2014年12月09日

シンデレラデート

11月からやっている「シンデレラデート」を録画して、
週末に見ることにしている。
東海テレビが制作し東京ならフジテレビで13時半からで、
その影響か神奈川、主に横浜がロケ地として使われている。
面白いか面白くないかはあまり関係なく、
星野真里さんが主演なので見ている。
普通のドラマに比べてスピードが遅い感じがするが、
まぁあまり関係ない。
30分だし、2ヶ月なので、他のドラマと比べると2クール、
半年以上なので時間だけは長い。

内容は結婚している高校教師の星野真里さんが
新聞記者の人と恋に落ちるというもの。
それに紐付き関係者に問題が起こるという感じだ。
ある意味、録画を見るのが楽しみである。

そんな時に先週、TBSでやっていた「全盲の僕が弁護士になった理由」
録画した。
正確には録画されていた。
ブルーレイで特定のワードを登録するとそのワードのものが
録画されるという便利な機能で「星野真里」で登録しているので、
録画された。
当然ながら再放送とかも録画されるので何回か見たものも録画される。
そんなことはいいのだが、「全盲の僕が弁護士になった理由」で
全盲の弁護士に相談する役に星野真里さんだった。
夫のDVで離婚したい、というものだが
その夫役の人が「シンデレラデート」で恋に落ちる新聞記者役の
眞島秀和さんだった。
調べたが同じ事務所ではなかった。
たまたまなのだろうが、
なんとなく「シンデレラデート」の続編のように思えた。
放送の時期が重なっているので。
夫と別れて新聞記者役の眞島秀和さんと結婚してDVになったという設定。
結果、DVはどうでもよくて星野真里さんが新しい恋人ができて
離婚したかっただけ、という設定だったが。

「シンデレラデート」、岡江久美子さんとか井上順さんとかも
出演されているので昼間の時間帯としては豪華だ。
ただ夫役の陣内智則さんがどうも芝居に違和感がある。
本来はお笑いの人なのでしょうがないが、
どうにかならないのか、という感じだ。
それもある意味で面白い。
posted by そういちろう at 07:20| Comment(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: