2016年05月27日

絵画

この前、実家から絵を持って帰ってきた。
母親の絵でこの前、個展みたいなものに出展していたもので、
それをもらった。

額縁が重厚で重い。
マンションなのであまり穴を開けたくないので、
両面テープをフックに付けるタイプに
掛けていたら6時間くらいで落下して
ガラスが割れた。。。

深夜にガラスを掃除するのは面倒だったが仕方ない。
たまたま近所に大きな画材屋さんがあったので
ものを見てもらって額を購入。

ファイル_000.jpeg

ぴったりに大きさはなかったので
中に少し入れるようなものがあり、
1週間ほどで完成。

ファイル_000.jpeg

今度は壁にかけずに下に置くことにした。
大きいので額が軽くてもやはり重いので。



posted by そういちろう at 06:52| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

ファブリックアート

土曜は国立まで行ってきた。
駅前の大学通りは桜がキレイで

ファイル_002.jpeg

道路を渋滞していた。
一橋大学があるからこの名称だと思うが、
国立や五商、桐朋、国立音楽とか高校も多い。

なぜ国立まで来たか言うと母親が趣味でやっている
ファブリックアートというのがあり、
その個展的なのをやっているからである。
年に一回くらいかもしれない。
以前も来たことがあるので。
調べたら二年前だった。

今回はゴッホの作品がこれが元の絵。

ファイル_001.jpeg

これが母親の作品。

ファイル_000.jpeg

なかなかではないだろうか。
以前のような独創的な面白さはない。
が、面白さを競うものでもないので
勉強したのだろうか。

手先を使う趣味があるのは、
年齢が高いので良いかもしれないし。


posted by そういちろう at 07:10| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

東京文化会館

日曜は土曜、急に電話が来て、
母親が九州に旅行に行ったので、
そのお土産を持っていく、ということで
上野でお昼を一緒に食べる。

直前まで台風の影響で飛行機が飛ぶかどうか
分からなかったが、1時間遅れで飛んだとか、
羽田空港までのリムジンバスに事前に乗車券を
買ったのにSuicaで乗ったとかの話がメインで、
九州の話は全く分からなかった。

どうせ、実家に帰ったら、話をしてくるので、
その時に聞こう。

上野でお昼となるとわりと難しい。
駅近くはそもそも混んでいる。
比較的に良いところは予約でいっぱい。
精養軒に電話したらこっちも予約でいっぱいだった。
悩む。
精養軒のウェブサイトを見ていると、
上野周辺にお店が多い。
東京国立博物館の中にもあったり上野らしい感じがする。

その中で駅から一番近い東京文化会館の中にも
レストランがあったのでそこにした。
電話しても
「予約は必要ないかと」
と言われる。
それはそれで不安だ。

写真 1.JPG

写真 2.JPG

お店に行くとわりと人で埋まっていて、
帰る頃には並んでいた。
喫茶店の延長のような感じだが、
そこそこしっかりしているので、
まぁいいかと。
精養軒でもあるし。
駅周辺と考えると空いているし、
年齢層は高いので良いかもしれない。

posted by そういちろう at 06:35| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

ファブリックアート展

日曜に母親と一番上の姉の誕生日が近いので、
実家に帰る。
その前に母親がファブリックアート展をやっているので、
見て来てと言われたので立ち寄った。

どういうものが良いのか分からないが、
趣味の範囲だと思うので、
作品ができれば充分なのだろう。
とりあえず、挨拶をしてギャラリーに入る。

狭いギャラリーだが、人は多かった。
知り合いとかなのだろう。
母親だけでなく、教室の生徒が出展しているので、
そもそもの母数が多い。
だが、母親の作品はなんとなく分かった。
他の方と違い斬新と言うか、枠に捕われない感じであった。

写真 2.JPG

写真 3.JPG

立体的だし、良いのか分からないが書き込みも見られる。
趣旨に反しているのでは、と思うが良いのだろう。
それも個性だ。
少し作品の前にいたが、通る人は
「個性が豊か」
「自由な発想」
とコメントしていた。
良く言えば、だ。

ギャラリーの前にも展示してあったのは、
普通な作品であった。

写真 1.JPG

40歳にして母親にオリジナリティの大切さ、殻は破る、
ということを教わった気がする。
posted by そういちろう at 07:17| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

ビアサーバ

土曜は実家に帰った。
何となく月に1回は帰っていて、
郵便物を確認したりする。
それくらいしかやることないけども。

ただ、たまに実家に新しいものがあったりする。
どこで手に入れたか分からないようなものを含めて。
今回はビアサーバがあった。

写真.JPG

シールを集めると必ずもらえる総付けの懸賞のもの。
早速、母親が上のレバーを外してしまい、
瞬間接着剤で付けたと言っていたが、
それは仕様で取れるようになっていると思う。
1回くらいしか使っていないようだが、
確かに洗うのが面倒くさそうだし、
そんなに大勢でビールを飲むのは花見かBBQくらいではないだろうか。
年金夫婦には必要ないかもしれない。
posted by そういちろう at 07:04| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

私がもう一人いるらしい

火曜だったか、少し遅く帰った時に母親は寝ていた。
それでも22時くらいだったと思う。

家の電話が23時くらいになって
母親が出た。
電話の相手は「そういちろう」と名乗っている。
ちなみにその時、私は母親の部屋の向かいの部屋にいた。

母親はまだ帰っていないと思ったらしく
電話で話しをしていたが、
どうやら電話の向こうの私は首にしこりがあり、
病院にいるらしい。
私も最近、ケガが多いので湿布くさかったので、
母親は違和感がなかったようだ。

以前にも同じようなことがあったので、
(その時も私は家にいた)
どうもおかしいと母親が私の部屋に来て、

「帰っての?またお前が電話しているんだけど」

と。
というのが聞こえたのかどうか分からないが、
電話が切れた。

今後の流れはこうだろう。
この前、電話した通り、
検査したら手術が必要。
手持ちがないので、振り込んでくれ。
という流れが予想される。
その場合、うちの母親は病院に行くだろう。
私は東京にいるのだし。
そもそも前金の病院なんてあるのだろうか。

あ、手術したからお金がなくなってしまい
生活費がない、というパターンだろうか。
でも、私は実家なのでそこで崩れる。

多分、学校の名簿が売られているのだろう。
私の名前を知っている、ということは。
だったら幼稚園から大学まで全部、東京なんだから、
振り込め詐欺に引っかかる確率は地方の方に比べると
低いと思うし、成功する可能性も少ない。
というか、電話に表示される電話番号で分かると思うが、
母親は寝ていたので、急いで電話に出てしまった。
仮に電話番号が変わっても口頭で言うと思う。

そういう詐欺でなく、
話し相手がいなく、寂しかったんだろうか。
母親は話が好きだし。
posted by そういちろう at 09:18| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

大学とカンニングと母親

土曜、お昼を食べ終わったら母親が、

「車で三鷹駅まで行ってくれ」

と。
14時から大学(市民大学?公開講座?)の授業があるのだが、
実は13時からだったという初歩的なミス。
その時の時間が13時20分。

もういいじゃん、自主休講で、
と言おうとしたが大学まで行かせてもらったし、
姉二人も短大を出ている。
ほんとの大学生の実情を述べたら、
お金を返せ、と言われるに違いないので、
素直に車で駅まで。
駅前の市の施設でやっている模様。

世の中、黙っていた方がいいことはいくらでもある。

途中、学生証のようなIDカードを見せてくれたり、
シラバスのようなものを見せてくれたり、
あ、もう太宰のお墓に行ったかな、
とか独り言のようなことを言っていた。
太宰のお墓ならいつでも行けるぞ、とは言えない。

その年齢で何かを学ぶ、という姿勢は素直に尊敬する。
(ボケ防止にもなるだろう)

なので少し不安なのは入る時にカンニングをしていなかったどうか。
まぁ門戸の広さは放送大学並みだと思いますが。
posted by そういちろう at 08:23| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

母親とのドライブ

母親の実家は羽村。
一応、東京都である。
立川より上で福生の隣にあり、
玉川上水の起点で、
三多摩の人は小学校の時に
一度は遠足に来る場所でもある。

じいさんとばあさんはもういなく、
大往生であり、四十九日に亡くなった
仲の良い祖父母であった。
優しかったし、料理も美味しかった。
なので、ばあさんの作るラーメン以上のものはなく、
どうしてもお金を払って、並んでラーメンを食べるのに
抵抗がある。

今は長男夫婦が住んでいるだけで、
(母親は8人兄弟くらいで、女子は母親だけ)
その近辺に叔父、伯父が住んでいる。

なので車で行くと
親戚をたいてい回れる。

母親は免許はあるが
運転したことはなく
(もう返納したかも)
基本、車は分からない。

隣に乗っていても
ラジオに笑ったり、
ラジオに突っ込んだりしている。

この前は富士山が見える度に
教えてくれるが、
こっちは運転中である。
しまいには

「あれ、富士山ではなくて、
 雲だった」

と結局、富士山かどうかも分からなかった。

朝に出たので昼に帰るが、
帰り道の食事するところはどこもいっぱいで
結局、家の近くのデニーズに。

「三鷹にあったっけ?もう10年ぶりかも」

とか言っていた。

その次の日に
羽田空港に見学と姉を向かいに行くため、
姉と電話しているのが聞こえた。

「今、ディズニーでご飯、食べてる」

と。
ありがちな間違いである。
なんとなく想像できるし、
いろいろな料理が食べられる、
という点ではデニーズもディズニーも同じである。

ここが問題で本気でディズニーと思い込んでいるのか、
言い間違いなのか心配である。
間違いなく言い間違いですが。
posted by そういちろう at 08:25| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

家電

機械というのは何となく
壊れる時が一緒だったりする。

今週も朝、母親が
「炊飯器とトースターとホットプレートが壊れた。
 こういうのはいつも一緒。
 ついでにお父さんの髭剃りもだし」
と言っていた。
まぁそういう時はある。
寿命というか。

炊飯器とかは普通に重要なので
すぐにでも買った方がいい、
という普通のアドバイスをしたら
昼間、母親から携帯電話に笑いながら
電話がかかってきた。

もう最初から笑っているので
何を言っているのか分からないが
まとめるとこうである。

炊飯器もトースターもホットプレートも
壊れていない。
壊れたのは父親の髭剃りだけ。

では、どういうことか?

キッチンの一部の部分の
ブレーカーが落ちていただけである。
ほんとに壊れていなくても良かった。
そして買いに行かなくて良かった。

多分、夜、私のいない時に
夫婦二人でホットプレートを使って焼肉。
その時に電気以外のブレーカーが落ちたのだろう。

これは説明書の「故障かな、と思ったら」のページにも
おそらく載っていないだろう。
故障かな、と思ったらコンセントがつながっているのを確認して
家に電気が来ているか確認して、
ブレーカーも確認してください、とは。

我が家は今日も平和である。
posted by そういちろう at 08:24| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

空炊き

両親は年金夫婦。
それはそれで両親とも忙しそうな毎日を
過ごしているみたいである。

外出したりしているが、
テレビを観ているのが一日の中心だと思う。

それぞれの部屋にテレビはあるが
夜のバラエティ番組とかを一緒に観ては
笑っている。
私の部屋の下が父親で向かいが母親の部屋なので
笑い声が聞こえてくるので。
これはボケ防止にいいのかも、と思っているが
そうでもないのが現実である。

毎朝、ありがたいことに
母親は炊飯器を5:30に予約して
ちょうど炊きたてのご飯で朝食をいただく。

たまに予約ボタンを押さずに22時には
炊き上がっていることがあるが
それはそれで誰もが一度はやることかと。

しかし昨日の朝はさすがにびびった。
母親が炊飯器を開けると
中に何も入ってなかった。。。

消えたわけではなく、
お米をとぎ、水を入れるのを忘れて
お釜だけの状態で予約ボタンを押していた。

これは危ない。
2つの工程をやったと思っていたが
すっ飛ばしていた。
開けた瞬間、壊れたかと思ったが
なんとか炊けているみたいである

小学生の時はお風呂の水を出していたが、
風呂の蓋をしていたので
全く意味がないことをしていたことがあったが、
思わずそのことを思い出した。

うーん、でも危ない。
posted by そういちろう at 08:17| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

犬のにおい

我が家には犬と猫がそれぞれ1匹いる。
18歳と15歳くらいなので
共におばあちゃんである。
なので家は小動物のにおいがする。

毎日は分からないが、
旅行とかに行ってしばらく家を離れていると、
小動物のにおいが分かる。
別に問題ないのでいいのですが。

たまに猫の嘔吐や犬の排便がありますが、
生きている証拠なので問題ない。

酔って帰って意外なところにあって、
踏んでしまっても問題ない。
踏んだ自分が悪いと思うようになりました。
同居して10年くらい経ってですが。

今朝、キッチンで母親と朝食を食べていたら
「部屋がすごく犬くさいので
 部屋のものを全部洗濯して
 蚊取り線香を炊いても
 まだ犬くらい。
 多分、犬そのものなので
 シャンプーしようと思う」
と。

根本は犬であった。
聞くと二ヶ月はシャンプーをしていないと言う。

まぁ、ほとんど動かなくなったし、
以前よりも外に出なくなったと言っても
二ヶ月ではにおいもする。

けど、試しに嗅いでみたらそんなにしなかった。
そうなると残るは母親か。

まぁいいや。
部屋を掃除する動機ができたということで。
posted by そういちろう at 08:19| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

猫の調子

最近、母親が
「猫はもうダメかね。
 ご飯を全く食べない」
という会話が多くなった。

犬(17歳くらい)の方はもう吠えないが、
食事はまだある。
トイレもする。

しかし猫(15歳くらい)の食欲が落ちている。
食べないのはヤバイな、と思っていた。
でも、嘔吐の後は階段の途中とか
まだあった。

今朝、キッチンでご飯を
食べていたら母親が
「どうりで食べないはずだ。
 犬の餌(缶)をずっと出していたので。
 そりゃ食べないわ」
と。

やるな、ママン。

なんとなく缶に動物の写真とかがありそうだが、
あまり見ていないのだろう。
この間違いを打破するのは、
結構、難しい。
posted by そういちろう at 08:21| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

母の日

昨日は母の日。
毎年、ネットで第一園芸で
カーネーションを買ってます。

カーネーションの土台(鉢)が
それはそれで使えるので
母親は喜んでいるみたいです。

毎年、日曜指定にしているのに
金曜に届くのはしょうがないですが。

が、今年は違った。
いつもは届くと電話なりメールなりで
教えてくる。
仕事中とか関係なしに。

だが今年は金曜もない。
土曜にも届いておらず、
こうなると注文したかな、と不安になる。

が、無事に日曜の10時くらいに届く。
申し込み完了メールを見たら
5/9の9-12時、となっていて時間通りです。
ロジスティックってすごいです。
配送ですが。

20100509102838.jpg

今は玄関にあります。
鉢みたいな土台は数年前に送ったものを
再利用です。

まぁ届いた時は母親は近所の無人スタンドで
野菜を買っていたので不在。

結果、私が「ANAショッピング astyle」
買って自分で受け取っただけでしたが。

夜には自分で何回も
「京王ストアに行ったら、
 今日何だね、母の日」
と「母の日は今日だぜ」アピールを連呼。
まだ欲しいのか、何かを。

あ、ありがとうを言い忘れた。
それか。
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

操作方法を忘れる

母親は何かあると
携帯に電話をかけてくる。
まぁいいですが。

一緒に住んでいるのだが、
朝は母親が起きる前に会社に行くし、
帰りは母親は既に寝ている時もある。

父親もいるが、
20時に帰って家が真っ暗な時もある。

この前も携帯の操作方法を忘れたので電話が。
当然、仕事中。
だが、さも仕事の電話のように周りに振舞う。
バレてますが。

どうやら携帯で撮った写真を
メールに添付して送りたいが
忘れたので教えてくれ、と。

ここでまず間違いを起こしている。
操作したい携帯で電話をかけてきている。
家の固定電話からかけないと
同時に操作ができない、
ということを理解しないといけないのだが、
それどころではないらしい。

一応、教えたが
「覚えられるかな」
と自分でも言っていた。
それはそうだろう。
覚えられるわけない。

だが、奇跡的に写真を送れた様子。
問題は本人に送った意思がないこと。
どうやって送ったのかも分からないので
先方が別の写真も欲しかったのだが、
「息子が帰ってくるまでムリ」
と放棄したらしい。

さすがだね。

アクオス携帯で高機能過ぎるのが
よくないのかも。

加齢からくる痴呆によるボケなのか、
天然なのかいまだに分かりません。
posted by そういちろう at 07:59| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

母親からの電話

4月1日だからと言っても
たいしたことは思い浮かばず
普通に書きます。

今はWEBもいろいろあり、
だいたいできそうにないことが
できるようになりました、
とかが多いかと。
エイプリルフールネタは。

個人的には大貫さんの豊島園の新聞広告、
史上最低の遊園地が一番好きで
今もこれを抜くのはないかと。

写真.jpg

これ見て、こういう広告もあるのか、
広告は面白そうだな、
と思ったような記憶があります。
豊島園らしいし、新聞広告にしかできない表現かと。


本題に入ると、
実家に今でも暮らしているが、
朝は両親が起きる前に家を出るし、
帰ったころには寝ているので
思いのほか、週末以外は接点がない。

なので、私宛の荷物が届くと
母親は携帯に電話をくれる。
頻繁に携帯をいじらないと忘れる、
というのもある。
現に電話番号を電話に記憶させる方法を忘れている。
まぁ、いいですが。

昨日も電話があったのだが、
(代引きで届くから、このお金を渡して、と
 依頼したが今日は来なかった、という内容)
どうやら母親は勘違いをしている。

一昨日くらいに書いたブログ
今、私が働いている会社のことと思っている。
大丈夫なのか?という心配もしてくれた。

会社が消滅したのは以前に働いていた会社で
今、働いている会社は幸い今日もまだある。

一ヶ月前、世界一周に行っている時に
ブログを更新するのでそれで安否が分かります、
という意味で携帯から簡単にこのブログが
見られるようにしてあげた。

以後、たまに見ているようである。
ありがたい。

一昨日のは以前に勤めていた会社がなくなるのは寂しいな、
という内容を書いたつもりであったが、
「何を書くか」、「どう言うか」よりも
やはり「どう伝わるか」
なんですね。

なんとなく広告と似ている。
posted by そういちろう at 08:25| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

腰痛

今週は母親が腰痛。
父親が雪かきによる腰痛。

高齢者家族で老人は老人を介護、
ということまでにはなってません。
近い将来、そうなるでしょうが。

母親は日曜、キッチンに座っていて
立とうとしてギックリ腰気味に。
その日にやっている整骨院に行くが、
休み明けに大きな病院に。

んで、腰痛みたいです。
ミシンがけとかしているので
重いものを持って、
とかでなく、私の肩こりのように
日ごろのものが蓄積されて爆発した、
という感じかと。

とりあえず、私の腰痛バンドみたいのを
貸してあげました。
多分、あまり付けてないですね。

病院から処方されたのも
湿布だけで文句言ってましたから。
自然治癒しかない。
ゆっくり、時間をかけてですね。

なんかの本で読んだが、
小さい子供と老人に同じ箇所に
傷を付けたら子供の治癒が圧倒的に早く、
子供の時間は早く(成長とか)、
老人は時間がゆっくりになるとか。

逆に病気等の進行も
若い人は早く進み、老人はゆっくりとか。

適度な運動は必要ですね。
posted by そういちろう at 08:15| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

カネゴンとサグラダ・ファミリア

昨日が会社の机の写真でしたので、
今日は家の机の写真を。

写真2.jpg

カネゴンです。
いただきものです。
その時に付き合っていた女性を
みんなが親しみを込めて
「カネゴン」と呼んでいたのですが
そのフィギュア的なものを
なぜか私が持っております、今でも。

その他には、
これは昨日、家に帰って自分の部屋に
いきなり置いてありました。

写真.jpg

正直、びっくりしました。
普通、誰でもびっくりすると思いますが。

母親の趣味は手芸みたいなもの。
いろんな布を集めては
切ったり貼ったりしてます。

多分、一ヶ月くらい前に世界一周した時の
私が撮影したサグラダ・ファミリア
参考にして作ったかと思います。
母親本人も一昨年くらいに
スペインに行ってましたが、
カメラを持っていかず
携帯で写した4枚くらいの写真しか撮ってませんでした。
(充電器を持っていかなかったので
 初日に撮ったであろう4枚)

まぁ、せっかく作っていただいた(頼んだわけではない)ので
部屋に飾っておきます。

飾る時に気づいたのですが、
この額、去年に死んだ犬の写真を
入れていたものではなかろうか。

裏を見たらそんな感じのことが書いてある。

写真3.jpg

当時のブログにも書いてあり、
西暦を修正した形跡が。

じゃ、犬の写真の額はどうしたのだろうか。
まぁいいですが。

なにか布とかで作って欲しい方は
直接、母親まで。
今のところの大作はピカソのゲルニカです。
言われると分かる、というレベルです。
趣味ですから。

母親の行動は予期できない。
だからたまに面白いのかも。
posted by そういちろう at 08:31| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

およばれ

昨晩、家に帰った瞬間、
母親から電話が。

母親は夕方、少し仕事をしている。
子守のような仕事をしていて
その娘の母親が帰ってくるまで
一緒に遊んだり、勉強したりしている。
もしかしたら逆に
遊んでもらっているのかもしれませんが。
両親は孫欠乏症だし。

どうやら先方のお家がご飯を作ってくれたので、
一緒に食べよう、という提案。
家から歩いて3分くらいだし、
父親は食事会だし、
せっかく誰かが帰ってきて
安心していた老犬を置いて先方の家に。

写真3.jpg

久しぶりにビールを飲みました。
いつもは第三のビールだし。
しかもプレミアモルツ。
めったに飲めません、少なくとも家では。

その娘の母親はスターアライアンス系で
働いているみたい。
職場の距離が近いと言えば近い。
今度、スターアライアンスの世界一周航空券
こっそりもらおうと思います。
確実にムリですが。

その後、焼酎もいただき帰宅。
ごちそうさまでした!
お豆腐が美味しかったです。
ドレッシングも。

ちなみに母親がプルトップを
飲んだ話はこちらです。

母親の話は、
こんな感じでまとまっております。

posted by そういちろう at 08:13| Comment(4) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

アルミ缶のプルトップ

家にはビール系が多くある。
野菜ジュースとか缶コーヒーもある。
父親の冷蔵庫に。

正月とかでない限り、
父親の部屋にあるサッポロ黒ラベルを
飲むと怒られるのでたいてい、第三のビールを飲む。

そして、飲んだ缶の飲み口になる
アルミのプルトップだけ外して
プルトップを貯めておく。

どうやら車椅子になるみたいである。
どのくらい貯めればいいのか分かりませんが。
プルトップだけでなく、
アルミ缶自体を取っておいて
業者に売った方が車椅子になるまでは
早そうだが、そういうのはいいみたいである、我が家では。

一昨日、家に帰ると母親の部屋の電気が
つけっぱなしであった。

おかしいな、と思いつつ23時頃母親から
携帯に電話があった。

どこかで飲んでいて車で迎えに来てくれ、
かな、と思ったら酔っていない。
「病院を回されて阿佐ヶ谷の病院にいる。
 親族の同意書が必要なので今から来れる?」
と。

よく分かららない、内容が。
少しお酒を飲んでいたので車はムリ、
と答えたら、状況をやっと説明してくれた。

どうやら家で缶を空けて
プルトップをキッチンのテーブルに置いておいた。

何かの間違えで飲み物と一緒に
そのアルミのプルトップを飲んでしまった、とのこと。
何の間違いだろうか。。。

普通、間違えて飲むだろうか。
プルトップがゆるんでいて飲み物と一緒に
飲んだのならまだ分かるが、理解できない。

結局、病院で胃カメラを飲み、
プルトップを見つけて取ってもらったみたいです。

初めて聞きました、プルトップを飲んでしまった人を。
小さいお子さんならまだ分かるが、
例え飲んでも口の中で違和感があるだろう。
一気に飲んでしまったらしい。

ガッちゃんか。

PL法とかで何とかならないのだろうか。
訴訟する気は全くないけど。
今後、缶に
「プルトップは飲めません」
とか書かれる日も近いかもしれません。
もう書いてあるのかもしれませんが。

その後、母親は中央線が人身か信号トラブルの
影響で遅延していたので電車で帰ってきたみたいです。
今はピンピンしてます。

中央線が遅れると良いこともあります。
posted by そういちろう at 08:36| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

よく分からない電話と全身シップ

先週、仕事中に母親から電話があった。
せっかく買ったドラム式の
洗濯機が乾燥機の柱とかガス栓の関係で
入らなかった、という内容。

ここまでは電話で理解した。

それから
「それが笑っちゃうんだけどね、
 お母さん、・・・・・」
ここから母親自身が笑ってしない
何を言っているのか分からない。

「保証書・・・
 2階で・・・
 階段で・・・
 ・・・になって、
 で、全身シップなんだよね」

という感じで
入らなかったドラム式の
保証書でなく、領収書を2階に取りに行き、
その後、誰かが階段から落ちた、
という内容だと理解。

老犬が階段から落ちるのはありそうだが、
犬にシップはおかしいな、と思っていたら
二番目の姉から電話が。

「さっき、おかんから電話があって
 階段から落ちたみたいだから
 早く帰ってシップを貼れ」
みたいな電話でようやく全体が理解できた。
そんだけ電話することができれば大丈夫だろう。

洗濯機が入る寸法は収まっていたが、
ガス栓等の関係で入らなかった。
領収書があればなんとなくなると思った母親は
急いで2階に上がる。
コケる。
1階まで転がる。
シップ。
というのが流れが理解できた。
6-4-3のゲッツーみたいな感じですね。

幸い軽い感じでなんともないですが。
そのうち実は骨折していた、
とかなりそうだけど。

家に帰って母親の部屋に行くと
布団に入って笑いながらテレビを観ていた。
また笑いながら今日の出来事を説明してくれた。
何を言っているのか分からないが。
また笑いながら説明してくれて。

母親は強い。
posted by そういちろう at 08:19| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする