2013年11月06日

偽装表示

大阪のホテルで見つかった、
レストランでの誤表記や偽装表示、
これはこれからも出てくるかと。
よくあるのはシャンパンと書いてあるが、
スパークリングワインとして出てくるのはよくある。
これは偽装表示というより誤表記というよりも、
ただ単にお店側が知らないからかと思う。

シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方のもので、
瓶内二次発酵してぶどうも決まってる。
AOCだが忘れたがフランスのワイン法で決まっている。
そんなことは普通は知らない。
シュワシュワしていたらシャンパンだと思うのが普通だろう。
シャンパンとは、と言って上記のことを言っても
めんどくさい奴と思われるだろう。
こんなものだ。

エビのブラックタイガーを車エビとして
出していたところもあるが、
普通は分かりそうだが、何年もやっていたらなら、
料理人のソースが上手なので、
それはそれで料理人の才能があるのかもしれない。
お店の雰囲気が良くてほどほどの金額で、
美味しかったら良いかな、と思う。
ファストフード世代なので味はあまり分からないし。
posted by そういちろう at 07:08| Comment(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: