2011年01月25日

どぜう 飯田屋

日曜の昼は浅草の「どぜう 飯田屋」で食事。
初めて浅草に行ったのはいつだろう。
中学か高校の遠足かもしれない。
その前に上野から2階建てのバスに乗るために
行ったことがあるかもしれないが、まぁいい。

浅草と言えば、どぜうと今半のイメージ。
土曜にツイッターで浅草の飯田屋のことが
流れてきたので行ってみようかと。

メニューを見ると冬季限定に
かき鍋となまず鍋が。
かき鍋はあるが、なまず。
これは食べてみよう。
鰻に似ているし。

鍋はテーブルにあり
煮詰まってから食べるのだが、
正直、グロテスクな感じできた。
生とは言わないが、形が分かる。
ひげがあったし。
多分、半身で。

感想としては、思いのほか骨が多く、
背骨的なものがあった。
なまずと知らなかったら、
すごく美味しいかと。
良くも悪くも最初の原型を見たので。

後は横の席のおばちゃんが、
いろいろ情報をくれた。

骨を見て、

「あ、どぜうならそれではなく、
 ほねぬき鍋がいいよ」

「なまずなんですよ」

と言ってもガンガン話を進め、

「だからほねぬき鍋が。
 私も以前、隣の人に教えてもらったし。
 あ、あと中華ならどこそこ。
 あんこ餅はあそこが4個で200円で安いよ」

とか止まらなかった。
スーパーのおおぜきのビニール袋を持っていたので
地元の人かと思います。

話の半分以上はお互い、聞いてませんでしたが、
記憶に残るおばちゃんだった。
posted by そういちろう at 08:17| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: