2011年02月21日

帰ってきたREGZA Phone T-01C

購入して2日目で
タッチパネルが不良ということで
ドコモショップに入院していた
REGZA Phone T-01Cが帰ってきた。

写真.JPG

入院生活は15日にも及んだ。
そうなると代替できていたXperiaとの
別れが寂しかった。
使いなれてきていただけに。
一緒に旅行も行ったし。

ドコモショップで
「ほら、こうなって全く反応しないんですよ」
と店員さんと一緒にタッチパネルを触っていたのに
帰って来た時は
「再現できなかったが、一応、基盤を交換しました」
と。

んなことあるのだろうか。
あんなに触っても反応なかったのに。
店員さんは以前の人とは違うので、
この温度感の差を共有できる人がいない。

んなら修理に出す必要もなかったのでは、
と思うが確かに故障していたのは間違いない。

でも、おかげで今は快適です。
復帰から2日経ってますが、
今のところ問題はない。

なんだったのかいまだに分からないが、
発売してから店頭の品薄状態が続いている。
今でも一部のショップでは「入荷未定」の
文字を見る。

これも初期の出荷台数から
タッチパネルの不具合が見つかって
だいぶ出荷台数が少なくなったから、
とほんとかどうか分からないことを
ネットで見た。
やはり不良だっと思う。

基盤を取り替えたし、
思いのほか日数もかかったし。

まぁ確認なんてできませんが。
でも、快調です。
電池の減りが半端ないですが。
posted by そういちろう at 08:36| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: