仕事をしてから
午後からad:tech tokyo 2010に。
ちなみに初日はこちら

拝聴したのは、
・戦略面から見直すリードジェネレーションと
 カスタマーロイヤリティ
・デジタルOOHが実現するPC/モバイル機器を
 超越する双方向性
・新たなるコンテンツ・プラットフォームは
 我々の未来を変えるか
・マーケターのチャレンジ:「デジタル・マーケティング」か、
 それとも「デジタルの世界に向けたマーケティング」か?

の前に会場に着いたら、
元ライブドアのお二人、堀江さんと田端さんが
しゃべってました。

写真2.JPG

さすが著名人のお二人、人がすごかったです。
すごかったので写真を撮っただけですが。

最初の戦略面から見直すリードジェネレーションと
カスタマーロイヤリティはワコールさん、NECさん、ロボットさん。
ワコール大藪さんは
「お客さまは教科書通りに動いてくれない」
というのが確かに、と。
NEC朝火さんは
「宣伝部は営業本部の中にあり、
 営業貢献がミッション」
「wisdomのサイトではNECのロゴは使ってない」
「施策を重ねて確度の高い見込み客へ」
と忘れそうなことを思い出させてくれました。
ロボットの加藤さんは
映画の宣伝プロモーションでは
「・長期間のプロモーション
 ・マスと地上戦の橋渡し役
 ・ファン作りと動員力が重要」
と。
コミュニティは最強の協力者で
優秀な宣伝スタッフというのは印象深かったです。

次はデジタルOOHが実現するPC/モバイル機器を
超越する双方向性。
花王の本間さんと大柴さんがメインで。
花王の本間さんはモデレーターが
いつものように上手だったし、大柴さんはいつものように
面白かった。

紹介されたものは
ESPNの動画で





これ。
さすがに気になってやってみますし、見ます。

後はイタリアでのINGのヒューマンサイネージ。

写真.JPG

写りが悪いですが人間です。
車の運転手や通行人にしゃべったりしてました。
まず、日本ではムリかと。

の次の最後のセッションは
電通、さとなおさんの新たなるコンテンツ・プラットフォームは
我々の未来を変えるか。
田端さんの
「コンテンツではなくブランドについてくる」
とか
さとなおさんの
「コンテンツがダメだったり、育たないと
 プラットフォームは死んでいく」
というのがなるほどと。

最後のキーノートはシティバンク銀行のHunt氏。
「マーケターは新しいものに飛ぶ付き過ぎ」
 (セカンドライフは世界を変えなかった)
「会話がマーケター。価値を変換しよう」
とかそんな感じでした。
英語だったので詳細は分からず。

とにかく濃い2日間で
当然ながら英語もあるので、
そんな中、理解してノートに書きながら
ツイッターで発信するのはムリです。
でも会場には無料のwi-fiもあり、
去年もそうでしたが、ヤバイな、実践しないと
と再確認できたのが一番、良かったかも。
懐かしい人に会えたのも良かったですが。

最後に、東急の菊井さんも言ってましたが
 文句言うだけなら誰でもできる。
 実現した武富さんはやはり素晴らしい。
 武富さん、そして皆さん、今年も本当にありがとうございました

そうですね、最近は評論家が多い気がします。
なら、やってみろ、と。
もうやってない人の意見は聞かないようにしてます。

武富さん、お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
posted by そういちろう at 08:45| Comment(2) | マーケティングとか広告とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「文句言うだけなら誰でもできる」
ほんと、これは実感してますし、私の場合は自分も気をつけようと思う今日この頃です。

ならやってみろボケ!と私はいつも思ってます。
(時々言ってるような気もします。)
Posted by こがちゃん at 2010年11月04日 16:17
こがちゃんさんへ

まぁ、私の場合、
文句しか言わないですが。
気をつけないと。。。
Posted by そういち at 2010年11月04日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: