2018年11月27日

横浜マラソン2018と東京マラソン2019

前回のブログから一ヶ月空く。
その間にいろいろあるのだが、
生きていたら何かしらある。
ブログを書くよりも大切なことはある。

とりあえず、先月末に横浜マラソンがあった。
いつもが春にあるが、去年から秋で去年、当選した。
だが台風の影響で中止になり、そのまま今年の出走権となった。
走れる。
運営がグダグダで、一回目は42.195キロなくマラソン大会として認められない、
というくらいの運営なので、もう期待はしていない。
しかし、首都高速を走れるのが良いので、走ることに。
これがキツイのだが。

10月にあることは8月から練習しないと厳しい。
毎年、7月から9月は暑いので走るのを自粛しているので、
実質2カ月で調整するしかない。
走れるわけがない。

上野からは電車で一本なのと空いているトイレがどこかは分かる。
3年前にも走ったので、経験が生きる。

練習をほとんどしていないので、
完走を目指すが、同時に無理もしない。
なんとか折り返しに時間前に走れて、
いざ首都高速へ。
ここからがキツイ。
まず、高速に上がるまでが急な上り坂。
30キロ前に歩くと心が折れるのよくないが、歩くしかない。
その前に15キロくらいでもう心は折れていた。
身体は大丈夫だが、気持ちがダメだ。
かつ、ラッキー給食というアンパンをゲットできたのだが、
これが大きくで完食しなければ良かった。

高速は水はけの問題で斜めになっていて、走りにくい。
かつ海沿いで高い場所にあるので、風が当たる。
前半は暑かったが、後半は少し寒い。

高速の半分は歩いたであろう。
高速の関門は3分前に通過できた。

しかし次の32キロの関門で棄権となる。
10分前という惜しくも何ともないところで時間切れ。
初めて収容バスに乗り、荷物があるところに運ばれる。

これが時間がかかる。歩いた方が早いくらいに時間がかかった。
それはそうだ。ゴールまでは走っている人がいるので、
通行止めによる渋滞がある。
同じバスには気分が悪くなった人がいて降りていた。
それもツライ。

結果、去年の完走メダルをもらって帰宅。
32キロを走ったが身体は問題ない。
ほぼどこも痛くない。
全力でないからだ。

来年は秋にフルは止めよう。
無理があり過ぎる。せめてハーフだ。

次は1月の新宿ハーフ。
これは関門の時間が厳しいので、少しがんばらないといけない。
そして3月は東京マラソン。
昨日、二次抽選で当選してしまった。
2年連続4回目の出走。
新宿ハーフは必然、調整になる。

それにしても、人生の運は子どもの保育園の空きと
東京マラソンの当選でもうほとんどないと思っている。




posted by そういちろう at 09:02| Comment(2) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この運を年末ジャンボにいかせないだろうか
Posted by 0821japon at 2018年11月29日 08:30
そもそも買っていないからね。
Posted by そういちろう at 2018年11月29日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: