2015年02月17日

第49回青梅マラソン

スタート前に並ぶ前に最後に近くの公園で
トイレに行く。
長い行列だが、男性用だしすぐにくるかと思ったら
20分は待つことになった。
ただ屈伸とかストレッチができたので良かったかも。

写真 3.JPG

11時半にスタートしたが、
スタート地点を過ぎるのに7分くらいかかるが、
これはどの大会でも同じこと。
そんなに速くないので、いつも後ろの方になるので
しょうがない。
遅い人が前にいると大渋滞になるし。

DSC_0041.jpg

最初は6分半を目指して走る。
折り返しの15キロまではほとんど上り坂。
箱根駅伝の5区の感じ。
なので折り返し後は下り坂。
箱根駅伝の6区の感じ。
箱根の5区6区を独りで走るのに似ている。
上りきれば下るだけ。
10キロのベストは54分。
ハーフのベストが2時間10分。
なので6分半のペースでいけば30キロは3時間15分。
ムリではない。
そして15時56分には帰りの電車も予約しているので、
リタイアはできないし、そこそこの時間で戻ってこないとダメだ。

沿道の応援は太鼓のグループが多かった。
青梅では太鼓は推奨しているのかもしれない。
青梅マラソンは東京マラソンより沿道の人との距離感が近い。
応援はうれしいからありがたい。
途中の10キロくらいで先頭グループとすれ違う。

DSC_0042.jpg

時計を見ながら走ってわけではないが、
たまに見ると特別遅い感じはしなかったし、
上り坂と言うのを踏まえると良い。
沿道にたまに見える時計を見ると少し足りない気がした。
でも自然は多いし、雪も見えるし、天気もよかったので、
残り10キロからペースを上げれば大丈夫と思った。
リュックを背負ってガス欠にならないように栄養あるものと
塩キャンディを持参していたし。

ただ21キロ付近にある上り坂がキツかった。
ボランティアの人がロッキーのテーマを流していたくらい。
ここを歩かずに上ったが、ここで力尽きた感じがした。
坂を上ってペースを上げるが上がらない。。。
基本、下りなのに。
膝が持たない。
風も強くなってきて、ものすごくツライ。
あと5キロが。
結局、3時間30分くらいでゴール。

写真.PNG

久しぶりの長距離なのでこんなものだろう。
坂対策をしなかったのがいけなかった。
そんな練習方法を知らないけど。

残り5キロで40分かかっている。
それまでなんとか35分前後で5キロを走っていたのに。
練習で25キロまでは走っていたが、
25キロ以上は3年前の東京マラソン以来になる。
走れるわけがない。
最後のハーフの大会も約2年前。
それは走れない。

ゴールしてからすぐに着替えて河辺駅に向かう。
駅は当然のように入場規制をしている。
駅は狭いし、ゴールする時間は同じくらい。
それは混雑している。
何とか帰りの青梅マラソン号に乗れて、
ゆったり帰った。

写真.JPG

今も背中と肩が痛い。
やはり1年に1回はハーフマラソンの大会に出よう。
ただしばらくは走りたくないけど。
posted by そういちろう at 07:25| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
Posted by しずく at 2015年02月22日 22:37
しずくさんへ

ありがとうございました!
Posted by そういちろう at 2015年02月23日 06:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: