2012年05月02日

プラレール博

木更津アウトレットに行く前に
幕張メッセで行われているプラレール博に寄る。
仕事関係でもある。
趣味でもあるが。

幕張メッセに着いたのが午後だったので、
帰る車もあり、そんなに待たずに停められた。
電車で行くと遠いので車は便利だ。

プラレール博のホール前に行くと列が。
並ぶのは正直、イヤだが流れている。
止まっているのではなく、ゆっくり歩いているので、
すぐに入れるな、と思い並んだが間違いだった。
入れると思ったが、列が途中で曲がっていて
更に並んでいたことが分かった。

写真 (4).JPG

この瞬間、帰ろうかと思った。
1時間並んで入場。

写真 (3).JPG

入場特典はドクターイエローとスカイライナーの中間車両。
中間車両がポイントでこれだけでは遊べない。
何かに付けないと走らない。
まぁいいけど。

中には大きなプラレールに乗れたり、自由にプラレールで
遊べるコーナーもあるがすごい人でどれも60分待つ感じであった。
なので、主にプラレールのレイアウトを見ることに。

写真.JPG

写真 (1).JPG

ちびっ子は微動だにせずに見ていた。
私の小さい頃、ここに来ていたら同じことをしていたと思う。
多分、何時間でも疲れるまで見ていたと思います。
しかし大人なので写真を撮るくらいで退散。

ちなみにここが一番良かった。
豪華競演である。

写真 (2).JPG

とにかく、すごい人。
物販のレジもすごい列だったので
20分くらいで出てしまった。
一応、ムービーが流れているかは確認しましたが。

同じ時間の前の日(初日)に行った人は
待ち時間0分で中の遊戯もそんなに待たずに遊べたと。
やはりこういうのは初日の方がいい。
なぜなら、開催していること自体がやはり知られていない。
(広告とかはスルーする)
しかし、ニュースで放映したり、ツイッターとかで
流れてきて存在を知り、行ってみよう、となるのではないかと思う。

リアルな体験を語る(テレビの取材とかブログの感想とか)ことで、
人は動くのだと思う。
リアルな体験、他人のリアルな体験というのは
一番、心を動かすと思う。
TVCMで心が動くことがあるが、
インターネット広告に長く携わっているが、
心が動いたことはあるだろうか。
大きな声では言えないが、あんまりない。
TVCMで泣いたことはあるが、
インターネット広告ではない。
これは表示領域の差だろうか。

と言うことを幕張メッセで感じた訳ではなく、
なんとく、今、書いていて思いました。
posted by そういちろう at 09:01| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: