2014年11月12日

ノースフェイス

ノースフェイスが好きなので、
何着か持っている。
長くて5年くらい着ているものもあり、
古くなっている。
これはしょうがない。
その中で3、4年くらいしか着ていない
薄いジャケットがあるが内側の素材が
ボロボロと剥がれてきてしまった。
首に白いものが着いていたので
最初は何か分からなかったが
ジャケットの防水の素材が剥がれて着ているのが分かった。

まずはネットで調べると二つ方法があり、
お店に持って行くのと自分で直す方法。
自分で直すには他のメーカーの生地を買って
貼るというものだが自信がない。
調べると丸の内に店舗があるので持って行った方が早いので、
メーカーに頼むことにした。
工場に見てもらったが生地が劣化しすぎていて、
修理代で新品が買えます、とのこと。
そんなものだろう。
では修理をする人がいるのか疑問に思ったが、
しょうがない。

ボロボロこぼれるのはいろいろと面倒くさい。
なので剥がれている部分を最初から自分で剥がそうと思う。
これならばもう剥がれることはない。
防水効果は薄まるが、雨の時は外出しないし、
アウトドアで着る機会はない。
となるとノースフェイスでなくていいと思うが、
そういう問題でもない。
ややこしいがしょうがない。
posted by そういちろう at 07:19| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: