2015年07月24日

碓氷峠鉄道文化むら

渋川で鮎を食べた後は電車を乗り継いで
横川駅まで行く。
釜飯しで有名で昔はここで機関車を連結させて
峠を登っていくために。
線路の間にもう一個レールがあり、
歯車のように噛み合わせてガッツリ固めていた。

写真 2 (2).JPG

そこに今は碓氷峠鉄道文化むらというのがある。
まずはトロッコ列車に乗ってみた。

写真 1 (3).JPG

今は新幹線ができたので横川と軽井沢間に電車は走っていない。
そこのレールを使っている。

写真 1.JPG

ちなみに今は両駅間をバスが走っている。

ここでの楽しみはシミューレーター。
ここで走っていた機関車EF63と昔の特急あさまのシミューレーターがある。
特急あさまは故障中だったがEF63は10分1000円でできる。

写真 2 (3).JPG

これはやるしかない。
大宮の鉄道博物館はちびっ子でいっぱいだが、
ここではほとんど並んでいないし大人だけだった。

写真 1 (4).JPG

中にボランティアの人がいて教えてくれるので安心。
この方は実際に横川と軽井沢間で運転していた人だった。

で、このシミューレーター、本格的である。
忠実すぎるのでバックで運転することになる。
なので先が見えない。
画面は後ろの風景だけが楽しめる。

写真 3 (2).JPG

シミューレーターの意味があるかは分からない。
結構、細かくて途中に猿がいたりする。
それもボランティアの人が教えてくれるので、
分かることになる。

あと博物館というは資料館もあるので、
歴史が分かるのでここも楽しみ。
1階にはお土産も売っているし。

帰りは駅で釜飯を買って電車で食べた。
あの容器、持ち帰れるが実際には使い道に困ると思う。
そもそも重いし。
親戚が長野県に多いので小さい頃はよく買っていた。
その容器は今も鉢植えとかになっていると思う。
か、割れたか。
posted by そういちろう at 07:08| Comment(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: