2012年04月05日

武蔵境駅の改札が変化した

先々週の日曜くらいに武蔵境駅の改札位置が変わった。
長かった。
これによって改札からホームまでの距離が短くなった。

過去最高に面倒だったのが、
3年くらい前で地上から一旦、3階まで上がり、
改札の2階に下がる、というとても不便な構造だったが、
改札も地上になり、スムーズにホームに行けるようになった。

これまでは改札は地上にあるが、
上りの東京方面に行くのがすごい面倒で、
階段を多く登ってぐるっと回ってホームに着いた。
なので、東京方面に行く時はなるべく三鷹駅を使うようにしていた。

今ではバスを降りてすぐに改札があり、
改札を通過するとすぐに各方面へのエスカレーターがあり、
とっても快適。

逆もそうで、電車を降りるとすぐにエスカレーターがあり、
すぐに改札があり、すぐにバス停に着く。
こっちもとっても快適である。

まだ構内の工事は進んでいて、
どんどん変わりそうである。
改札を抜けるとジューススタンドとかももうすぐできそうである。

中央線はほぼ高架になっているので、
車での南北通過も踏み切りがなく、快適。
昔は開かずの踏み切りで駅の反対側の病院に行くのも大変であった。
小学生の頃には踏み切りに人がいて、
人力によって踏み切りが上がったり、下がったりしていた。
だいぶ変わった。

父親は先週くらいに知らずに行って、
改札に行くのに一瞬、迷ったと言う。
地元に住んでいてもそのくらいの変化である。
久しぶりに来る人は戸惑うと思う。
昔を知っている人は。

初めて来る人は何も感じないと思いますが。

中央線高架化による工事と駅の工事。
この二つの重なってものすごく不便だったが、
やっと解消された。
まだ途中っぽいけど。
とにかく便利になってよかった。
posted by そういちろう at 08:59| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: