2011年03月30日

KING KAZUのゴール

昨日は早く帰って家で
「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチがんばろうニッポン!
SAMURAI BLUE(日本代表) vs. Jリーグ TEAM AS ONE」
を。

正直、サッカーはキライな部類。
なんかダラダラしていて、
シミュレーションも多い。
すげー痛がっているのに、
すぐにダッシュで走っていたりして、
そんなに好きではない。
だけど代表戦とかFC東京とか欧州のはたまに見ます。
もしかしたら好きなのかもしれない。

カズが出場するので、
ゴールを決めたらいいな、と思っていたら
やはり決めた。



なんかWBC決勝のイチローのセンター前ヒットみたいだった。
これを生で見られた良かった。

スポーツ選手がこのような時に何かできるとしたら、
実際のスポーツではないだろうか。

しかしタイミングも重要で
この日にセリーグが開幕しなくて良かったと思う。
関東が中心だし。

サッカーは大阪での開催だったと思う。

3/25の日経新聞でカズはこう言っていた。(ほぼ毎週、スポーツ欄に書いている)

サッカーをやっている場合じゃないよな、と思う。
震災の悲惨な現実を前にすると、
サッカーが「なくてもいいもの」にみえる。医者に食料……、
必要なものから優先順位を付けていけば、
スポーツは一番に要らなくなりそうだ。

でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。
人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大事なものが学べる、
「あった方がいいもの」のはずだと。

未曽有の悲劇からまだ日は浅く、被災された方々は
いまだにつらい日々を送っている。余裕などなく、
水も食べるものもなく、家が流され、
大切な人を失った心の痛みは2週間では癒やされはしない。

そうした人々にサッカーで力を与えられるとは思えない。
むしろ逆だ。身を削る思いで必死に生きる方々、
命をかけて仕事にあたるみなさんから、
僕らの方が勇気をもらっているのだから。


ちょっとサッカーが好きになりました。
posted by そういちろう at 08:19| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: