2014年10月07日

八丈島最終日午後

まだレンタカーを返す時間には早いので、
カフェ「空間舎」でお茶をする。
山の中腹にある感じで晴れていたら、
海が見えそうだが見えない。
ここも道から脇道に入り、トトロがいそうな
森の中を走る。
対向車が来たらバックするしかない道だ。
お店は人気らしくレンタカーばかりだったが、
駐車場に車を停められてお店に入り、
並ばずに座れた。

暖かいハーブティーを注文したが、
少し小腹が空いたのであしたばケーキもその後に注文。
後から来た人が注文していたが、
売切れと言われていたので、注文してよかった。
ちなみにここでも飲み物は400円だった、
八丈島のカフェでは均一料金なのだろうか。
レンタカーを返す時間まで過ごして、
返しに行く。
15時に借りたので15時に帰すのが効率が良い。

もうやり残したことはないくらいに、
八丈島を楽しんだ。
ガソリンは離島ということもあり高かったが、
そこは軽だ。
最終日まで一回も給油することはなく、
満タンでも3000円弱。
軽の良さだ。
その変わりにパワーがないので急坂に弱いが、
普通に乗る分ならば軽で十分である。

空港まで車で送ってもらい、お土産を見る。
荷物を預けたいがまだ時間があるので、
空港のレストランに。
島寿司はもう残っていなかった。
焼酎セットが600円と安いのに1合もあり、
今までレンタカーだったのでお昼にお酒を飲むのは
久しぶりになる。

DSC03833.JPG

お土産に焼酎を購入して後は飛行機に乗るだけだ。
ANAからは天候調査の結果メールが来なく、
空港で確認する。
まだ調査中となっているが、
荷物は預けた。
雨はピークよりは弱まってきている。
14時の2便が飛んだので大丈夫だと思うが、
帰る飛行機が着陸するまでは分からない。

飛ばなかったら、もう1泊すればいいし、
それはそれで別の楽しみもあるし、
翌日の予定はないのでどっちでも良かった。
ただ、もう1泊しても見るべきところ、
行っておいた方がいい所はもうない。
レンタカーはもう返したし。
宿がないことはないだろう。
着陸しなかったら、その飛行機に乗っている人が
キャンセルになるから宿も大丈夫だと思うし。

ということを考えていたが、無事に飛行機は着陸した。

DSC03834.JPG

あとは離陸だけだ。
離陸よりも着陸の方が風とかの影響が大きい。
ならば着陸したから離陸は問題ない。
雨はピーク時よりも弱まってきたが、
離陸の時にまた強くなってきた。
時間通りに搭乗が始まり、定刻よりも前にドアが閉まるが
ここからが長かった。

プッシュバックした後に10分くらい停まる。
滑走路は1本だけだが、他に飛行機はないので、
順番待ちではない。
天候待ちだろう。

離陸待ちのところまで行くがここでも
10分くらい待つ。
雨が強くなっている感じがする。
ここでやっぱ欠航とかになるのだろうか。
どっちでもいいから、シートベルトサインが消して欲しい。
焼酎の水割りを飲んだ影響でトイレに行きたい。。。
と思ったら無事に離陸。
サインが消えて速攻でトイレに行く。
席は一番後ろを取っていたので、こういう時に便利だ。

次の日かその次の日か忘れたが1日中欠航していたので、
ラッキーと言えばラッキーだった。
太平洋のポツンとあるし、空港は谷にある。
風による欠航が多いので条件付きフライトになる率は高い。

5日間も八丈島に居たので相当、詳しくなった。
必要なのは宿の予約とレンタカー。
バスは2時間に1本しかないし、
温泉とか施設とかから少し歩く。
行きたいカフェにもレンタカーは必要。
基本、山道なのでレンタサイクルは不向きだと思う。

今度は靴を持っていき、八丈富士を歩こう。
ジョギングもいいかもしれない。
島一周の道がちょうどフルマラソンの距離。
温泉で読んだ小学生の文集に一周マラソンか
歩き大会の文章があった。
が、アップダウンの山道なので、キツそうだ。
少しだけ走るくらいにしよう。

その前にまたマイルを貯めて飛行機代は無料になるようにして、
風による欠航を見越したスケジュールで。
船も楽しそうだが、マイルならお金がかからないし。
来年の秋くらいにANAの羽田−大島線が運休になるニュースを
見たので、運休になる前に。
南海タイムスでは旅行者が年々減っているとあったし、
帰ってから天気予報では八丈島の天気を見るようにもなったし。
posted by そういちろう at 07:15| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: