2013年10月08日

いろりの里

土曜は二番目の姉の誕生日もあり、
車(NOTEで)で小平にあるいろりの里に。
30年ぶりくらいだが、家族には昔は好きで
よく連れて行け、と言っていたようだが、
一切の記憶がない。
来たような記憶はあるが、
家から遠いし車でないと行けない。
両親は免許がない。
となると祖父の車である。
夜になるので暗くて怖かった、
というのがやっとの記憶。
家族がだまして行ったことはない、
と言っても驚かないくらいだ。
おそらく行ったことはあると思うけど。

車で30分くらいで着く。
車以外でも中央線の国分寺から送迎バスが出ているが、
家からバスで武蔵境、中央線で国分寺となると
少し面倒だし、人数がいるならやっぱり車になる。

写真 (6).JPG

姉の誕生日とあって車の運転は私。
ノンアルコールビールとウーロン茶のみになる。
たまにはいいだろう。
なんで幼少の頃の私が好きだったかは、
汽車で料理を運ぶからだ。

写真 (5).JPG

このように汽車で料理が来る。
窓側にレールがあり、そこを汽車が走る仕組み。

写真 (4).JPG

隣の個室へ料理を運ぶ時も部屋の前を通るので
写真を撮ることができる。
その度に他のお客の子どもの歓声のような声が聞こえる。
小さい頃の私もそうだったのかもしれないが、
個室の記憶はない。
大きな部屋の中でいろりの周りを走っていたような記憶はある。

汽車の後ろには貨物のようなものに料理が入っている。

写真 (3).JPG

すき焼きである。

写真 (2).JPG

大勢で食べるには中華やしゃぶしゃぶ、すき焼きがいい。
ちなみに運ばれるのはすき焼きの中身とデザート。
飲み物は店員の人が運んでくれる。
すき焼きは久しぶりだったのもあり、
お肉は美味しく、最後のうどんを完食するのがきつかった。
お肉に関していいお肉だったのかもしれないが、
いつも行く木曽路のお肉よりも美味しく感じた。
中庭があって風情があったのもあるかもしれない。

大人が行ってもお肉は美味しいし、
充分に楽しめるが、子どもはやっぱり嬉しいし楽しいだろう。
やっぱり私は来ていて、何回も連れて行け、
と言っていたのかもしれない。
ほんとに記憶があまりないけど。
posted by そういちろう at 07:12| Comment(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: