2012年12月25日

みの家

日曜、止せば良いのに汐留のウィンズに。
有馬記念である。
天皇賞でのデムーロ騎手がかっこよかったので、
総流しで買おうと。
(本来は違反らしいが、
 7年ぶりの天皇陛下がご観覧しており、
 跪いて礼をした。イタリア人は絵になる。
 JRAは「陛下の前で不正があるはずもない」という粋なコメントも)



でも、行ってみたら風邪で騎手が変わっていた。。。

写真.JPG

もう予想するのはどうでも良くなり、
適当に買ったら当然外れた。
当たるわけがない。

でもまぁ、お腹も空いたし、温かいものということで、
森下にあるみの家へ。
桜なべである。
たまたまとしか言いようがない。

そもそも昔の人が吉原の支払いのために
馬をその代金にしたところ、横浜で牛なべが流行っているのを知り、
なべにした模様。
これがヒットし、今度は逆に「蹴飛ばし」という
吉原に行く前に食べる習慣ができたとのこと。

ここ、まずは渋いです。
東京大空襲で被災したが、
木場が近いことから「みの家はしっかりした木を」、
ということで採算度外視で木場の職人が木を入れたとのこと。

なので当然、渋い。
下足箱もありますし。

写真 (3).JPG

味噌で溶いてすき焼きのように卵で食べる。
豆腐はなべにうまく入るように斜めに切ってある。

写真 (2).JPG

飲み物はビール、日本酒、なぜかワインが。
で、焼酎がない。
ウーロンハイがなく、他のお客さんも聞いていた。
だが、馬肉にはワインが合うかもしれない。
ビールでも合いますし。
ちなみに馬肉の消費世界一は確かフランスだったと思う。
日本以上に消費している。

馬刺しも食べたが
桜なべは初めて食べた。
あっさりしていて美味しく、
そんなに高くもない。
1人前で2000円以内であるし。
繰り返すが、お店が渋い。
予約は4人以上だが、逆に4人以下では何とでもなるのだろう。

食べていて気が付いたが、
回転率は良いかもしれない。
基本は単品なべ。
豚もあるが、1人前を頼んで追加で豆腐を頼んでも
1時間もすれば食べるものがない。
だいぶ後に来た男性組は先に帰っていたし、
一通り食べるとどうしていいのかも分からないので、
回転率は良い。

お店はトラブル防止か、

写真 (1).JPG

放歌禁止である。
食べたところで会計をすると札をもらえ、

写真.JPG

最後に下足係りの人に渡す。
きちんと専門の人がいる。
冬はなべがいい。
日本には四季があるので、
季節にあったものを楽しむのが良いと思う。
posted by そういちろう at 09:25| Comment(0) | 食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: