2011年02月08日

プラハ

生きてます。

プラハの空港からタクシーでホテルに。
またもアメックスからの贈り物が。

DSC02565.JPG

荷物を置いてインターコンチをすぐに出て近くを探索。
だいたいの観光名所には歩いて行ける場所にありました。

これは火薬庫跡みたいです。

DSC02586.JPG

これは何だか忘れました。
広場にあって旧市庁舎だったかと。
ぶれましたが真ん中に聖母マリア様がいたような気がします。

DSC02598.JPG

これにて1日目終了。


次の日は朝から行動。

まずはミッシャ美術館に。
行くまでの道にフーターズの広告が。

DSC02625.JPG

行こうと思いましたが止めました。

まずはミッシャ美術館。

DSC02627.JPG

そんなに広くなく15分くらいで見終わりました。
というか正確にはどういう人か知りません。。。

DSC02658.JPG

それから地下鉄に乗って今度はカフカ博物館に。
「変身」のカフカ。
4回くらい結婚していたみたいです。

DSC02672.JPG

入り口の像。

DSC02675.JPG

なかなか面白く日本語の冊子で各展示物の
説明があって分かりやすかったです。
ここはおすすめかと。
全体的に暗いですが。
なんか家族との間にいろいろあったみたいで、
あの「変身」が生まれたのかと。

そこから坂道を登りストラホフ修道院に。
途中にはヨーロッパによくあるようなものが。
確かに犬を散歩している人が多い。
フランスに行った時も踏んだ記憶がある。
これはこのゴミ袋に入れましょう、
ということかと。

DSC02699.JPG

ここの図書館が見たくて。
あいにく昼休み(12時―13時)で
隣のパブでビールを飲み時間をつぶして入館。

DSC02711.JPG

入るのに600円くらいで写真を撮るには
更に250円取られましたが、
すごかったので問題なし。
きれいでした。

DSC02722.JPG

写真5.JPG

写真6.JPG

DSC02736.JPG

中は入れませんでしたが、
見るだけでも十分。

さすがに疲れたので、
帰りはトラムに乗ってカレル橋まで。

DSC02767.JPG

犬は確かにいっぱいいました。
駅にもいっぱい散歩か一緒に旅行している感じで
トラムにも地下鉄にもバスにも
盲導犬が必要な方の席もありました。
エレベーターがある駅は問題ないのですが、
エスカレーターがすごく早く、
キャリーケースがあるだけで大変なのに、
大丈夫なのだろうか。
慣れか。

DSC02792.JPG

橋から歩いてホテルに。
すぐにあったので。


ホテルに着いたのが14時過ぎ。
歩き疲れたので
併設のSPAに行き、
スウェーデン式マッサージを30分。
6000円くらいで。

男性でしたのできつくお願いしたのですが、
きつすぎてまだ肩が痛く、
筋肉痛みたいです。

でも疲れが取れたかと。

この時点で16時。
そのまま寝てしまい、
20時頃に起きてホテルのレストランで
キレイな夜景を見ながら食事。
贅沢でした。
これにてプラハは終了。

今はプラハからウィーンに向かっている
列車の中でこのブログを書いてます。
(ブログにアップしたのはウィーンのホテルから)


プラハからウィーンへ列車で行く人への注意点ですが、
ウィーンはほとんどの駅をなぜか工事中です。

本来なら南駅行きですが、閉鎖しているので
行きません(終点はウィーン郊外)。

代替としてWien Meidling駅になります。
が、ここを通る地下鉄は中心部まで行かないので、
私はWien Simmering駅で降ります。
その方がホテル近くにある駅に1本で行けるので。

まぁ、何の参考にもならない情報ですが。
posted by そういちろう at 14:14| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: