2009年09月01日

母親から意味不明のメールが多い

どうやら最近、母親からの
意味不明なメールが多いらしい。

実際には私は受け取っていないが、
まわりで。

受け取った人に聞くと、
「何のメールか分からないし、
 件名に本文を打っているので
 全部読めない」
というのが大半。

で、母親に聞いてみた。

先週、母親は外出した。
地下鉄に乗っている時に
暇なのでケータイをいじっていた。
(良いことである)

メールの受信トレイを見ていると
7月に来たもので返信し忘れている存在に気づく。
あわてて返信する。
(これも良いことである)

しかし、この返信で受け取った方は
何のメールの返信なのかが分からない。

でも、分かりました、私。
からくりが。

母親はメールをいじっていて、
メールの見落としがないかしていたら、
(これも良いこと)
去年までさかのぼり、
ヤバイ、返信していない、ということで
去年の7月のメールの返信を送っていたのである。
さかのぼりすぎ。
そりゃ、本人も返信したのを忘れるよ。

ましてや、受け取った方も何のことかも分からない。
件名に本文が入っていて
全部読めないし。

ということは母親がアクオス携帯になって
1年経つということか。

なので母親から内容が分からないメールが来ましたら、
ご自分の約1年前のメールを思い出して、
返信してみてください。

その間に母親には件名に本文を入れないように
言っておきますので。
posted by そういちろう at 08:17| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

ドラクエ9とリアルドラクエ

この週末はドラクエ9が家に来た。
日時指定していたが、
佐川のお兄さんは来たのは21時。
トイザラスでは二度と買わないかも。
配達状況も分からないし。

思えば予約したのは去年の年末。
半年以上になりました。

今のところレベル16くらいでダーマ神殿。
転職ができるみたいです。
ゲーム内のキャラクターを。

昨日、気が付いたのですが
ゲーム内は複数で戦えることを
やっと知る。

それまで1人で戦っていて、
なんか難しいなぁ、と思っていた。

仲間を作れました。
戦士とか魔法使いとか。
で、主人公と一緒に戦うというのが
正しいみたいです。

土日にずっとゲームをしていたかと言うと
そうでもなく、ジムにも行ったし、
クリーニング屋にも行った。

しかし、一番の難関なのは、
犬猫との生活。

両親が昨日から今日まで
東北に旅行。
日曜は駅まで車で送迎しました。

そして、キッチンには置手紙が。

SA3D0008.jpg

犬猫の対処法である。
ちなみに犬は16歳くらいで
5年くらいまでから乳がんか子宮ガンの
両方を宣告されているが、
まだ健在。
食欲は落ちてますが。
ちなみに私のことはキライみたいです。

猫は12歳くらいか。
二番目の姉が飼育を放棄し
家に置いていかれた不幸な猫。
ちなみに私のことは多少は好きみたいです。

日曜はジムもそこそこで、
家に帰り犬を散歩させ、
犬猫のご飯を用意し、水を三箇所取替え、
トイレを掃除し・・・

リアルドラゴンクエストである。
勝手が分からないから余計に疲れる。
教会では助けてくれないし。

犬はひとりでは寝られないため、
ベッドのマットレスごと部屋から持って行き、
一緒に寝ました。

途中、2回くらい起こされましたが。
そして足に6箇所くらい蚊に刺されましたが。
いつのまにか猫も入って、
なぜか1人と2匹が一緒の部屋で寝ていた。
まぁ、たまにはいいですが。

さて、今日は定時きっかりに帰り、
犬の散歩と食事の用意をしなければ。
家が大変なことになっているのは
容易に想像できますが。
posted by そういちろう at 08:24| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

J-WAVEと母親

日曜は母親が吉祥寺のユザワヤ
画材らしきものを買いたい、
ということだったので
一緒に車で行く。

たいてい車の中はJ-WAVEを聴く。
見たいテレビがあればテレビを見ますが、
ほぼJ-WAVE。

しかし、日曜の午前中の内容は
テーマが「運命」であった。

たとえば、
「同じ電車でいつも車両が一緒の女性がいる。
 乗る駅、降りる駅も一緒で、
 気が付くと同じ会社であった。
 ある日、雑貨屋で偶然遭遇。
 話をすると生活圏内も一緒。
 以来、一緒に通勤することに。」
という感じのリスナーからの投稿であった。
放送作家さんが書いたかもしれませんが。

それを聴いた母親は私に、
「おまえもこういう縁はないの?
 さっきの人は付き合ったみたいだよ」
と。
知ってますよ、私も聴いていたので。
だが、面倒なのでスルーに。

母親は今度は違うリスナーからの
投稿に車の中で爆笑してました。
内容は忘れましたが。

あ、そうか番組はHAPPINESS
そういう内容になりますな。

今度から、母親と乗る時は
安全なNHKとかにしておこう。
posted by そういちろう at 08:20| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

よしもとプリンスシアター

昨日、キッチンで夕飯を食べていたら
母親が
「今日はお父さんと品川に
 よしもとを見に行ってきた」
と。
よしもとプリンスシアターですな。

今だけなのか分かりませんが、
品川花月というのをやっている。

両親はよくお笑い番組を
笑いながら見ているので
お笑いが好きなのかもしれない。

か、そういう番組が多いのか。

家からよしもとをみるなら
新宿のルミネである。
中央線で1本だし。

だが、品川である。
車はないので電車を乗り継いで行ったかと。
そこまでして、見たいものでもないと思うので、
どこかからチケットをもらったと予想される。

私の勤めている会社の所在地は大崎である。
山手線で通り過ぎた可能性はある。
でも、その前に存在に気づいていないと思われる。

なんとなく若い芸人さんが多い感じなので、
理解できたのだろうか。
でも、行ったことに対する
満足感で十分かと。
posted by そういちろう at 08:24| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

絆創膏

母親は何か面白いことを
言わないといけないように思っている。

おばちゃんの三大要素である、
思い込み、思い違い、言い間違い。
これ系の話をしてくる。

ブログで私のことを書かれている、
と知ってから、かなり意識をしている。
そんなに注目はないと思いますが。

過剰にサービス精神があるので、
食事しながら私にオモシロ話を
してくる。

その大半が面白くない。
母親にして見れば面白いのだが、
想像できてしまう。
過去の経験から。

かつ、自分で話している時に、
途中で自分で面白くなってしまい、
笑いながら話すので何を言っているのか
分からないのも事実である。

昨晩は、
「左手の人差し指を切ってしまって、
 絆創膏をはっても、なかなか治らないと
 思っていたら右手の人差し指にしていた」
と。

そこまでいくと、
認知症が心配である。
posted by そういちろう at 08:26| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

まだ続くスペイン旅行

母親が携帯で撮った写真を
プリントして欲しいと。
スペインに行った時の。

家のプリンターで紙焼きできる
時代なので、便利である。
母親も驚いていた。

しかし私が驚いたのは
写真が9枚しかないこと。

10日間いて9枚。
少なすぎる。

聞いてみたら
バッテリーがなくなったから、である。
なので写真はガウディで終わっている。

海外に行ったら携帯だけでなく、
充電器も持って行こう、と伝えるべきであった。
もしくはレンズ付きフィルム(写るんです)を
持たせるべきであった。

まぁ同行の人がデジカメを持っていったので、
後日、紙焼きをもらったみたいです。

しかし、母親が旅日記を書くことに。
趣味で手芸の延長のような工芸みたいのを
やっているので。

なので、
「私が乗った飛行機の写真を出して」
と。
乱暴な質問である。

そういうのこそ写真に撮りましょう。
スイス航空に乗っていたのを知っていた。
一応、
「どんな飛行機?」
と聞くと
「赤い飛行機」
と。間違ってはいない。

「赤い飛行機はたくさんあるな〜」
と言うと
「日赤みたいなマークがあった」
母親にしてはすごい記憶力である。
今回は完璧な回答である。

すぐに公式ページに行くが
フラッシュページとかでローカルに保存できないので
適当なページから出力。

スイス.jpg

こんな感じで。
いつか母親の「スペイン旅日記【アナログ版】」が
完成すると思います。
posted by そういちろう at 08:31| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

母親が帰ってきた

金曜に母親がスペイン旅行から
帰っていた。

今の所、豚インフルエンザの可能性は
低いです。
メキシコに行っていたわけではないですが。

本人に面白いことはあったか、聞いてみると
「珍道中だった」
と。
こういう場合、期待してはいけない。

本人が面白いことは
今まで経験がないことであり、
私は本人が当たり前のことだと思って
行動した事の方が面白い確率が高い。

現に
「帰りの空港でみんなと同じものを
買ったのに、私だけ荷物検査で
ひっかかった」
と笑いながら説明してくれた。

このケースはよくある。
しかし母親にとっては新鮮なことで
面白いケースになる。

やはり聞く話ではなく、
自分の目でみないとダメである。

少し面白かったのは
「トレド美術館でGoogleのTシャツを
着ている外国人がいたので、
お前の同僚かと思って話かけようとした」
と。
違う、Googleに入社したことはない。
いただいたものを家で着ているだけである。

かつ、普通に売っているし、
その人もGoogleの人かどうかも
怪しいものである。

しかし、何語で話しかけようとしていたのか。

お土産はナッツとドン・キホーテ(セルバンテスの方)の
シールであった。
お土産はうれしいものである。
あの人には何がいいか、と考えてくれただけでも。

部屋に置いていたナッツ、
昨日、母親が勝手に食べてましたが、
まぁいいです。
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

いざスペインへ

今朝早くに母親がスペインへ。
三鷹からNEX(成田エキスプレス)で
成田空港に行きました。

成田で二番目の姉の友人と
合流するみたいですが、
今のところ中央線の人身事故もないし、
飛行機のLX(スイス航空でチューリッヒ経由)も
On Timeらしい。成田空港のWEBサイトでは。

なのでとりあえずは大丈夫そうです。

パスポートさえあれば何とかなりますし。
しかし、準備が早かった。
1週間前から準備していたし、
1.5リットルの水も用意していた。
重いだろ。
向こうでも水くらい売っているし。
あ、ガス入りとかでガスなしを指定して
買うのはハードルが高いか。

保険も空港で入ると言っていた。
両替も事前にしようとしていたが、
空港の方がレートが良いと思うので、
空港でやった方が良いと助言。
どうせ空港には早く着くし、
やることないので。

そう言えば、子供ように
飛行機で食べるお菓子も買っていた。
せんべいだが。
この辺りが日帰りバスツアーのノリである。

小腹が空いたらCAさんに言えば
何かくれますから。
コンソメスープとか。
それより乾燥しているので、
のど飴をすすめる。

帰りは24日だったと思います。
持っていったスーツケースが
どこか軽い感じがしたのが少し不安だが、
それによるハプニングを少し期待してます。
ロストバゲージとかだとありがちで
面白くないのですが。

でも、楽しんできてくださいませ。
posted by そういちろう at 08:30| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ほとんど何もしゃべらなかった電話

金曜の夜は父親が飲み会、
母親が一番上の姉の家に行く、
ということだったので、
会社が終わったらどこにも寄らず家に。

犬猫がいますから。
双方、高齢でおばあちゃんですし、
トイレとかご飯をやらないといけないので。

キッチンで夕飯を食べていると
家の電話が鳴り、出ると母親であった。

「どこにいるの?」
この時点で携帯と勘違いしている。
おそらく私の携帯にかけたが出ないので
(携帯は私の部屋でその時、私がキッチン)
家の電話にかけてきた。

「家です」
と。

「犬猫は大丈夫?」
と聞いてきたので、
「おそらく」
と。

「お酒飲んだ?」
と母親が。
遅い時間でもあるので
車で駅まで迎えに来てもらおうという
作戦だと思うが、
「そうだ、お母さん駅まで自転車だった」
と。

その後、2分くらいやり取りがあったが
忘れました。

「じゃ、これから家に帰ります」
と言って電話は切れた。
私は
「家です」くらいしか話していなく
ずっと母親が話していた。
まぁいいですが。

週明けの月曜からブログに書くことが
早くもありません。
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

スペインへの道

週末、母親が
「4月にスペインに10日間くらい
 行ってくるから犬、猫をよろしく」
と。

おっと、いいですな、スペイン。
行ったことないです。
母親は今までハワイくらいしかないのでは、海外。
スペイン語なんて全く分からないであろうが、
多分、ツアーなので大丈夫でしょう。
観光地なら日本語が通じるかと。
おばちゃんパワーとかで。

どうやら二番目の姉の以前の職場の上司と
行くみたいです。
どういう関係なんだ。
毎年、正月とかに家に来ているから
その関係かと思います。

そう言えば、母親は3年くらい前から
スペイン、スペインと叫んでいた。
知り合いがいるわけでもないので、
どうしてかは分からない。

ちなみに私は行ったことない。
我が家であるとしたら、
死んだじいさんくらいである。

ガウディとかバスク地方のビルバオの
ビルバオ・グッゲンハイム美術館とかに
行ってみたいです。
意外と民族紛争的なのも多い気がしますが。

あとペルーかどこかの次くらいに
スペインでのパスポート盗難が多かった気がします。
全く思い出せないですが。

でも、母親の場合は大丈夫。
念のため確認したらパスポートの期限が切れてましたので。
去年で。
このままでは成田空港にお見送りに行くだけです。
この段階で気が付いてよかったですが。

お土産等のご希望は当人に直接、お願いします。
スペインなのでパエリア、イベリコ豚とかいいかもしれません。
税関でダメそうですが、
母親なら持って帰ってきそうです。
posted by そういちろう at 08:27| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

初台への道

夜は母親と一緒に夕飯を食べることがある。
女性はなんとなくおしゃべり好きと思うが、
母親は輪をかけておしゃべり好きだと思います。

この前も今日はこんなことがあって、
としゃべりだす。
たいてい、母親はその面白さを
思い出し笑いながら説明してくれるので、
聞いている私にはなんとなくしか分からない。
そういう時はたいして面白くないのだが。


なんとくなくだが、こんな感じであった。

友人たちと初台にあるオペラシティに行った。
我が家からは調布までバスで行き、
そこから京王線である。
60分くらいか。

初台は各駅しか止まらない、
ということで笹塚から各駅停車新宿行きに乗る。
気付いたら終点の新宿駅に着いていたとのこと。
この選択の時点で間違いである。

ここで母親は各駅に乗ったのではなく、
急行か何かに乗ったので初台に止まらなかったと思い、
笹塚まで戻る。
これも笹塚まで戻るのはいいが間違いである。

もう一回、笹塚から各駅停車新宿行きに乗る。
当たり前だが、またどこにも止まらず新宿に着いた。

おかしいと思い、
駅員に聞いて初台に着いたらしい。

東京以外の人には分かりにくいが、
確かに初台は各駅しか止まらないが、
笹塚で京王新線に乗りかえらないと着かない駅である。
本八幡行きに、都営新宿線の。
ややこしい駅でもある、初台、幡ヶ谷は。

母親は東京生まれの東京育ち。
でも分からないことは多い。
普段乗らないと特に。


ということを母親は私に
「今日、こんな面白いことがあった」
と説明してくれたのだと思います。
何を観に行ったのかの説明はなかったですが、
息子のブログのネタのために説明してくれたかと。

「これでまた日本中の笑いものになる」
と母親は言いますが、
大丈夫です、貴方の息子はそんなに人気はありません。
友だちもほとんどいませんし、
そんなに見られてませんから。
母親は極端である。

ついでに言うと理論上、世界中の人、
となるが説明が面倒になったので止めました。

半分以上、何を言っていたのか分かりませんが、
なんとなく話を想像するとこんな感じだったかと思います。
ラベル:京王線 初台
posted by そういちろう at 08:31| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

麻婆豆腐

毎朝、二日酔い以外は朝食を食べます。
母親が作ってくれるので。
34歳ですが。

当たり前のことと思ってしまうと
感謝の心が薄まるので毎日、ありがとうと
思いながら食べようと思いますが忘れます。
しかし、ありがたいことです。

たまに誰も起きずに夕飯の残りや
冷蔵庫から勝手に食べますが。

今朝は麻婆豆腐。
母親が作ってくれました。

食べてみると辛くない。
むしろ甘い。
甘いのはキライではないので
美味しく食べ完食。
食べ終わり、これはミートソースではないか、
という疑問が。

母親が味を聞いてきた。
「ミートソースです」
と私が言うと
「やっぱり。豆板醤を入れようと思ったら
 ケチャップを入れていた」
と。
豆板醤と思って入れたものが
ケチャップだった。
よくある話とは思えない。
容器の形状が全く違うし。

父親は8時くらいに朝食を食べるので
ちょうどよい麻婆豆腐になっていると思います。

「羽村のばあさんに似てきた。
 こういうボケは10年、私の方が早いから
 心配だ」
と。
大丈夫です、お母様。
今に始まったことではないので。

ちなみに羽村のばあさんというのは母の母。
祖母ですな。もういないですが。
今の母親の年齢でも我が姉弟を
流れるプールに連れて行き一緒に泳いでいた記憶が。
そう考えるとすごいです。
多分、ハワイに行っても泳いでいたような、海で。

今でも羽村の祖母が作った海苔巻きとラーメンが
一番美味しいと思います。
ガチャピンに似てましたが。
母親は朝青龍に似てますが。

今朝は中華創作料理でした。
キライな味ではありません。
posted by そういちろう at 08:26| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

初そうめん

昨晩、今年の初そうめんを食する。
我が家の場合、そうめんと季節はあまり関係ありません。
季節を先取りし過ぎてますが。

昨日、会社から帰ると母親が、
「何、食べたい?」
と。主婦を40年くらいやっていると
夕食のレシピを考えるのも面倒なのだろう。
確かに毎日、連続しないように夕食を
考える作業は想像力が必要である。
記憶力も。

「なんでもいい」
と回答すると、
「じゃ、そうめんで」
となった。

なんで、そうめんなのかは分からない。
賞味期限の問題だろうか。
バテている、と思われたのか。

最初はコロッケパンであった。
なぜか最近、コロッケパンが多く置いてある。
母親は、
「コロッケとか揚げ物はダメなんだな」
と言いながら食べていたが、
途中で飽きたのか、残りの半分をくれた。

なので、昨日の夕飯はそうめんとコロッケパンでした。
意外と良い組み合わせだと思います。
あっさりとこってり。
あ、きんぴらごぼうもありました。
ラベル:そうめん
posted by そういちろう at 08:20| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

コミュニケーション

コミュニケーションは難しい。
特に電話は相手が見えないので更に難しい。
それが母親なら輪をかけて難しい。

昨日、母親から電話がある。
携帯の操作が分からないと。
分からない時は人に聞くのが正しい。
間違ってはいない。

携帯で撮った画像を添付で送りたいが
携帯の操作が分からない、と。
しかし、その携帯で電話してくるのは間違いである。
同時に操作ができないので。

電話で伝えるが、一度、電話を切り
母親は操作をするが、
途中で分からなくなり、再度、電話で聞いてくる。

当然ではあるが、
これでは一生、解決にはならない。

なので家の電話でかけ直してきた。
これが正解である。
電話で聞きながら携帯を操作するので。

母親の携帯を思い出しながら、
状況をきいてやっと相手に画像を添付で送れたらしい。

ここまでで最初の電話から90分。
昨日、一番難しい仕事であった。

しばらく操作をしないと分からなくなるのは
当然であるが、母親にアクオス携帯というのは
泳げないのに個人メドレーでオリンピックを
目指すようなものである。
まずは顔を水につけることからであろう。
例えが若干、おかしいが。

なので、初めての携帯はらくらくフォンが
ベストである。

アクオス携帯で地デジを見たい、
という電話が2年後くらいにくると思います。
一緒に住んでますが。
posted by そういちろう at 08:42| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

コメダ珈琲上連雀店

年末に姉2人が帰って来ていたとき、
一番上の姉の旦那さんが名古屋出身ということもあり、
昼は近くにできたコメダ珈琲三鷹上連雀店に行こうと。

当然、コーヒーが美味しいのだろうが
私はコーヒーが苦手である。
昼にスタバに行くがいつもアイスティーである。
ブラックかZENで。

上連雀店の横がテニスコートというのと
周りが住宅街ということもあり、いつも込んでいる。

そこそこボリュームもあるが
食べ物はどこかのセンターから運ばれているだけのようである。
味とか。

気になっているのは母親の倫子が
未だに店の名前を覚えられない点である。
その日も
「ゴメスに行こう」
と言っていた。
「メ」しかあってなく、
怪獣みたいだがファミレスでありそうな名前でもある。
「メ」があっているだけ、こちらも想像しやすい。

自信たっぷりに言うので、
「ゴメス」という店ができたのかと一瞬、思った。

少なくても母親は私と2回、行っている。
母親の友人にも自慢しているだろう、
「この前、ゴメスに行ってきた」
と。

母親は思い違いが激しい。
修正は難しいであろう。

我が家で「コメダ珈琲」は「ゴメス」である。
posted by そういちろう at 09:28| Comment(2) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

信号待ち

昨日、キッチンで母親と夕飯を
食べていたら以前の会話を思い出した。

家の近くに東八道路というのがあります。
東京と八王子を結ぶので。
実際は結んでませんが。
地元は30メーター道路と呼んでますが。
なので道幅が30メートル。

道路を渡るのには信号のところで渡る。
22時くらいに母親は友人と信号の近くで
話しをしていた。
母親は信号が変わり青になったら話を切り上げて、
家に帰ろうと思っていたらしい。
が、いつになっても青にならない。

もうお分かりかと思いますが、
その信号は22時以降、押しボタン式に変更になる。

母親としてみれば、さっきまで青になっていたので、
次の青になったら家に帰ろうとした。
しかし、ちょうど時間が22時になり、
信号が自動から手動になった、という絶妙のタイミングが
母親のすごいところ。

ちなみに母親は5分くらい気が付かなかったみたいである。
多分、おしゃべりに集中していただけかと思います。

車が来ないようなら渡りましょう。
海外では場所によっては危ないです。
車でも大丈夫そうなら赤でも走りますし、
走らないと強盗に・・・
ってこともなくはない。
ラベル:深夜 家族 信号
posted by そういちろう at 08:27| Comment(0) | 倫子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする