2016年03月01日

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁

土曜日は楽しみにしていた、
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁を見に日本橋まで。

このシリーズはNHKのBSで7本くらいやっているが、
現代版になっていて、スマートフォンとかブログとかが出てくる。
移動もタクシーだし。

映画は時代設定が現代だったり、昔だったりして、
何がなんだか分からなくなり、途中で寝てしまった。

テレビのシリーズも一回見ただけでは内容が理解できず、
何回も見てやっと内容が分かり、3回見たくらいで
なぜ謎解きができたのか分かるくらい難しいので、
映画を一回見ただけ、さらに途中で寝た人に内容が分かるわけがない。

分かったことは、ピストルで自殺した人は実は死んでいない、
ということでこのこと。
そもそもこのパターンはシャーロックに多い。
テレビのシリーズもモリアーティがそうかもしれない。
死体を誰も見ていないし。

あと映画の最初に説明があり、終わりにも出演者のインタビューがある。
絶対に見る価値があるかは微妙だが、そこまででもない。
パンフレットを買えばいいや、と思っていたが、
この映画、パンフレットがそもそもなかった。
最近の映画はパンフレットがないのだろうか。
これはもう一回、見ろということだな。
見ないけど。


posted by そういちろう at 07:30| Comment(0) | TV・映画・演劇・芸術等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: