2017年04月27日

育児休暇終了と保育園

育児休暇は5月で終わる。
当分無理であろう保育園に
まさかの5月から通えることになった。
それも家から一番近い公立認可に。
ラッキーだ。
これからの残りの人生の運、全てを使ったと思う。

住んでいるところは今年度の保育園落選率、
全国自治体で一番だった。
日本で一番保育園に入りにくい地域になる。
本当は4月から入れるようになれば良かったが、
産まれた日数が足りずにそもそも入る権利がない。
最短でも5月からなのでラッキーだ。
おそらく一番小さい保育園児になるかと。

なので働いていないと保育園に入ることはできず、
通う当月に復帰しないといけないので
同時に育児休暇を終了させないといけない。
区役所から当選の連絡があった時に
すぐに会社に連絡して調整した。
5月1日からだと子どもに何かあった時に
迎えにいけないのと、
会社が引っ越すのもあり
会社への復帰はもう少し先にした。
保育園にはゴールデンウィークもあり8日からになる。

今は保育園に必要なものを用意している。
そこまでうるさくないのでオムツカバーとかくらいだ。
布オムツの保育園なので。

昨日、保育園で面接と健康診断があった。
健康診断は問題ない。
持病も問題ない。
いろいろ質問してみたが、
最後に5月から入れることを質問してみた。
普通に考えれば欠員が出るとは考えにくい。
引っ越しとか転勤もありえるがどうだろうか。
それか決まったが辞退した。
この2つが考えられる。

後者の辞退ならば嫌だ。
施設か預ける人かどちらかに問題があるからだ。
心配していたが、どちらでもなく
収容人数を限界まであげたことにより、
欠員ということで5月から人数が増えたとのこと。
ついている。
そもそも年度の途中から保育園に入れるとは思っていなかった。
秋くらいに新設される保育園があるので、
そこを目標にしていた。

それか来年度。
来年度は申し込み時に育児休暇状態なのでポイントが心配だった。
だが来年度が現実的だったので会社には
1年以上が育児休暇になりそうだ、
なぜなら住んでいるところは保育園激戦区なので、
とサラリーマンらしくリスクヘッジをしていた。
だが人事、役員に先週、説明したらどこか双方とも拍子抜けした。
それでも会社は問題なかった。
いてもいなくても大差ない人材なのだろう。

産まれて三ヶ月くらいで保育園に預けることになる。
まだまだ小さいのに預けることに賛否があるが、
こちらも生活がかかっている。
本当は一緒にいた方がいいだろう。
本音を言えばそうだ。
ただ、今の保育園の状態を総合すると
0歳児から預けてそのまま上に進級しないとしんどい。
1歳、2歳から保育園に預けるのがいいと思うが、
23区と武蔵野三鷹地域ではほぼ無理だ。
家から歩いていける保育園に通わすとか。

なので今の状況を総合的に考えると
保育園が最高の選択肢。


posted by そういちろう at 00:46| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: